--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-30

しっかりと知って欲しい

いつもコメントくださるばっきー♪さんから頂いたコメントより。
ばっきー♪さん、有難うございます。
家庭的、感動、すばらしい。
出産にそういうものを求めても、個人的に私は反対ではありません、どうぞ満足を求めてくださいと思います。
ただ、なにかあったら搬送される時間的なことや、医師の医療行為が遅れるなどの表面的なリスクだけではなく、病院でないとリスクにさえも気がつけないこと。
そして、そのリスクに気が付いたときには、すでに手遅れであるのが出産である、という危険性の高さを、しっかりと知って欲しい、知っていただきたい。

(抜粋)

私もその通りにおもいます。
助産院や自宅出産に求めるお産でも、安全が第一であるべきだとおもいます。
医療との関わり方や考え方にも、“非医療”が見えるようでしたら、安全を第一にしているとおもわれない方が賢明ではないかとおもいます。
ただ、産む側の方にも“非医療”を求めて助産院に行かれる方もいますから、助産師の方たちの指導がしっかりとされることも祈っています。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:しっかりと知って欲しい

初めてコメントさせていただきます。

現在、切迫早産で絶対安静中でして、

携帯から切迫早産のサイトを見ることが多いのですが

助産院に通っていたので、子宮頸官が短くなっていたのに気づかなかった、という人が多いです。

そこから察するに、助産院には経膣エコーがない、或いは扱う資格がないのかと思いました。

自分の場合は、産婦人科に通っていて早めに見つけて頂いて救われたなと思いました。

Re[1]:しっかりと知って欲しい(03/30)

ちくわさん、琴子ちゃんのお母さんへ、





>助産院に通っていたので、子宮頸官が短くなっていたのに気づかなかった、という人が多いです。

>そこから察するに、助産院には経膣エコーがない、或いは扱う資格がないのかと思いました。



産科の先生も症状の訴えがなければ通常は経膣エコーをしないと思いますので、この場合はエコーの有無よりも、症状を訴えたのに医師の受診を勧めなかったのでしょうか?(助産師は経膣エコーは当然扱えません。)



有名な骨盤ベルトの宣伝には、「切迫早産予防」が書かれています。どう考えても???ですが。

お腹が張るようなら安易な自己療法はやめて、すぐにかかりつけの産科の先生に診てもらう必要があると思います。

特に経産婦さんは、軽い張りでも子宮口がどんどん柔らかくなって早産になってしまうことがあるので、ちゃんと受診したほうが良いと思います。



ちくわさん、安静入院大変ですね。おなかの赤ちゃんは安心して成長されていることでしょう。もうひと頑張りですね。お大事に。

Re:しっかりと知って欲しい

ふぃっしゅ様

ありがとうございます。

頸官うんぬんは、助産院だから気づかなかったという訳ではないのですね。

そういう書き方をする妊婦さんが多かったので、誤解してしまいました。

私の場合は「一時間に5、6回張って怖いです!」と訴えて、診察していただきました。

一人目だったら気づかなかったかも…。

ところで、今まさにその骨盤ベルトを締めています。

頻尿、尿漏れがピタリと止まり、お腹がフッと軽くなるので、一人目の時から手放せなくて。

今回は切迫になってから慌てて締めたのですが、頸官は18ミリから28ミリに伸びました。

確かに先生は、ベルトは関係なく、ルテオニンの効果とおっしゃってました。

このベルト、同じ産院の助産師さんでも、積極的に勧める方もいれば、「ネズミ講みたいなもの」と言う方もいて、助産師さんにより評価が別れています。

Re[1]:しっかりと知って欲しい(03/30)

ちくわさんへ、琴子ちゃんのお母さんへ



尿漏れなどの不快感が軽減したというご体験については、そういうこともあるかもしれないと受け止めておきます。



昔から産後の恥骨痛に対して、大転子部周辺を締めることで一時的に痛みが軽減することは知られていたので、どの産科病棟でもしていたと思います。

でも体の外部から多少締めるぐらいで、子宮の位置などに本当に影響を与えているかどうかは実証不足でしょう。

切迫早産の治療方針が書かれた文献でベルト着用なんて書いてあるものは見たことがありませんが、助産師向けの本などには宣伝も兼ねて堂々と掲載されています。



この件に限らず、なんだか効果が疑わしいものが広まっては消え・・・というのが助産師の世界に多いように思います。(個々の商品を非難するつもりで書いているわけではないことを、読む方々はご了承ください。)

なので妊産婦さんたちも「そんなに簡単に効果があるものなのかな」と、疑う姿勢も必要と思います。



ばっきーさんの主題からずれてしまいましたが、これも「非医療」に通じるものがあるかと思いました。

Re[1]:しっかりと知って欲しい(03/30)

