--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-21

どうして助産院で亡くなっている子供たちがいる事実を隠すのか

久々に時間が出来たから、ちょっと…とおもってテレビ点けたら、
フジテレビ「情報エンタメLIVEジャーナる!」
という番組で
『密着!カリスマ助産師 病院だけが“お産”じゃない』
ってやっていた。
うわー! 遂にビールで乾杯もテレビで流している…
というのも、上記までを書きながら、
「あ、この人、産後に飲酒の人だ」
と書こうとおもっていたんです。
以前に当ブログで書きました。

まず、全国にいる助産師たちが病院に戻るとか来てくれたら、産科崩壊に少しはブレーキになるのかもしれないけど、それが助産院に?!
あとさ、病院でのお産をどうしても引き離したいんだね。
そんなナレーションばっかりだ。
病院でのお産を否定的だ。
『病院でのお産は良い思い出ではない』
とある。
医師や看護師の人手不足から陣痛促進剤…この批判のパターン、どうして今、これを言うの?
助産院で安全に産めるかどうか、本当にそれを調べた?
助産師がその話、どこまでしたの?
助産院で子供が死んでいるの、知ってる?
私の家だけじゃないよ、子供が死んでいるよ。
搬送を拒む姿勢での助産が多く見受けられるよ。
それと、だったら何かあったら病院に搬送するっていうシステムに矛盾を感じないの?
妊娠や出産が病気じゃないのなら、子供が自然に死ぬのも確かに病気でもないこともあるし、だったら子供が死んでもいいのかな?
本気でそこまで考えているなんて、想像が出来ているなんておもえない。

産後の飲酒は助産師会に聞いたときも、しないで欲しい行為だって言っていたけどな。

妊婦がわがままなのは駄目だよ。
まず、人はわがままは駄目なんだよ。
この考え方、育児にも関係があるとおもうよ。
人は勝手をしちゃいけないんだよ。
どんな場面ででも、人は勝手をしちゃいけないんだよ。


フジテレビはもう、病院でのお産を好意的に扱ってはいけない局なんじゃないかな。
助産院や自宅出産が良いんでしょ、助産院での出産が年間、1万人あるとしてそれを勿体無い数だという。
そりゃそうだよ、その中で、公にされない数、子供が死んでいる。


どうして搬送するのよ、病院をそこまで否定するならさ、最初から助産院は搬送されない、そこで完結されると決めようよ。
そこまでしたらさ、説明も今以上にしっかり出来るんじゃない?
何かあったときには病院を頼るのに、寸前までは否定したことばかり。
腰をさすってくれなかったから?
助産師は腰さすってくれたけど、琴子は助産師により搬送を拒まれ、そもそも、扱ってはいけない症例だということを助産師の嘘で隠され、“神の手”といわれた(NHKでそういわれ、放映されていたそうです)助産師のその手で死んでいった。

カリスマって何?
出産に何か関係あるの?

素晴らしい素晴らしいっていうけど、営業でしょ。
家庭的っていうけど、料金は病院的ですよ。
設備の整った病院と、何もしないを売りの助産院は料金がほぼ同額です。
更に、自宅出産も。
妙におもいません?
何もしない、見守るだけっていう助産師も結構いますが、請求は出張費を含めたとしても、結構します。
あと、エコーがあるから安心的なアナウンスがありましたが、エコー診断は助産所では厳密にいえば禁止というか、診断行為はしちゃいけないんじゃなかったっけ?

本当にどうしたいんだか。
どうして助産院で亡くなっている子供たちがいる事実を隠すのか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして

私も同じ番組を観ていました。
私は出産経験者ではありませんが,常々,出産に付加価値を求めるような風潮に疑問を感じていました。
安全に産まれてくるのであれば,病院で管理され(たと母親が感じて)た出産でも満足感は得られるのではないか?
病院と地理的に離れている施設で出産する以上,提携病院のフォローにも限界があるのでは? この点についての(番組内での)言及がお粗末で残念でした。
少なくとも,通常の価値観と判断力を持つ人があの特集を見れば,上記の疑問点が浮かぶだけで終わりそうです。

他方,助産院で安全に産まれている子も多数いるわけであり,助産師の力を活かすことが必要になるとも思います。
そのためにも,マスコミは安易に病院VS助産師(院)のような構図でとらえないで欲しいなと思います。マスコミは,単純でわかりやすい構図を好みますから,期待できませんが・・・

同じかもしれません

医師です。病院でなくなっているお子さんの比率の方が多いです。でも、数じゃないんです。あなたくらい、わがままも言わない立派な方なら、病院のやるべき事と、助産院のやる事の差を勉強してから決めるべきでしたね。どちらにも、正直メリット、デメリットはあります。それと、どちらも絶対はありえません。どちらにも、出産結果に携わった人の考え方も、症例も山ほどありさまざまです。ここで書いて気が済むならそれもいいでしょう。でもまず、あなたと助産院の問題であり、世の中全体の問題ではありません。子供を産むんですから、確かな情報収集も親としての努めですよ、選択したのはアナタなのです。納得が行くまでその助産院とやり合わないと、アナタ自身がダメになってしまう、そんな性格の方に思いました。

No title

ままさんは、本当に医師の方なのかしら?
それと、このブログを全部、読んでいるのかしら?

