--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-18

色々と想うことを…

いまだに
『病院でのお産は…』
という否定的な発言が繰り広げられている場面(主にネット)があり、そういうところでは『医者の都合』が必ずあって、助産院での出産を経験したという方たちが、初産でお産の痛みとかへの漠然とした恐怖に漬け込むように、
『助産院で産んだ方が良いよ!』
『近くの助産院に相談に行ったら?』
『助産院ならきっと、あなたらしい、素晴らしいお産が出来る!』
と激しい。
まるで“宗教の勧誘”のようだ。

今でも医療を暴力と表現する人もいる。
そう、暴力的なお産だと…
こういう刺激的な言葉に、お産に対しての漠然とした不安を持つ方は、
「あぁ、私の感じていた不安はこれだったのね」
と、頼りを求めてしまうような気がしている。
というのも、冒頭の多くの方たちのやりとりを見ていると、医療行為を否定することで、仲間意識が高まり、選民意識をもっていく様子があって、そこだけで繋がっていく無責任さを不安におもう。
助産院を開業している方たちも、こういうやりとりについてはどうおもわれるのだろうか。
この間違った解釈を正す気持ちはないのか。
だってそうでしょ?
何かあったときには病院に搬送しますからってことを安全の看板にしているんだから、病院や医療を批判している宣伝内容もしくは、助産院経験者の発言は、正に不適切な内容でしょ?

私もこうなっていたのだろうなぁと、過去の自分を恥る気持ちと、琴子を亡くしたことへの懺悔の気持ちで一杯になる。
そして、不安で一杯になる。
本当に、助産院でのお産は安全を一番としているのか?

「病院だと、生まれてすぐに保育器なんかに入れられる」
って助産院推奨派の方の発言。
生まれてすぐにってことは、あなたの赤ちゃんの状態に問題があったからではないのかな?
あとは、赤ちゃんの予防医学ということで、出生後すぐに保育器に入れることを薦めている医師もいて、その方の説明を読むと、真っ向から否定する気持ちには私はならなかった。
赤ちゃんが寒がっているってことで、カンガルーケアも懸念すべきだとあり、勉強になりました。
勿論、反論もあるとおもう。
私の中で、課題が一つ、増えたかな。

最近、凄く心配しているのが、医師Xさんの県が相当大変らしく、何がって、産科医療の崩壊がです。
そして、そのために医師Xさんの受けるお産の数がかなり増えているご様子で、それに対してなんのお力にもなれない…
そしてきっとこれは、医師Xさんだけじゃない、産科医の方たちの殆どの方の状態なのではないかと感じます。
産科医の方のブログで、問題は産む場所がないってことではなくて、産科医が少ないって事なんだという指摘を目にし、私も今までは『産む場所がない』と安易に表現していたことを反省しました。
そうなんですよね、産科医がいないってことが問題なんですよね。

ある開業助産師の方は、
『月に3件と決めている』
と語っていた。
年間でも36件…腕、上がるのかな…?!
『これが私の扱える“安全なお産”の限界だ』って言われればそれ以上に無理に増やすのは止めるべきだと賛成しますが、どこかで『今の産科医療の崩壊を食い止めるのが、助産院の活用』という文言を目にしますから、このペースだと、あと何軒の助産院があれば、産科医の減少等の問題に応えられるのだろうか…そもそも、助産院が増えるということは、それだけ嘱託医も増えるというか、必要になるわけで…
助産院が一月に扱う件数のことというより、産科医療の問題に対し、助産院の活用ってどうなんだろうって事がね、素人ですから、素朴な疑問だらけなんですけどね。


今日はまとめる気持ちがない。
ちょっと忙しくって、ブログを更新できなかったことから、あれも書きたかった、これももっと考えたかったと反省しながら、気持ちの整理をさせてもらいました。
でも、整理が出来ていない…っていうのが私らしくて悲しい気もしますが…





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

病院に何を求めているのか

琴子ちゃんのお母さんへ。お久しぶりです。



病院のお産への批判・・・分娩の方針や快適性などいろいろな視点からあると思います。



ただ、総合病院とクリニックで勤務して、マスコミなどでとりあげられるほど不満足な思いの方は少ないのではないかと思っています。「理想のお産」などの満足度ではいろいろあるでしょうが。



