--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-26

K2シロップを何故、投与する必要があるのか

助産師の思想によりK2シロップを投与されずにお子さんが亡くなったことへ、皆さんからお寄せいただいたご意見を件のお母さんもきっと読んでくださっているとおもいます。
ホメオパシーがお産の場にどれほどの浸透をしているのか、これは当ブログでもこれからも安全性を問うためにも追っていきます。
子どもを産むのは、死なすための行為ではないってことを、特に危険な行為をそうと自覚されずに行っている助産師の方には直接伝えたいところです。
人間はいつか必ず死にますが、それは別次元の話です。

お子さんが亡くなったことへお寄せ頂いたご意見の中で、ゆきうさぎさんのお話はこれから出産をされる方には先に読んでおいて頂きたいとおもうことでしたので、記事として取り上げさせていただきます。
ゆきうさぎさん、有難うございます。
(また、お寄せくださった皆さんのご意見は、件のお母さんとお子さんへとおもい、今回はあえて私はコメントを書きませんでしたが、皆さんのお言葉全てに尊いものを知り、感じましたので、この場にて御礼申し上げます、皆さん有難うございます)


(2009-10-26)
このブログの読者でしたが、初めて投稿いたします。
産科医院に勤務する小児科医です。

この平成の世で、新生児死亡率が他の国のどこよりも低いこの日本で、K2シロップを与えられなかったことが原因で死亡する赤ちゃんがいらしたことに、深い悲しみと激しい憤りを覚えます。

新生児に与えていいものは、本来は母乳だけです。
母乳が不足している場合や、何らかの理由で母乳が与えられない場合に、母乳代替としてミルクを与えます。
もちろん、何らかの治療として与える薬剤は別です。
K2シロップも、薬剤として開発されたものです。
ビタミンKは肝臓で作られ、主に、血液を固める働きがあります。赤ちゃんは肝機能がまだまだ未熟なので、ビタミンKの産生も少ないため、かつてはビタミンK欠乏による消化管出血や、重篤な例では、頭蓋内出血などで命を落としたり、後遺症を残した赤ちゃんがいました。
これを防ぐために、今では産科医療機関で出生する全ての新生児に、生後5日めと、生後1ヶ月の2回、K2シロップを投与しています。全例投与になってから、新生児のビタミンK欠乏による不幸な事例は、劇的に少なくなりました。


それなのに、こんな、当たり前のことが、されていなかったなんて!(T_T)

赤ちゃんがお亡くなりになった詳細は、診察した当事者ではないので、百歩譲って、もしかしたら、ビタミンKが足りないことだけではない、他にも何か原因があるかもしれない、ということも言えるかもしれません。(これはあくまでも仮定です。個人的にはビタミンKの不足なのだろうと考えます。)
でも、「防ぐ手立てのある疾患に対し、適切な対応をされなかった」という事実は、信じられないことです。
ここは、途上国でもない、内紛で無政府状態になっているのでもない、日本なのです。

予防接種についても、時々親御さんから「効果はあるのですか?」という質問が寄せられます。
どんな治療でもワクチンでも、100%なんてことはあり得ません。
でも、何らかの対策をとっても駄目だった場合と、
何も対策を取らずに駄目だった場合と、どちらが後悔が少ないでしょうか?

現代に暮らす私達の生命力などは、自然のままにまかせれば、あまりにも脆くはかないものです。
すでに野生の能力を失っている私達には、それなりの知識と知恵で生きていかなければなりません。
その方法のひとつが医療行為なのだと思います。

自然に暮らすことを目指すのは結構。
でも、そのためには、限界を知ることではないでしょうか。
自然は、決して甘くはありません。
何でも自然がいいなどど言っていられるのは、医療費も保険で賄い、分娩費用も自治体から補助が出て、医療水準の高い安全な日本で暮らしているからこそ、なのだと思います。

私の患者さんにも、ホメオパシーを取り入れている方々がいらっしゃいます。そういった方法を、頭から否定するつもりはありません。現代の西洋医学と、上手に共存すればいいのではないかと思うのですが・・・。

大人が、自分の考えで「スタンダードな医療行為」を否定・拒否するのは、それは仕方ないと思います。
が、子どもには、自分で判断する術はまだありません
お子さんが成長するまでは「スタンダード」な対応をひとおおり施せるように、親御さんを支援するのが、医療従事者の役割と思っています。

