--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-12

医療について考えて

私がPCを開き、ネットに通じると必ず拝見している僻地の産科医さんのブログ『産科医療のこれから』より昨日の記事
「産科医は社会の望むレベルの「安全性」を担保できません。」
を紹介させてください。
註:引用箇所太文字
余談:昨日、途中まで書いて一旦保存して、そして眠ってしまって…これが医療の現場にいる方たちに申し訳なくて、目覚めたときに、「どうして起こしてくれなかったのだ!!」と、旦那に八つ当たりしました…色々と反省;;

先に述べれば、私はこのブログのタイトル通り、助産院について考えているわけですから、どうしても助産院の抱えるべき問題に頭がいってしまいます。

『でも本当のところ、訴訟の増加が私たちを追い詰めるのではありません。
医療訴訟の求める厳格すぎる医療への要求水準が、
私たちを追い詰めているのです。』

僻地の産科医さんが言いたいことからかなりずれますが、読んで抱いた感想は…
助産院にも、本当は要求水準が高くあるはずなんです。
でも訴訟をするにも、先に『自己責任』という壁が用意されているせいか、訴訟に至ることが回避されているようにおもいます。
そして、もしも助産院にはそんなに要求しないでというのであれば、それを助産師自らが、きちんと産婦さんに伝えるべきです。
「ここで受けられるのは…」
と、助産師会が連ねあげる条件伝達だけに留まらず、どんな些細な状況であれ、異常事態に繋がると予測出来ることがあれば、自然だとかにこだわらず、率先して病院へ連れて行くなど、とるべき行動が迅速に行えるように意識を高めておくことや、助産院の良いところだけを病院のお産との比較対象にせず、病院の医療から遠退くことをあえてすることを、現在の搬送の問題も、助産院で産むからこそ考えるべき問題を助産師自らが伝えて欲しいです。
それによって病院で産むという人を『意気地なし』のようには言わないで欲しい。

私は助産院より、病院の方が安全だということがありますよね(自分の記憶が一番頼りないのですが…)。
でもそれは、100%安全だなんて微塵にもおもっていないこともきちんと伝えたい。
今回の僻地の産科医さんの記事内容は、それをきちんと数字で伝えてくれています。
私の30分はなんの価値もないままに過ぎていく事の方が多いです。
人を一人も救わずに一生を終える可能性のほうが大きいです。
はっきり言って、短いです、30分は。
助産院からの搬送にかかる時間など、私が言わなくても既に色々なところで問題提議されているし、このブログでも触れたことはある。
何遍それを繰り返しても、繰り返すたびに「助産院では何かあったら病院に搬送しますから」で済ませられるのかになるし、特に医師の方たちが言うけど、本当にそうおもうのだけど、現代においては、搬送後の結果は助産師の責任にはなり難いという事実。
搬送にどのくらいの時間がかかるか、予測出来ない事態に陥っているということも、十分に説明をするべきだとおもう。
あえて医療から遠退く場で出産をする・させるのだから、不幸な結果への覚悟は相当に必要だとおもう。
当然、医療の場で産む人も、不幸な結果への覚悟は必要だ。
私はどんな場面であれ、助産院を自ら選択することはない。
つい先日も書いたけど、どんなに安全を保障されている助産院でも、選択しない。
医療が必要な場面を想定して、そこから遠退くことが出来ない。
医療が目の前にあるからといって、必ずしも助かるともおもっていない。
30分以内に帝王切開が出来たとしても、助からないこともある。
適切な処置を受けても、助からない結果がある。
もしも私が処置を受けながら意識がなくなり、“上から自分の最期を見ている”ときに、その場に居合わせてくれている医療従事者の方たちが必死に私を救おうとしている姿を見たら、嬉しい気持ちで死んでいけるとおもう。
先日の江原さんの『天国からの手紙』の中であった、ある保育園児たちの悲惨な事故死の現場で、その場に居合わせた女性が救急車が来るまで、誰が目にしても背けたくなるような子供達の姿なのに、一生懸命身体を擦ってあげていたそうだ。
それを今でも亡くなった子供達は感謝していると、江原さんはそう言っていた。
確か、その方のお陰で死んでいくときに寂しくなかったというようなことも。
同じだとおもう。
医療はそこにあるんだとおもった。