ちくわさん、ふぃっしゅさん、こんにちは。

ちくわさんは安静中とのことで、ご無事にご出産を迎えられますことと、母子が元気に退院されますことを祈っております。



助産院に通っていて子宮頸官が分からなかったという方の場合、結果はどのようになることが多いのでしょうか。

ご存知で、教えていただけることがありましたら、更にお体のご負担にならなければ、教えてください。



話題のベルトですが、ダンジ出産後、腰痛に悩んでいるところに知人から薦められ(彼女は帝王切開出産、非医療発言皆無の方です)、購入しました。

私の場合は分娩後だけですが、分娩後の酷かった腰痛はいくらか和らいだ気がしています。

当てる位置が悪いと血管が圧迫されるようで、具合の悪い日もあり、やったりやらなかったり。

ダンジ出産後にさらしで助産師の方が締めてくれたのですが、あの締め具合は凄く気持ちが良かったです。

しばらくは自分でも習ってやっていたのですが、それも位置によってはベルトと同じで痛いときもありました。

さらしでやるよりは便利でした。

上記のさらしの締め方は、リンズのときとは違ったので、『知識や技術が進化した?!』と感じました。

面倒くさがらず、しっかりと続けられる方でしたら、さらしでも十分だとおもいます。



>なので妊産婦さんたちも「そんなに簡単に効果があるものなのかな」と、疑う姿勢も必要と思います。

---そうですね、『簡単に効果がある』っていうのは、とっても魅力的ですが、疑う姿勢は大事ですね。



>このベルト、同じ産院の助産師さんでも、積極的に勧める方もいれば、「ネズミ講みたいなもの」と言う方もいて、助産師さんにより評価が別れています。

---こんなにも評価が分かれているのですね。

称賛される意見が多いので、反対側のご意見を伺えて良かったです。

Re[2]:しっかりと知って欲しい(03/30)

琴子ちゃんのお母さんへ、こんにちは。



「○○してみたら、××が良くなった」、という個人の体験からうまれた有効な生活の知恵はたくさんあると思います。

ただ、それは「○○は、××に効くかもしれない」という体験の仮説の部分でしかないわけです。もしかすると、少しは効果があったかもしれないけれど、他の因子(時間の経過、「これは効くらしい」という心理的なもの、「ひどくならないように注意しよう」と以前より生活上気をつけた・・・など)かもしれません。

「○○が××に効果がある」と証明できるまでには、さまざまな検証が必要だと思います。



医療職としては、「○○してみると、少し××がよくなるかもしれませんよ」と情報を伝えることは良いと思いますが、「絶対に効く」からと勧めることは不確かな情報を信じ込ませていることになります。



産科の世界には、ほんとそういうものがたくさんあります、ものだけでなくマッサージなどの技術的なものまで・・・。そしてそれらは、すぐに「△△式」など商品化されたり、登録商標的に絶対視されていきます。すこし距離を置いてみれば、そんなことまでしなくても大丈夫なのに・・・というものばかりなのですが、それを信じ込むとそれ以外は見えなくなってしまうようです。

こんな雰囲気も、助産師が「非医療」の方向へ向かわせるのかなと思います。

ただ、そんな感じの助産師は私が関わってきた中では本当に少なく、やはり雑誌などで増幅されて伝わっているのかもしれませんね。

ベルトについて

誰にでも、もしくは高確率で有効…と言うわけではないですが、子宮収縮や恥骨部痛、腰痛が劇的に改善した人がいるのも事実です。他の方法でいかんともしがたい人には病院の備品でお試ししてもらってました。

Re:しっかりと知って欲しい

遅くなりまして申し訳ありません。

切迫と助産院について再度確認してから書き込みを、と思っていたのですが

あちこちのサイトを手当たり次第に見ていたため、全部は追いきれませんでした。

助産院で張りが強いと訴えて、又は後期検査で提携の産婦人科に行き、発見される人が多いようです。

しかし、ふいっしゅさんのおっしゃるように、産婦人科でも毎回内診があるわけではないので

助産院だから危険率があがる、という事もないかもしれません。

ソースを探しているうちに見つけたのですが

「分娩台よさようなら」に、切迫は安静にしても意味がない、カナダではウテメリンの効果は認められていない等々、一般的な切迫早産の治療とは逆の事が書いてある…って本当ですか?