助産師さんたちの多くは、誠実にお仕事をこなしてらっしゃるのだと思います。当院の助産師さんたちも、皆優秀です。皆、お産の怖さを知っています。
私もそうですが、経験を積めば積むほどに、怖さも味わいます。
なぜならば、ある一定の確立で、不測の事態は必ず起きるからです。万に一つしか起こらない不測の事態は、万の経験を積まなければ味わうことはありません。
そして、一度味わった不測の事態は、決して忘れることはなく、その後の医療行為の糧になっています。
開業助産師さんが全部、経験が少ないと申し上げるつもりではまったくありませんが、年間に数百人の分娩を扱う産科医療機関と、年間に数十件のお産を扱う助産院とでは、経験によって培われる「勘」は、違ってくるのではないでしょうか。
(年間数百件の分娩を扱う助産院もあるかと思いますが・・)
何かおかしいぞ、という「勘」は、実はとても大事だと思います。

自然を甘くみることなく、なおかつ、医療を過信せず、赤ちゃんとお母さんのサポートができるようにしたい、いつもこのように考えています。

長くなりました。
親御さんが、どうかご自分達を責めることがありませんように・・・。
赤ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。


---

ゆきうさぎさんのご意見にもありましたが、件のお子さんの死因ですが、血液検査の結果、ビタミンK欠乏であることがはっきりとしたそうです。
これはホメオパシー・レメディ問題を考える上でも、大きな原因、結果ではないかとおもいます。
件のお母さんのお気持ちを想っても、非常に残念な結果です。
言葉がありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ちゃかすわけではないのですが

ある起こりうる問題に関して
1)対策をとらずに、やはり問題が起きてしまった場合
2)対策をとっていたのに問題が起きてしまった場合
の二つの他に
3)対策をとったら、その対策自体に問題があった場合
がある、と
「反医療」もとい、自然礼賛の方々は言うでしょうね。

ワクチンで言えば、ワクチン投与して副作用で重篤な状態になった場合、などです。
ワクチンに関しては実際にそういうケースがありますのでここで是非を論じるのは不適当と思いますが、
K2シロップに関してもおそらく
「薬は全部不自然で悪い」という考え方が、あるのではないでしょうか。

K2は薬じゃなくビタミン、しかも人間に絶対必要なものなんだ、と言っても
そういう方々はきっと
「必要なものは体が自然に作ってくれるのが当たり前」
「外から投与するのは不自然で体に悪い」
とおっしゃるのではないか?と想像されます。

今回の「明らかにビタミンK欠乏」という結果をたとえ見たとしても
そういう方々は
「残念だけどそういう運命、生きる力がなかっただけ」などと
心ないことをおっしゃりそうです。

反医療、自然礼賛とは、つまりそういうこと。
弱いもの、運の悪いものは生き残らない、
強いもの、運のいいものだけが生き延びる、という意味ですよね。
野生と同じですから。

それなら、ホメオパシーとかレメディとかを利用するのもおかしな話です。
野生のけものはレメディを使ったりしません。

ほんの少し、生きる力をサポートするK2シロップまでも
「薬だからだめ」という立場で拒否する現場がお産の世界に存在する、
想像しただけでも、なんだか気が遠くなってきます。
しかもK2シロップの投与をしないことで何が起きるのか、も詳しく説明せずに
お産を主導する立場の人間が一方的に「飲ませておきますね」とレメディを新生児の口に入れるなんて…。

これは一種の詐欺、もしくは新生児や褥婦さんへの虐待にあたるのではないでしょうか?

命にかかわる事項はルーチン化が必要では

>それなのに、こんな、当たり前のことが、されていなかったなんて!(T_T)

大変残念ですが、こんな当たり前のことをやっていない施設は私の周囲だけでも複数あります。助産院ではありません。
助産師は処方をすることができないため、助産院では検診に来た小児科医などがケイツーを処方しているのでしょうか。
しかし、コンセンサスは得られているはずのケイツーでさえも、医師の裁量で「こんなビタミン剤なんかいらんだろ」と考えられれば処方されないのもアリなのが現状です。

誰かが嘔吐下痢症にかかったとします。
同じ程度の症状で医療機関を受診しても、医師の裁量によってみんながみんな点滴を受けるわけではありません。

のレベルなんです、彼らにとっては。
命にかかわる内容でかつ、対象が自分で選択決定する能力がない問題は、本当は、法的に義務化すべきだと思います。
しかし、予防接種を見てわかるとおり、わが国はそちらの方向に進んでいくにはまだかなりの時間が必要なようです。

