--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-16

『臍帯切断』をどうおもうか

本日は2投目です。
今日は久々に時間がとれて、とっても嬉しい。
でも、考えている問題は私にとっては子供の命と引き換えにしたことなのです。

先日の当ブログ『TBSで違法行為を堂々と
に多くの方から貴重なご意見を頂きました。
実は、“管理人のみ閲覧”でも、貴重なご意見を頂いていて、どうやって紹介させて頂こうかと悩むところもありましたが、私だけに留めておくべきご意見ではないとおもい、事前にご確認させて頂く術がなかったので、こちらで記事としていきなり紹介させていただくこととしました。
ハンドルネームさえも、イニシャルとしても匿名として紹介させて頂きますが、どうぞ次からも頂けるのでしたらこのようなご意見は管理人のみ閲覧とされず、公開してくださいますよう、お願いいたします。

以下になります。


はじめまして.
NICUの当直中に見つけて読ませてもらいました.
臍帯切断は,医療行為です.臍帯は児の一部分となっていますので,剪刃により分離することは手術と同じ意味をもつものです.ましてや,出生時には臍帯内には血液がありますので,きちんとした処置をしないで失血死したなんていう話も遠い昔にはありました.でも違法行為として完全に認定できなくなっているのも事実かもしれません.
分娩には危険が付き物です.イベントではありません.中途半端な気持ちで「分娩は絶対安全」と思われるのだけはやめてほしいですね.完璧と思っても死亡することはあります.それが分娩です.いいとこだけをマスコミが流されると本当に困ります.


どの言葉も赤字で下線つけたいほど、私たちが甘くしがちなことへの注意・勧告だとおもいました。
有難うございます。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

いつもブログを拝見しております。
私は昨年総合病院で出産しましたが、切迫早産での入院、
出産当日も緊急帝王切開となり、開腹してみて子宮破裂寸前だった、など
順調なお産とは言いがたい経験をしました。
(ありがたいことに、母子ともに健康に過ごしております)

では、この経験をまだ出産をしていない友人に話すか、というと
積極的には話し辛いな、という思いがあります。
ただでさえ陣痛の恐怖などが漠然とあるなか、
ほとんどの方は無難にお産を迎えているのに、
余り怖がらせてはいけない、と思うからです。

出産に限らず、妊娠も「すぐにできるもの」と未だに思われており
きちんとした知識が浸透していないように思います。
学校で避妊だけでなく、妊娠・出産に関してもきちんと教えてくれればいいのになぁと思います。

みーたさんへ

こんにちは。
> いつもブログを拝見しております。
---
有難うございます。

> 私は昨年総合病院で出産しましたが、切迫早産での入院、
> 出産当日も緊急帝王切開となり、開腹してみて子宮破裂寸前だった、など
> 順調なお産とは言いがたい経験をしました。
> (ありがたいことに、母子ともに健康に過ごしております)
---
妊娠経過、出産日と大変なご経験をなさられたんですね、みーたさんとお子さんがご健康と伺い、嬉しくおもいます。

> では、この経験をまだ出産をしていない友人に話すか、というと
> 積極的には話し辛いな、という思いがあります。
---
みーたさんの横に私がいると、素晴らしいコンビになるとおもいます。
「子どもは出産時の判断で死ぬこともある」
に続くか前に、
「子供のためにいつでもお腹を切る覚悟を決めておく必要がある」
があればとおもっています。

> 出産に限らず、妊娠も「すぐにできるもの」と未だに思われており
> きちんとした知識が浸透していないように思います。
> 学校で避妊だけでなく、妊娠・出産に関してもきちんと教えてくれればいいのになぁと思います。
---
同感です。

また是非、ご意見をお聞かせください!
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。