琴母さんが、琴子ちゃんを失ったときに
どんな思いで訴えを起こし、その結果どうなったか
ちゃんと読んでいたら、医師でない、一般人の方でも
こういう、思いやりのない書き方はしないと思います。

ましてや医師であるなら。
まさか、分娩に危険なことがあるなんて知らないで、
万が一の場合の搬送などのリスク管理が不十分なままで
助産院でのお産が行われていることがある、なんて知らないで、
お産で子どもを失ってはじめて気づいて、
他のこれからお産する方々に「助産院で産むのもいいけどリスク管理を確認してください」という
警鐘のブログを書き続けていることを
理解できないはずがない。

助産院で生まれた子と病院で生まれた子、
数が違うのだから「病院で生まれた子」のほうが
死ぬ数が多いのは当たり前です。
助産院の分娩は、全分娩の1%前後です。

ただ、助産院の分娩が14%以上、異常分娩として病院搬送されていること
統計で出ているのも、医師なら当然ご存じですね。
その中には、逆子や前置胎盤など、分娩前に当然わかっていて
助産院でお産させては危険なものも、かなり入っていることも
ご存じすよね。


助産院でのお産が全部悪い、と言っているのではありません。
お産までの期間きちんと管理し、リスクが高そうなら病院に相談し、
万が一の場合もすばやく搬送できる体制が整っているなら
(そして「病院でのお産」をよくないものとして妊婦さんにすりこまないなら)
助産院のお産に特に大きな問題はないと思われます。
琴母さんだって、そういうご意見なのです。

No title

琴子ちゃんのお母さん、こんにちは。

>病院でなくなっているお子さんの比率の方が多いです。

それはとても興味がありますので、是非母数を明らかにして病院と助産院を比較した具体的な数字を上げて下さい。今までここで周産期医療従事者の方などから伺った数値と随分乖離していますから、きっと統計を取った組織が違うんですよね。この記事にもありますけど、そう謂った具体的な数字が(特に助産院)あまり報道されていないので、ままさんがご存知なのでしたら教えて頂けたらとても嬉しいです。ここを見ているたくさんの人の参考になると思います。

No title

まま 様
>でもまず、あなたと助産院の問題であり、世の中全体の問題ではありません。

周産期センター勤務新生児科医として発言いたします.マスコミさんが取り上げないだけであり,医療者からみれば大問題です.多くの助産院の方々は一生懸命です.しかし,一部のプライドと無責任をもっている方々がおり,その姿勢に修正が加えられることなく,世間全体へ広まり,間違った認識が正しいこととなり,流布されています.当然,医師にも???という方がいます.
医療従事者というのであれば,どの分野の医師であろうと認識されていることと存じます.

>病院でなくなっているお子さんの比率の方が多いです。

周産期医療の実態をご存じないのであれば,「周産期医学」など各種雑誌を医中誌などで検索いただきますよう,お願いいたします.

No title

>>ままさん

助産院礼讃者が、医師を騙ってるようにしか見えない文章では、より「助産院はやっぱり安全を二の次にしているんだな」という印象を、第三者に与えるだけだと思いますよ。

もしも、本当に医師であるというのであれば、きちんと提示できる医療情報を元に語ってみられたらいかがでしょう?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

琴子の母さま、皆様、こんにちは。

NATROMさんのブログの記事「吉村医院の哲学」のコメントで、ヤフー知恵袋の質問が紹介されています。「自宅出産で助産師二人に介助されたが、再三病院に連れて行ってくれと頼んでも聞いてもらえず、結果死産した。訴訟するべきかどうか」というものでした。
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1437083809

これもかなり酷い内容です。テレビがノーテンキに紹介することでの「犠牲者」はもう相当数出ているのではないか? と暗い気持ちになりました。(BPOに再三、意見を出していますが、今までのところHP上には一切出てきません:花王にはエチカの件で意見送りました)

回答はだいたい、訴訟を勧めているような感じです。私個人としても、是非司法に訴えてもらい、マスコミにも大きく取り上げられればよいのでは、と思いますが、表に引っ張り出すことは両刃の剣にも成り得ますよね。訴える側も相当に傷つくことを覚悟しなければならない、と思うと安易に勧めることもできません。皆様はどう思われますか?