だったらせめて、母子手帳にチェック欄を作り、「出生体重と同じくらいのレベル」で目立ってもらえれば意識も変わってくるのではないでしょうか。

No title

医師の判断でk2シロップ投与しないで何か問題が起きたら、当然その医師は責任を問われるはずです。
でも、今回のお話では「k2シロップのかわりのレメディ」を投与されていて、
母子手帳にはk2シロップ投与されたと記載されているんですよね。

そこが、今回の問題だと思います。

お産の現場にいながらk2シロップの重要性を無視する医師とはまた別に論じるべきでしょう。
もちろん注目すべきではありますが、
どちらかといえば、その医者の周囲からの指導が重要な気がします。
医師会の小児科の先生方が連盟で、お産を取っている医者に
「k2シロップ投与の重要性」を訴える文章を送る、とかね。

産科医師が自分の責任でk2シロップを投与しないで事故があれば
即、訴訟で当然負けるでしょう。
今回のお話は、すぐには訴訟にならない。
誰に何の責任があったのか、わかりにくくなっているのです。
だから、母親が自分を責めることになっていたのです。

そこが問題なのです。

No title

ホメオパシーに限ったことではなく、もちろん助産院にも限ったことではなく、起こりうるんだということをわかってほしかったんです。そのせいで、問題のすり替えみたいになったようで、大変失礼いたしました。

レメディなんぞ飲んでも飲まなくても好きにしていいから、とにかく飲むべきものだけは飲んで防げる出血なんかは防いでいく必要があります。

ケイツーの訴訟ってちょっと記憶にないのですが、ありましたっけ?
今回みたいに母子手帳に虚偽記載していれば、刑事責任を問われても仕方ないと思いますが。

投薬は助産師には認められていない行為なので、検診に来た医師がしっかり処方しなければなりません。
が、ひょっとして、助産院って医師の新生児検診みたいなのはないのでしょうか?

K2訴訟

K2の訴訟については以下の例があります。

長野の町立病院と 女児に後遺症1億円で和解

 長野県波田町立波田総合病院で生まれ、退院後に重い意識障害を起こした女児(4つ)をめぐり、同県堀金村の両親らが「病院がビタミンKの投与を怠ったのが原因」として、波田町に約2億2000万円の損害賠償を求めた訴訟は17日、病院側が1億円を支払うことで長野地裁松本支部(高野輝久裁判長)で和解した。  女児は1999年3月26日に同病院で生まれ、4月5日に退院した。4月25日にミルクを戻すなど体調が悪化。別の病院で「ビタミンK欠乏による頭がい内出血」と診断され手術を受けたが、目が見えなくなり重い意識障害が残った。  両親側は「乳児にビタミンKが不足すると、頭内で出血が起きやすくなり、ほとんどの病院が投与している」と過失を主張。病院側は「1カ月検診で欠乏している乳児だけに投与した」としていた。  昨年6月に裁判所が和解を勧告し、協議を進めていた。 (了)

suzanさんへ

こんにちは。

> 今回の「明らかにビタミンK欠乏」という結果をたとえ見たとしても
> そういう方々は
> 「残念だけどそういう運命、生きる力がなかっただけ」などと
> 心ないことをおっしゃりそうです。
---
そうなんです、誰かを責めても子どもは生き返らないとか、そういう変な、勝手な美意識(?)を押し付けられて、誰も責められないし、運命だし…というようにして蓋をするんです。

> それなら、ホメオパシーとかレメディとかを利用するのもおかしな話です。
> 野生のけものはレメディを使ったりしません。
---
ペット用のレメディまであります。
変ですよね、おかしいですよね。

> しかもK2シロップの投与をしないことで何が起きるのか、も詳しく説明せずに
> お産を主導する立場の人間が一方的に「飲ませておきますね」とレメディを新生児の口に入れるなんて…。
>
> これは一種の詐欺、もしくは新生児や褥婦さんへの虐待にあたるのではないでしょうか?
---
そうおもうべきですよね、社会全体がそうおもうべきですよね。
場合によっては親の選択も、新生児への虐待だとおもうべきですよね。
親だから、親が選んだことだからではなく、社会で子どもを育てないと、貴重な命がこういう事故により闇に葬られていってしまうように強く感じています。