別に私は医療の全てを称えているわけではない。
正しくあろうとする医師もいれば、酷い医師もいる。
正しくあろうとする助産師と酷い助産師も。
看護師だって同様でしょう。
だから、全てを同じ次元で考えることは難しいけど、助産院での出産、自宅出産(家庭出産)を考えるときに、病院でもこれだけ危険を背にするお産に対し、何処まで自分が想像と覚悟をするかだが大事で重要だとおもう。

『そしてすべての「根本的な原因は、日本の特殊な医療システムを背景とした、24時間体制の不備に基づく。」
という長屋憲「妊産婦死亡防止のための周産期医療体制」の結論に私は深く同意します。

 
「当直」という耳触りだけのよい、しかし実態は「24時間体制の不備」であるシステムについて今一度考えなおしてみてはいただけないでしょうか。』

私たちに最善を尽くしてもらえるためにも、医療を受ける側が自分達のためにも考えるべきことだと、つくづく感じました。

僻地の産科医さんの記事をどうしても読んで欲しいという、一人でも多くの人に知って欲しいという気持ちと、読みながら感じたことを伝えたいという欲張りな気持ちのお陰で、かなりまとまらない内容になってしまいました。
後でまた書き直すこともあるかもしれませんが…


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:医療について考えて(09/12)

これから書かせて頂くことはあくまで一般論なので、僻地の産科医さんが取り上げた例の患者さんがそうであるということは、一切ありません。あくまでも私個人が普段から抱いている個人的感情として、お読み下さい。



「お客様は神様です」とは三波春夫氏の言葉だったと思いますが、この言葉の意味を拡大解釈する人がいるように思います。「お金を出した客である以上、自分は神であり王様である」と、横暴な態度に出るような人が。こういう人は概して、自分が客であることを盾に、相手を奴隷のように見ているのではないかと、そんな気がします。何も客側が卑屈になる必要はありませんが、相手は奴隷などではありません。ましてやこちらは神様でもない。

そういう当たり前のことを忘れて、相手に過剰(もっとはっきりいえば暴力的)なサービスを期待する人の声が高まっていないでしょうか。そういう人が増えているとは考えてくないですが、少なくとも声をあげる機会が増えたことにより、そういう声が目立つようになってきたのは確かだと思います。

しかし医療の分野に限らず、暴力的なまでのサービスの期待は、その分野を萎縮させるだけではないかと思います。ヒステリックに叫ぶのではなく、もっと職業人(この場合は医師の先生方ですが)が誇りをもって、かつ力を十二分に発揮できるよう、体調面でも無理なく働けるシステムを考える方が建設的であり、結果的には患者(客)の利益にもなるように思えます。

医師にしろどの職業の人にしろ、客側の都合のいい奴隷ではないということを、絶対に忘れてはならないと思います。(奴隷という言葉が不適切であれば、謝罪致します。しかし私には最近の風潮が「医者は奴隷であれ」と言っているような気がしてならなくて、こういう表現とさせてもらいました。何度も申しますように、これはあくまで私個人の感想でありますので、その点ご承知下さいませ)

Re[1]:医療について考えて(09/12)

るんさん

こんにちは。



>これから書かせて頂くことはあくまで一般論なので、僻地の産科医さんが取り上げた例の患者さんがそうであるということは、一切ありません。あくまでも私個人が普段から抱いている個人的感情として、お読み下さい。



----了解しまして、その上で私も…



>「お客様は神様です」とは三波春夫氏の言葉だったと思いますが、この言葉の意味を拡大解釈する人がいるように思います。

----数年前にある通販誌のCMで

『見てるだけ~♪』

というのがありましたよね。

私はあれなんかも、るんさんの指摘している件の行く末版だとおもっています。



アメリカのドラマ「ER」の中で、黒人のスタッフが黒人を差別する白人の治療にあたるとか、犯罪の被害者と加害者の両方を同時に治療するのだけど、優先的にどうしても加害者をしなくちゃだとか、複雑な心理が描かれていることがあり、その度に私は「私なら無理かも…」とおもってばかりです。

文句を言われても助けるのが仕事って、凄いことですよね…

失礼かもしれないけど、奴隷という表現は現在においては非常に分かり易いというか、適してしまっているというか、哀しいかな…
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。