--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-28

飛び込み出産

NHKの助産師の番組放送を教えてくれた天使ママさんが、この記事(asahi.com2007.8.28)も教えてくれました。
びっくりを何度言ってもキリがない。
この記事にある産婦の人たちの狙いは“踏み倒すため”なのか?
計画的にってこと?
更に、子供も置いていく…?!

記事に「基幹病院でなくても診ることができるのに、最近は産科医が減っているためか、飛び込み出産を断る町中の病院が多い。救急隊が、何軒電話しても断られたと困り果て、基幹病院に連絡してくる」とあるのだけど、これからは問題のない産婦は助産院にも搬送出来るようにしたらどうだろう。
産科医が減っていること、産む場所が無くなってきているのだから、これからは助産院よ!っていうようなことを言う人がいるのだけど、だったら、こういう面でも活躍して欲しい。
(滅茶苦茶を言っているかもしれないけど)

成人した日本人…私も精神年齢は実年齢と比べてどうかは自信がないけど、20歳は超えているとおもう。
っていうか成人しているか否かは関係ないですよね。
未成年なら許されるってことではないわけだし。

やっぱり産み方より育て方だー。
私は、リンズやダンジがこんなことをしてしまうような人間には育てないようにしないといけない。
そして、琴子が生まれ変わった先で、きちんとした“大事なこと”を教わるように祈っている。
まさか、分娩費用を踏み倒し、更に置いていかれてしまうような悲しい人生を歩ませたくない。
この置いていかれた子供達がどうなってしまっているのか…

もうじき、琴子の生まれて死んだ日がくる。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

疑問

管理人さん、言ってることおかしくないですか?

妊娠中、どこの病院にもかかっていない人は、問題があるかどうかわからないのではないでしょうか? 搬送された病院で問題があるかどうかチェックして、そこで問題なしと判断したら、そこからさらに助産院に搬送するんですか? 助産院の安全性に疑問を唱えている方のご提案にしては、疑問符だらけです。

飛び込み分娩は危険

妊娠中にいろいろな検査を複数回行って、はじめて「健康な問題のない妊婦さん」と判断される。そんな人の中からも、実際の分娩時には急に異常が出てしまう人がいる。

ましてや、陣痛が始まってから来るような方々はたとえば感染症(B、C型肝炎やエイズなど)の検査も間に合わないうちに生まれてしまうことが多い。予定日も、本人が言っていることとは違うことが多い。

助産院での分娩を否定はしませんが、医者のいない施設での「飛び込み分娩」は危険が大きすぎます。

個人開業医さんでも無理かもしれません。

私の施設では、周囲に大きな病院がないこともあり、飛び込み分娩はすべて引き受けています。

赤字や「子ども置き去り」は、無事に生まれたあとで改めて考えることです。

はじめまして。

管理人さんの言いたいことは、そういう事ではないような気がします。

はじめから管理人さんのブログを全部読んでみてください。きっとわかると思います。m(_ _)m

ようは

「産科医のかわりに助産師を!」という今の風潮に対してですよね。<助産院への搬送

「助産師を活用して!」と、声高に叫ぶなら飛び込み分娩も快く引き受けろよ・・・。と。





踏み倒し、相手が財産を持っているなら即日判決の下りる少額訴訟(今は60万まで可だそうです)を病院は起こす必要もあるでしょうね。

Re:疑問(08/28)

あさみさん

こんにちは。



ひよこさんとひぃたんさんがご説明くださっていますので、私は控えますこと、ご了承ください。

Re:飛び込み分娩は危険(08/28)

suzanさん

こんにちは。



>妊娠中にいろいろな検査を複数回行って、はじめて「健康な問題のない妊婦さん」と判断される。そんな人の中からも、実際の分娩時には急に異常が出てしまう人がいる。

---私の知人で琴子以前に助産院で出産した方がいます。

「健診は異常がなければ行っても意味がない」

ということで、助産院で指定している2回の健診のみでした。(それも文句タラタラに、仕方なく行くという感じでした)

助産院側が上記のことを言っているのか、それとも知人本人が誰かにそう聞いていて言っているのか、それはもう分からないのですが、異常がないことを知るための健診という意識はなかったですね。



>私の施設では、周囲に大きな病院がないこともあり、飛び込み分娩はすべて引き受けています。

>赤字や「子ども置き去り」は、無事に生まれたあとで改めて考えることです。

頭が下がるばかりです。

私に出来ることは、このブログを通じて知る事実を、周囲の友人知人に伝えることだけなのですが、それがどんどんと広まっていってくれると信じたいです。

Re:はじめまして。(08/28)

ひよこさん、ひぃたんさん

こんにちは。



ありがとうございます。

Re:ようは(08/28)

ひぃたんさん

こんにちは。



>踏み倒し、相手が財産を持っているなら即日判決の下りる少額訴訟(今は60万まで可だそうです)を病院は起こす必要もあるでしょうね。

でも、これもまたその後が難しいんですよね。

うちは車の事故で相手側に小額訴訟を起こし、相手側が欠席した上に1円も支払われず、こっちも取立てをしている暇がないからそのままですよ。

酷いもんですよ。

本当、悪意が勝つんですよね…

はじめまして。

はじめまして。

初めてブログ読ませていただきました。



この飛び込み出産については私も読んで悲しくなりました。

飛び込み出産されるくらいですから、切迫してる状況の産婦がほとんどです。感染症もわからなければ、在胎週数もわからない。

産婦さんも赤ちゃんも危険ですが、医療者側もリスクをおいます。それでも、わたしたちは無事に生まれることを願ってケアします。

飛び込み出産を断りたい病院側の気持ちもよくわかります。

大きな病院でも一番対応に困る(人手もたくさんいります)飛び込み出産を、正常産しかみることができない(医療介入ができない)助産院の先生にお願いすることができるでしょうか?

全国で数少ない助産院の先生方は助産師の誇りを持ってお仕事されてます。少なくともわたしがであった助産院の先生はそうでした。

いつくるかわからない陣痛に昼夜を問わず、付きっ切りでケアしてくれます。それだけでも相当な体力と気力と緊張感を持ちます。助産院に対して否定的な気持ちを持たれるのは構いませんが、すべての助産院がそうではないこと、助産師活動をがんばっている助産師がいることは知っててほしいです。

たくさんの死産やIUFDのお母さんと赤ちゃんとも関わってきました。まだまだ未熟な助産師ですが、そのような方たちの心を少しでもケアできるようになりたいと思っています。



最後に、お産をする施設を選ぶのは産婦さん自身です。妊娠中のケア・分娩・母乳のことなど産院によってケアや方針はさまざまです。何を優先して選ぶか、もっと産む事を真剣に考えて欲しいと思います。

まとまりがなくなってしまいましたが・・・



この日記を読んで涙が出そうになったので、書き込みをさせていただきました。

失礼しました。

Re:はじめまして。(08/28)

あゆこさん

はじめまして。

書き込みくださり、有難うございます。

ただ、私が伝えたいことをご理解いただけなかったようなので、その点だけ残念におもいます。

私はあゆこさんと同じ気持ちでもあると、ご理解いただけると嬉しいですね。

お時間のあるときに、ブログ全部をお読みいただけたら、この日の私の言いたいことが分かっていただけるかなとおもいました。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。