RDMさんへ

こんにちは。

> だったらせめて、母子手帳にチェック欄を作り、「出生体重と同じくらいのレベル」で目立ってもらえれば意識も変わってくるのではないでしょうか。
---
母子手帳のチェック欄があっても、嘘の記載をされてしまうというか、今回のような悪質なケースもありますので、やはり一番は事前に私たち産む側にも指導や教育が一番の防御のような気がします。
不安を煽られる程度で済むなら幸せだとおもってしまいます。
実際に子どもが死ぬことをおもえば、その子の無事を真から祈れる“不安”というのは、むしろ理想的なようにさえおもえます。
勿論、きちんとした説明や対応をして頂くわけですから、不安を煽るのではないのですよね。
是非是非、産む側への教育をしっかりとして欲しいです。

産科医療従事者さんへ

こんにちは。

> K2の訴訟については以下の例があります。
---
有難うございます。
件のお母さんが今、このブログをご覧くださっているか分からないのですが、この情報はいずれ、もう少し時を経てから直接、メールでお伝えしたいとおもいます。
今はゆっくりしたいというお気持ちを私も優先したいとおもっております。

K2シロップの重要性を知るばかりです。
有難うございます。

No title

予防接種を受けさせると、6~7年前から、母子手帳に使った薬剤の認識のシール(アンプルだかに付属していたんじゃないかな?)を貼ってくれるようになったと思うのですが、K2シロップも同じようにすればいいだけだと思います。

AKさんへ

こんにちは。

> 予防接種を受けさせると、6~7年前から、母子手帳に使った薬剤の認識のシール(アンプルだかに付属していたんじゃないかな?)を貼ってくれるようになったと思うのですが、K2シロップも同じようにすればいいだけだと思います。
---
あ、あのシールなら、嘘の記載は出来ませんよね、そうですよ、あのやり方が良いですね。

A子さんへ

AKさんへは誤りで、「A子さんへ」でした。
A子さん、すみません。

K2シロップ投与、厚生省へ

A子さんの仰る通りとおもい、近く、厚生省に要望書等を出そうとおもいます。
また記事として改めますが、皆さんからのご意見、ご助言、ご協力を頂けたらと願っております。
宜しくお願いいたします。

No title

件のレメディーと思われる記載がある「ホメオパシー的妊娠と出産」由井寅子著を買ってみました。
全部目を通すのは「精神的にも疲れてしまう」内容です。

著者とホメオパシー助産師協会のS助産師の講演の内容を本にしたようです。(各地での助産師会での講演でもこの2人の組み合わせが多いようです)

K2シロップについての記載はこの本の中の「助産師ホメオパスの臨床現場から」という部分に書いてあります。
(無断転載禁ですから、詳しくは書けません)

この本の中で、S助産師はビタミンKが頭がい内出血などの出血傾向の予防に必要で、出産翌日、退院の日、1か月健診に投与されると認識しています。
しかし、ビタミン剤の実物投与があまりよくないと思うから、レメディとして使っていると言っています。
このレメディの組成についての詳しい記載がないのですが、この書き方を見るとビタミンKが入っているのかも知れません。
ただ、量は足りなさそうです。
実際のK2シロップは通常10ml投与します。
ここにはポピーシードという小さい粒であると言っています。
(次の文にある、この粒でなければいけない訳ではないということが、もっと大きいものでもいいという意味なのか、シロップでもいいということなのかわかりません)
投与方法として、赤ちゃんの下歯茎と下唇の間に1粒入れれば、のどに詰まらせることはないと書いてあります。
実際に幾粒投与しているのかは不明ですが、粒が小さいのでつい5~6粒入ってしまうと書いてありますので、たぶん量は足りないのだとおもいます。

この本の内容は私から見れば非科学的で、反医療ですが、
これを実践している助産師がいて、取り入れたいと思う助産師もいるということに強い危惧を覚えます。

講演の内容ですので、最後の方に質疑応答があります。
その中で聴講者が質問している内容がまたすごい!です。

その方(聴講している助産師)の助産院には自然ばお産をしたいと遠くから看護師さんや薬剤師さんが来るんだそうです。そうした人はレメディを飲ませるときにあまり飲みたがらない人が多い、素直じゃない、そういう人に限って胎盤癒着が多い、そういうときにはどうしたらいいのでしょう?って内容です。
それに対して、講師は「胎盤が出ないと病院へ行きますよ。そういえば飲むというでしょう」と答えています。
また、S助産師はそういう抵抗感の強い人には、オリエンテーションの時期からアロマテラピーとかホメオパシーとかを薬ではないけど使うときがありますと説明したりして「紛れ込ませて」しまうと、大丈夫と答えています。
「やっぱりやり方ですね」と答えている聴講者。

