--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-10

それは“安全”に向かっているのでしょうか…

これまたちょっと前のものなんですが…
Yosyanさんのブログ『新小児科医のつぶやき』2007年6月15日の
【内診問題余話】
の中で紹介されている、そして当ブログの10月10日の『必要性が…』でも紹介させて頂いた勤務助産師さんプウ子さんの『助産師・アロマ・自分奮闘日記』より
【助産師教育って・・・。】
を読みました。
(今回、内診問題までまとめられなかったので、また出直します)

最近、ある助産師の方と話しをしました。
その助産師の方に、このブログのことを話しました。
話の末に
「助産師の再教育が必要なんだ」
と、熱く言われていました。
助産師の再教育は私も何度か耳・目にしたことがありましたが、
「だから安心して!」
みたいなことで言われることには困ってもいました。
そんな中、Yosyanさんのブログには何度もお邪魔しているのに、何故かこの内容は読み落としていたようで、最近になって知りました。
プウ子さんの方をお読みいただきたいのですが、それが本当だとしたら、再教育が必要だといいながら、実際には随分と内容が軽くなってスリム化を図られているようですが、安全に向かっているのでしょうか…

先生 「私、助産師になってほとんどお産を取ってないんで、ここで1件くらい取らせてください。」(上記プウ子さんのブログより)
って、そんな腕前の方が教育者で、そもそも、教育が出来るんですか?!
素人が読んでも、安全には背を向けているとしか思えないです。
先生、あなたは“潜在助産師”ってことではないでしょうか?!


助産師が助産院を開業する際、最低でも1年は三次医療の産科勤務を条件に付け加えて貰えないでしょうか。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:それは“安全”に向かっているのでしょうか…(10/10)

紹介されているブログを拝見しました。すみません、一読してもなかなか信じられませんでした。本当に先進国と言われるわが国の実情なのでしょうか。

医師不足と言われながら一向に改善されない反面、単なる数合わせのためにあのような形がとられるようになってしまったのでしょうか。

少ない人数で過酷な勤務を強いられ続ける医師にとっても、同業者の方にも疑問をもたれる程度の軽い勉強で現場に放り出される助産師の方も、そして患者側も

誰も得をしないシステムにしか思えません。

せめて・・・

分娩介助の実習をするのであれば、看護師か准看護師の免許があったほうが私はいいと思います。看護師として産科に勤務した経験があれば尚いいのではないのでしょうか。

本当に妊婦の利益を考えた上での教育過程なのか、やはり疑問に感じてしまいます。

お産に限らず

私も兄弟も、医療コメディカルスタッフなのですが、「この頃、実地していない友人が急に養成学校の教員になっていることが多いよね。」と話をすることがあります。

助産師さんに限らず、実地経験がないまま教育現場にいってしまうことはあるのかもしれません。(現場で指導する立場になるには実地年数の決まりがあります。)

実際、私のところには、1年目から、いくつかの新規養成校から教員のお誘いがずっとありました。現場では「今教員になって何を教えられるの~」と笑い話になっていましたが、気がつくと半年~1年2年で養成校教員になっている人って結構いました。



恐ろしいことです・・・・

命を扱う現場なのに。





助産所からの搬送例の20%は母体死亡する。

助産所からの搬送例の20%は母体死亡する。



http://obgy.typepad.jp/blog/2007/09/post_6869.html

           北里大学医学部産婦人科・小児科*

         池田泰裕 鴨下詠美 望月純子 金井雄二

        右島富士男 谷 昭博 天野 完 野渡正彦*

    (日本周産期・新生児医学会雑誌 第40巻 第3号 p553-556)

 概 要



過去5年間に北里大学病院で受け入れた助産所からの母体搬送21例,新生児搬送15例の予後

について後方視的に検討した.その結果,助産所からの搬送36例中4例が新生児死亡,1例か乳児死亡であった。

同時期の1次,2次施設からの母体搬送742例中新生児死亡は34例(4.6%)であったが,助産所からの母体搬送21例

中死亡例は4例(19,0%)で有意に高頻度であった.

助産所か分娩取り扱い基準を遵守していれば救命し得た症例もあった。助産所は周産期救急医療システムの理解を深め,

関連協力病院との連携を密にする必要があると考えられた.(2007.09.28 20:48:22)

http://obgy.typepad.jp/blog/2007/09/post_6869.html
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。