地域の拠点病院で働いていると、お産で入院し、その子供が小児科にかかり、また家族も入院し・・・と、長く深い関係がスタッフとの間にもできてきます。



「お産の体験がどうだったか」という点も決して軽視してはいけないと思いますが、もう少し長い目で考えると、それ以上の信頼関係を築いていくことが地域の総合病院ならではの良さだと思います。

たいがいの方は、そうした息の長い安心感に満足度があるかもしれませんね。



産科の先生方が減っていくこともなんとかして欲しいですし、ここ数年の間に、地域の病院がばたばたとなくなっていくこともとても危機感を覚えます。

リスクをきちんと知りたい。知らせて欲しい。

私は、妊娠後期に胎児の成長が悪いからと入院になりました。

入院しましょう、と言って下さった先生の、勘、みたいなものだったと記憶してます。

入院して安静にしていても、どんどん大きくなる時期の胎児が全然成長せず。

正規産の時期に、予想体重が2キロ切っていました。

早く出してあげたほうがいいといわれ、促進剤を点滴したところ、心音が極端に下がり(懸念していたのですが)即帝王切開となりました。子供はなかなか泣きませんでした。

入院前に琴子の母さんのことネットで知っており、これで子供は助かるのであればと、切開になることがありがたいくらいでした。

今は、すくすく育っています。



家で、陣痛がくるのを待っていて、それからゆっくり病院に行っていたら間に合わなかったでしょう。

そもそも、初めの入院の時点で、ドクターが気が付いてくれなかったら、成長が悪いことさえもわからなかったかもしれないし、陣痛が来たら心音停止、となることも、厳重な管理下で陣痛を起さなかったらわからなかったかもしれません。



私は病院にかかっていても、こんなにもリスクを抱えていました。



これが、助産施設や自宅分娩で望んでいたら、と思うと怖くてたまりません。



家庭的、感動、すばらしい。

出産にそういうものを求めても、個人的に私は反対ではありません、どうぞ満足を求めてくださいと思います。

ただ、なにかあったら搬送される時間的なことや、医師の医療行為が遅れるなどの表面的なリスクだけではなく、病院でないとリスクにさえも気がつけないこと。

そして、そのリスクに気が付いたときには、すでに手遅れであるのが出産である、という危険性の高さを、しっかりと知って欲しい、知っていただきたい。



助産院はその上での選択の自由であってこそ成り立つべき。

お産する場所がないから、選択できずに助産院、ということになって欲しくないなと、心から思います。



Re:病院に何を求めているのか(03/18)

ふぃっしゅさん

こんにちは。

お久しぶりです。

もっと定期的に更新したいのに、それを出来ずにいることに反省をしている毎日になってしまっています…

いつも有難うございます。



>産科の先生方が減っていくこともなんとかして欲しいですし、ここ数年の間に、地域の病院がばたばたとなくなっていくこともとても危機感を覚えます。



どうしたらいいのか、何が出来るのか、小さなことでも出来ることがあったらしたいとおもっています。

また教えてください。

Re:リスクをきちんと知りたい。知らせて欲しい。(03/18)

ばっきー♪さん

こんにちは。



>家庭的、感動、すばらしい。

>出産にそういうものを求めても、個人的に私は反対ではありません、どうぞ満足を求めてくださいと思います。

>ただ、なにかあったら搬送される時間的なことや、医師の医療行為が遅れるなどの表面的なリスクだけではなく、病院でないとリスクにさえも気がつけないこと。

>そして、そのリスクに気が付いたときには、すでに手遅れであるのが出産である、という危険性の高さを、しっかりと知って欲しい、知っていただきたい。



>助産院はその上での選択の自由であってこそ成り立つべき。

>お産する場所がないから、選択できずに助産院、ということになって欲しくないなと、心から思います。



その通りだとおもいます。

今度、ブログで紹介させてください。



ノロノロ更新でレスも遅い私ですが、これからも宜しくお願いします!

どうぞどうぞ使ってください

琴母さんの頑張りのおかげで、

私のように救われる、母や赤ちゃんがいるはずです。

プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。