それぞれの助産師さんはたぶん「いいお産」にしたいという理念があるのかも知れません。でも受ける側に選択の余地がなさそうです。


おさママさんへ

こんにちは。

> 件のレメディーと思われる記載がある「ホメオパシー的妊娠と出産」由井寅子著を買ってみました。
> 全部目を通すのは「精神的にも疲れてしまう」内容です。
---
bookoffでみつけた!とおもったら、既に売り切れでした(古本)。
入手したいとおもっています。
以前に教えていただいたやり方で、数ページだけ読みましたが、それだけでも十分、精神的に疲れました…

> 講演の内容ですので、最後の方に質疑応答があります。
> その中で聴講者が質問している内容がまたすごい!です。
---
本当ですか、本当にこんな強迫をしているのですか?!
驚きました。
強迫の指南書ってことですよね?!
教えていただいた内容だけからですが、十分にそういえる内容だとおもいました。

No title

琴子ちゃんのお母さん、こんにちは。

ビタミンK2シロップの与薬に関しては、日本未熟児新生児学会の医療の標準化検討委員会で、すでにガイドラインが示され標準化が提唱されているもののひとつです。
すでに、自治体によっては母子手帳にK2シロップについての説明と記載箇所が印刷されているところもありますね。
標準化が進んでいるということで、全国の自治体で記載事項に追加される日も近いかもしれません。何年かに1回、母子手帳の記載内容について見直しがされていると思います。厚労省への呼びかけも、有効かもしれませんね。

予防接種については、副作用が起きた場合に備えて製造番号の確認のためにシールになっているのでしょうが、K2の場合、シールにするにはコストの問題もあるでしょうね。
なにより、まさか虚偽の記入をすることがあるなんて想定していないと思います。
こんなことが起きたという注意喚起を、医療機関・助産院へ通知して欲しいですね。こういうことこそ、新聞などマスコミが、一般の人に周知させる良い手段になるのですけどね。

ふぃっしゅさんへ

こんにちは。

> なにより、まさか虚偽の記入をすることがあるなんて想定していないと思います。
---
琴子も母子手帳に嘘の体重等が書かれました。
なんか、意外と軽く扱っている方(ここでは助産師をさしています)が多くいるような気がするのですが…

> こんなことが起きたという注意喚起を、医療機関・助産院へ通知して欲しいですね。こういうことこそ、新聞などマスコミが、一般の人に周知させる良い手段になるのですけどね。
---
本当ですね。
本当にそうおもいます。
派手な内容はないかもしれないけど、とっても大きな問題なんですけどね…新生児の死、それは人の死なんですからね…

御礼

琴子ちゃんのお母さん

拙文を取り上げていただき、ありがとうございました。
お亡くなりになった赤ちゃんのことは、本当に残念でなりません。

このブログをひとりでも多くの方に読んでいただき、
偏らない情報を得た上で、自分なりのお産のありかたを選んで欲しいと、
心から願っています。
時には心ないご意見もあるでしょうが、
どうか毅然として続けて下さいね。
応援しております。

我慢大会

琴子ちゃんのお母さん、こんにちは。

酔った勢いでおさママさんご紹介の「ホメオパシー的妊娠と出産」を購入しました(あぁ勿体ない)。本をぶん投げたくなる気持ちを堪えて、少しずつ読んでます。

執筆者の一人の助産師は、K2シロップの未使用の他にも、下血が疑われる生まれたばかりの赤ちゃんを直ぐに病院に搬送せずレメディを与えて最後まで頑張るとか、稽留流産の人を病院に行かせずレメディで胎児の自然排出をさせるとか、破水しているが陣痛の来ない妊婦に3日あればレメディで陣痛を起こさせるのが可能だとか(これは流石に24時間制限を守っているようですが・・・よく考えたら24時間放置ってこと?)、ぞっとするような話のオンパレードです。
質疑応答の部分でも、やはり助産師の方がなるべく消毒剤を使いたくない(!?)のでホメオパシーでも良いかとの質問に、マザーチンキ(ハーブ酒)を使っても大丈夫、とか答えてる。器具の消毒もそれで大丈夫だそうです・・・(時代劇じゃ在るまいし、焼酎で消毒?)。