No title

さくこさん、私もちょうど今、NATROM先生のところにリンクされていたので読んだところです。
事実であれば、本当にむごい話です。さまざまな点での判断に問題があると思いました。

そして事実であれば、予定日超過の産婦さんに、「陣痛誘発目的」でホメオパシーを使用しています。
ホメオパシーですから効果がなくて当然ですが、反対に「そのレメディが分娩進行を妨げではいないことを証明せよ」、と言われた時に、その助産師は妨げてはいないと、どのように証明できるでしょうか?

ただちに助産師会は、ホメオパシーの使用を禁ずるように、会員に呼び掛けるべきです。

No title

搬送が遅い、早くすべきだとは言っても良いと思う。が、

>どうして搬送するのよ、病院をそこまで否定するならさ、最初から助産院は搬送されない、そこで完結されると決めようよ。

これは、単なるヒトデナシだ。

こういう人の発言に乗っちゃう「医師」ってどうなのよ。

No title

no loopさんへ

搬送が遅い、早くすべきだ、今のままでは助産院は危険だ、と言っても現状がなかなか変わらないからこのような悲痛なメッセージを送るんです。わからないですか。

 

No title

ふだん「病院で生まれた子は愛しにくい」とか教育しておいて
何かあったらすぐさま病院に搬送できますかね?
患者はもう、お産で大変で恥も外聞もないから
「危険なので搬送します」って言えば言うこと聞くはずなのに
(少なくても「子どもを愛せないと困るから搬送しないでくれ」とは言わないと思う)
自分がさんざん「病院のお産」を批判したことがひっかかって
搬送連絡が遅れる、なんつーことは
絶対にないわけなの?

…と問いただしたいのです。
そもそも、「病院で生まれた子」「病院でのお産」を
自然じゃないのなんだのと、批判するのがおかしいよ。
…と言いたいわけです。

こういう医師なんですよ。
文句あるなら琴母さんじゃなく、医師本人に(たとえば私)に言ってください。
どうぞどうぞ、お待ちしてます。
ミクシィにもsuzanでアドレスありますから、遠慮しないで来てください。

助産師です。

このブログを読んでずっとコメしようか悩んでいました。
私は病院経験しかありません。なので助産院でのお産がどんなものかよく知りません。でも、総合病院にいると助産院から搬送されてくる産婦さんや妊婦さんに時々会う事があります。そういう事もあり、助産院のお産ってどうなんだろうと思うようになりました。そして一緒に働いてきた助産師さんたちも助産院でのお産に賛成はしていない人たちばかりでした。
なぜか、、、、そこまでの技術がなく責任が持てない。からです。
妊娠や分娩って異常ではないけど、異常になりやすい状態だと思うのです。だから異常になった場合緊急に対処しないと命に関わる事がある。だけど、助産師に帝王切開をする技術や新生児に挿管をする技術もない。資格もない。

昔のお産にそこまでこだわる必要はないと個人的に私は思います。
自宅でのお産が安全ではなかったから、病院でのお産が始まったのだと私は思うからです。
確かに手を加えすぎるお産になりがちかも知れません。
でも、必ずしも水中出産や切開を入れないお産がいいのかってい言えば?に思います。

ただ、最近の妊婦さんや家族に対して言えることですが、妊娠や分娩が異常になりやすい状態にあることが理解できてない様に思います。
現在の医療の発達は助からなかった命が助けられてきているのであり、今も昔も必ずしもすべてが安全なお産ではないと思います。


突然失礼しました。。。

picoさんへ

こんにちは。

> このブログを読んでずっとコメしようか悩んでいました。
---
有難うございます。

> 。でも、総合病院にいると助産院から搬送されてくる産婦さんや妊婦さんに時々会う事があります。
---
今のところは皆さん、無事に母子揃って帰っていかれているのでしょか。

> ただ、最近の妊婦さんや家族に対して言えることですが、妊娠や分娩が異常になりやすい状態にあることが理解できてない様に思います。
> 現在の医療の発達は助からなかった命が助けられてきているのであり、今も昔も必ずしもすべてが安全なお産ではないと思います。
---
私たちが最初からしっかりと知っておくべきことですよね。
妊娠したから知るとかではなく、当たり前のことなんですけど、でもやはり、今更でも何度でも言って貰わないと気付けないで終わってしまう方も多くいらっしゃるとおもいます。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。