--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-16

『周産期救急シミュレーション 』


周産期救急シミュレーション
こんなときどうしよう?

これは買って読んでみようかなと、検討中です。
でも、これも専門知識がないと難しそうなんですが、表紙がなんとなくコミカルなので、素人でも読める気がしちゃっています。

今日は何故だ、本を検索することに時を費やしていました…
他にも気になるタイトルが数冊ありましたので、また時間のあるときに。

※既に読んだ方のご感想、伺いたいです


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本の内容

パターンとしては

症例の報告→医学的解説

という流れなので、症例を読むだけなら一般の方でも読めます。

医学的解説は、医学的な知識がないとかなり難しいです。

また、救急シミュレーションですので、症例はかなり厳しいものが多いです(子宮破裂とか、大量出血など)。妊娠中の方が読むと、恐ろしくて出産する気がなくなってしまいそうなので、あまり一般向けではないと思います。

私も読んだことあります

妊娠出産は「棺おけに片足を突っ込んでる状態」という意識で捉えられている方は読んでも大丈夫だと思います。

あまり難しい言葉は見当たらなかった記憶があります。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。