どこにそんな証拠があるんだと言いたくなる放言だらけで、読んでいると今が何世紀なのかよく分からなくなります。そして端々でホメオパスという人達は他人に影響力を持ちたいという欲求が強いことが感じられました。

それにしても・・・助産師会の人はこれを読んで、この内容で周産期医療の一翼を担うことに問題ないと判断したと言うことなんでしょうか。

本当にひどい内容です。

琴子ちゃんのお母さん、こんにちは。

そしておさママさん、うさぎ林檎さん、本の紹介ありがとうございます。
私も以前探してみたのですが、「胎盤レメディ」の本しか見つかりませんでした。もう1ページ目を読み始めただけで、結構です・・・という内容でしたが・・・。紀伊国屋書店で見つけましたが、医療関係の階ではなく、「精神世界」のコーナーでした。霊とか、そんな書棚です。紀伊国屋には代替医療の書棚がちゃんと医療関係の階にあるのですけれどね。
書店側でも、医療とは認めていないということでしょう。

それにしてもひどい内容で、あきれます。
「狂気の集団」としか思えません。

副作用の報告さえないK2シロップや消毒方法にまで抵抗する、その動機は一体何なのでしょうか?
そこまで医療に対し反抗しようとするのは、なぜなのでしょうか?

ネットで見ると、50代、60代の助産師がホメオパスになっているようですが、日本の医療がまだ不十分だった時代を記憶に残している世代のはずです。
1970年代80年代に病院で働いていた世代ですから、産科医療のおかげでたくさんの母子が助かったことも見てきているはずです。きっとちょうど自分達の出産などで、分娩の場を離れた80年代、90年代に「自然なお産」ブームがきて、自分が助産師であることのアイデンティティを強く自覚したのかなと思います。
でも、90年代にはすでに周産期医療はどんどん先に進んでいたので、病院で働く勇気も知識もなかったのではないかと思います。
・・・あくまでも想像ですが。
今一緒に働いている60代の助産師は、子育てを終えた時に病院に復帰する際、新しい医療機器や治療の知識、さまざまな変化についていくのが本当に大変だったと言っていました。
その方は、そうとう謙虚に若い助産師から学び直したのだと思います。

周産期医療の流れから一旦外れた助産師が、「正常なお産は助産師だけでよいのだ」「お産は本来自然なのだ」という信念と結びつくことが、こういう流れになっているのではないかと思います。

うさぎ林檎さんがkiklogでたくさん調べて発言してくださっていますが、80年代、開業助産師の集団である助産師会は会員の高齢化と減少で風前の灯でした。
その頃、ちょうど「自然なお産」ブームを追い風に、復活したわけです。
もともと日本の産婆、助産婦は看護資格は不要でしたが、戦後看護師の資格が必要になり、一旦、助産師会は日本看護協会の下に統合されたのですが、それまで地域で「先生」と呼ばれていた人たちが看護師の下の組織ぶ入ることに強い反発があり、助産師会は独立しました。だから、自分達の手でできる「自然なお産」が助産師のアイデンティティのように言います。

でも、現在の助産師は、それまで妊娠出産をあきらめなければいけなかったような合併症を持った方や、以前なら早産で死亡していた赤ちゃんなど、幅広い母子を安全に出産、育児ができるようにすることが使命たど思います。
また、いままで体験的に伝えられてきた看護や助産の内容を、より一般化できるようにしていくことも大切な使命です。
わけのわからない実証されていない民間療法的なことを知っていることが偉いと勘違いしている状態から抜け出さなければいけないと思います。



No title

お久しぶりです。
こちらにお引越しされてからははじめての書き込みになるかと思います。

思えば新生児のビタミンK欠乏の怖さ、産院で聞いていたはずなのに、自分自身もはっきり自覚していなかったような気がします。もちろんK2は服用させましたが、あまり現実感はなく、うちの母も「このごろはこんなもの飲ますんじゃなぁ」と不思議そうに見ていました。
そのせいか、ネット上でかなり前から、「赤ちゃんにそんな薬、必要なのかなぁ?」とか、「飲ませる気はありません」というのを散見していたような記憶があります。
こういうことがあったことはもっと妊婦さんに知られてもよいし、それに対する注意喚起こそマスコミが取り上げてほしい話題であると、わたしも切に思います。