精神衛生上よろしくなさそうな本なので、読んだことがないのですが。

なんとか式の母乳マッサージも、助産院によってかなり当たり外れがあるようですね。

ホメオパシーをやっている助産師さんも沢山いらっしゃいますが

あれも流派によってはかなり問題があるのではと思います。

Re[3]:しっかりと知って欲しい(03/30)

ふぃっしゅさん

こんにちは。



>ただ、そんな感じの助産師は私が関わってきた中では本当に少なく、やはり雑誌などで増幅されて伝わっているのかもしれませんね。



確かに、雑誌などで一斉に知られていくことで、それが主流かのようになっているのかもしれませんね。

でもって、そういう心得がある、営業力のある方がそんな感じの方たちには多くいらっしゃるようにおもいます。

Re:ベルトについて(03/30)

REXさん

こんにちは。



>他の方法でいかんともしがたい人には病院の備品でお試ししてもらってました。



これは助かりますね。

効果が実感出来てから購入出来ると言うのは、とっても良いですね。

Re[1]:しっかりと知って欲しい(03/30)

ちくわさん

こんにちは。



>遅くなりまして申し訳ありません。

---とんでもない、大変な状況下で、ありがとうございます。



>精神衛生上よろしくなさそうな本なので、読んだことがないのですが。

---

そのように私もおもいます。

医師の中にも色々な方がいらっしゃるようなので…治療方針が母子の安全を第一にされている方であって欲しいですね。



>ホメオパシーをやっている助産師さんも沢山いらっしゃいますが

>あれも流派によってはかなり問題があるのではと思います。



ホメオパシーについては、今日か明日にでも…とおもっています。



体調はいかがですか?

お腹の中の赤ちゃんと、そしてちくわさんが無事に過ごされていますように、お祈りしております。

Re:ベルトについて(03/30)

REX先生へ、

>誰にでも、もしくは高確率で有効…と言うわけではないですが、子宮収縮や恥骨部痛、腰痛が劇的に改善した人がいるのも事実です。



はじめまして。恥骨痛や腰痛は、整形でもウエストニッパーが勧められるように、本来自分の筋肉で保持している代わりに補助的に使われるので有効だとおもいます。ただ、ウン千円を出すほど、他の商品と違いがあるかというと・・・。産婦さんに購入してもらうわけなので。



子宮収縮に関しては、どういうタイプが、なぜベルトで有効だったのか、先生のごらんになった方はどのような状況だったのでしょうか?

差し支えなければ、是非教えてください。



ちなみに、「妊娠初期から装着することで、GSが丸く良いかたちになる」と書かれていますが、その件に関して、産科の先生方はどのようにお考えでしょうか?



前々回のコメントにも書きましたが、ある商品に対して批判するために書いているのではなく、今の標準的な産科医療の中で勧められていること以外について、助産師が妊産婦さんへのアドバイスとして守った方が良い範囲というものがあるのではないのかな、といつも疑問に思っています。

Re[1]:ベルトについて(03/30)

ふぃっしゅさん

お返事遅くなりましたことお詫び申し上げます。



私の経験症例では”トコちゃんベルト”でした。

当時いた産科病棟の師長さんがそのベルトの講習を受けた方で、依頼すれば患者さんに指導してくれたのです。正直最初は”そんなことで…”と疑っていたのですが、よたよた杖つくように歩いてきた人が普通にすたすた帰っていったり、切迫早産で入院中、そう重症とは思えないのでβ刺激剤(塩酸リトドリン)減らしたいけど子宮収縮があるので減らせないな~って人が、ベルト巻いたとたんウソのように子宮収縮が軽減したりと、認めざるを得ませんでした。ポイントはやはり本来の自分の筋肉の”代用品”としてだと思います。児が下がってくると子宮収縮や骨盤部の痛みが起こりやすいようです。気をつける点は、腹部(軟部)の圧迫ではないことかと考えます。他の商品でも運動用ベルトでも、骨盤の保持が出来れば(ある程度は)有効なんじゃないかと思います。

GSの形態は…遺伝子的なものの方が影響大と個人的には思いますので(以下自主規制)

Re[2]:ベルトについて(03/30)

REX先生へ



お忙しい中、ご丁寧にお返事いただいてありがとうございました。

おそらく、切迫早産の経過で、似たような経験をされた方もいらっしゃるのではないかと思います。

そういう、体験からうまれた方法は、産科の先生が勧めるスタンダードな治療方針を妨げるものではないのであれば、「効果は個人差があると思いますが、こういう方法も試してみるとよいかもしれません」と

勧めることはできると思います。



問題は、そこから一気に「○○の予防に有効」「△△にも効く」と効果をどんどん拡大宣伝したり、「きちんと研修を受けた人でないとつかえない(○○ベルトのことではではないです)」などなど、絶対視していくことのように思います。



産科の(というより助産師のと言ったほうがいいですが)世界、ものごとが広まるのはすごく早いのですが、それに対しての疑問というのはなかなか聞かれません。

あ、ぼやきになってしまって申し訳ありませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。