No title

横レス、失礼します。
桃ママさんこんにちは。
「そんな薬、飲ませる必要あるのかな」と思う人もいるのですねぇ。

K2シロップについては、1989年に厚生省が勧告を出して徐々に広がり、1995年で93%の実施率とありました。
比較的近年のことですから、祖父母の世代には新しいことだと思います。
そして、ホメオパシーを勧めている50代、60代の助産師も、その働き始めの頃の病院勤務では、まだ実施していなかったことでしょう。
もしかすると、「K2シロップなんて飲ませたことなかったけれど、問題はなかった」と思っているのかもしれません。GBS(B群溶連菌)レメディなんて考えついたのも、「そんな検査も、抗生剤投与もしなかったけれど、問題はなかった」と、個人的な体験から誤った確信を持ってしまっているのではないかと思います。

VK欠乏による重篤な新生児メレナあるいはGBS感染による新生児死亡も、ひとりひとりの医師や助産師にしてみれば生涯のうちに遭遇するかしないか・・・という頻度ではないかと思います。
でも、それが「何もしなくて大丈夫」ということではなく、広い世の中ではそういうことも起きうるので、みんなの智恵を出し合って予防していきましょうということなのだと思います。

妊娠中も、産後もお母さん達への説明事項もたくさんあるし、お母さん達も赤ちゃんの世話や睡眠不足で大変だし、記憶に残るような説明方法も工夫していかなければいけないですね。

No title

横の横で失礼します

この件でいろいろネットをさまよっておりました間に
「K2シロップに対する無知な発言」はよく目にしました
ある掲示板では、年配者と思われる人が
「私の頃にはそんなものなかった」と仰って
若いママさんだか妊婦さんだかが
「じゃあ、昔は必要なかったってことなんですね、なーんだ」
というようなことを言っていて
思わずそれは違う! と発言したくなりましたが
スレッドが二、三年前のものだったので思いとどまりました

「バースプラン」にK2シロップを飲ませない、抗生物質の点眼は拒否するとか書いている人もいて
これもちょっと昔の記事だったのですが、もうすぐ五人目のお子さんが生まれる方です(四人のうち二人が自宅出産、しかも水中出産のようです)
一言コメントすべきかどうか、ひどく迷いました

医療として行われていることが、どのような経緯でそうなったのかを知ることもせず、単なる思い込みや、「自分らしさ」を表現するための項目としてとらえている・・・大変愚かで傲慢なことだとは思いますが、それをどう言ったら反発されず受け入れてもらえるのか、考えれば考えるほど書けなくなり、結局何もコメントは残せませんでした

何か、効果的なやり方はないものでしょうか?
さい帯血バンクのように、TVCMででも流すとか、一般の人にも周知しないといけない段階に来ていると思います

ちなみに私の時は、投与のとき簡単な説明はありましたが、承諾書などは書かされませんでした(三人とも)
「家庭の医学」や「妊娠・出産のしくみ」みたいな本を一冊読めば、ビタミンK欠乏症のことは必ず載っていますので、そういうものですでに知識は得ていました
今だって、ちょっとネットで調べれば簡単に出てくるのに・・・仲間内の口コミだけを信じる人が多いのでしょうか?

ネット検索

こんにちは。

>さくこさん
そうなんですよね、以前kikulogで舌癒着症が問題になった時も、ネットで検索すると肯定的な体験談ばかりで否定的(正確)な知識を得ることが難しいという話がありました。
その時は、アドレスがor.jpやac.jp等に、まず注目して検索してみると良いというアドバイスがありました。その方がより確からしい信用度の高い出所のはっきりした情報を知ることが出来るということです。
私は、日本産婦人科医会、日本産科婦人科学会(何で2つあるんだ?)などが、ネットなどに情報を発信してくれるのが望ましいと思うのですが・・・どちらも医師向けの色合いが濃くて、今のところ「一般の人にも周知」活動には積極的でないようです。

>琴子ちゃんのお母さん
K2レメディの助産院には、当然”嘱託医”がいるはずですよね?その産婦人科医の方は今回のケースをどう考えているのでしょうか。もちろん私はその方の責任を云々しているのではありません。しかし嘱託契約を継続するかどうかは別の問題ではないでしょうか。
日本産婦人科医会の嘱託医契約書・合意書モデル案を見ると「契約・合意に違反したときは、通知催告なしに契約・合意を解除することができる」とあります。実際の契約内容がどうかは不明ですが、分娩後については助産師との(虚偽記載も含めて)契約に問題はないとのご判断なのでしょうか。

No title

横レスです。

「学会」はいわゆる学問集団の学会。
「医会」はそもそも、人工妊娠中絶を行う人間の資格をきちんとするために生まれた集団です。

情報提供

>suzanさん

ご説明有り難うございます。
両組織の定款を調べますと以下のようにあります。

ここから→
【日本産婦人科医会】
第4 条 本会は、母子の生命健康を保護するとともに、女性の健康を保持・増進し、もっ
て国民の保健の向上に寄与することを目的とする。
第5 条
(2)女性保健に関する啓発

【日本産科婦人科学会】
第4 条 この法人は、産科学及び婦人科学の進歩・発展を図りもって人類・社会の福祉に貢献することを目的とする。
第5 条
(7)産科婦人科の医療及び保健に関する社会一般への啓発並びに普及活動
←ここまで

定款を杓子定規に受け取るつもりはありませんが、どちらも”啓発”が含まれています。実際に日本産婦人科医会は「女性情報館(女性と子どもの健康に関する情報)」のコンテンツが設けられ「母性健康管理」の項目もあります。
現場がお忙しい医師の方々は目の前の患者さんだけで手一杯でしょうし、一人一人には必要な情報を伝達されていると思います。それに対して代替医療サイドは根拠の希薄な情報を不特定多数に向けて大量に無責任に垂れ流しているのが現状でしょう。
ですから例えばYahoo!知恵袋などで質問があった時に、ココ見ると良いですよと誘導できるWebコンテンツがあれば望ましいのではないでしょうか。
ご専門の方が提供される情報(できれば流布されるデマの否定)が一番信用できるでしょう、その意味では日本産婦人科医会の女性情報館の様なコンテンツがより充実してくれればと、私は思います。

No title

ご存知とは思いますが、お産の現場の産科医は
目の前のお産をとるので精一杯です。
病院に来る妊婦さんだけしか、面倒をみるキャパシティがありません。

その隙間に、いろいろなことがはびこるのではないでしょうかね。

産婦人科医がなぜこんなに減ってしまったのか?
なぜ、若い方々が産婦人科に進むのを嫌うのか?

それは、お産する方々のせいです、といったらいいすぎですか?
お産は安全なもの、と勝手に信じ込み、
お産の現場で母や子の死亡があれば、たいして考えもせず医者が悪いといいませんでしたか?

そういう話をする場でないのはわかっています。
でも、実際に、産科の現場には「産婦人科に受診しない人間のことまでかまっていられる余力はない」気がします。
それでいいとは思いません。
でも、本当に余力はありません。

No title

言葉が足りないようでしたので、追加します。
ウェブコンテンツを作っている医者も、自分のところのお産の合間に
必死でやっています。
ウェブ専門の医者がいるわけではありません。

No title

横レス失礼します

suzan様
>お産する方々のせいです、といったらいいすぎですか?

私は言い過ぎではないと思います。
それが跳ね返ってくるのが、一番に生まれてくる赤ちゃんへ、そして、自分自身の未来であるという事を無視して行なった癖して、医者にその責任を負いかぶせようとする人達が特に酷いと思います。
障害者と多く関わっている事で、もちろん、医療側のミスや不手際に原因がある例も見ますが、同じ位生む側の問題が主たる要因ではないかと思える例も見ます。
ただ、その生む側を煽って更に深みにはめている勢力が、開業助産師の一派とか岡崎の某医師とかじゃないのか?と思える例も知っているので、その辺りは、第三者としては分けて理解すべきであろうと思っています。

No title

suzanさんへ

>実際に、産科の現場には「産婦人科に受診しない人間のことまでかまっていられる余力はない」気がします

産科医の方たちの献身的な働きぶりには、本当に頭が下がります。理由ともいえない理由で不信を抱く人よりも、感謝と尊敬の念を抱いている人がまだまだ大多数だと思います。私も後者の一人です。

ネット上での、こういった口コミは、もしかしたら何かの権威であるとか行政機関とかであるということには、必ずしも関係しないかもしれません。むしろ、掲示板などの常連で、発言力のある人が言ったこと、人気ブログの主が記事に書いたこと、など個人を重視する傾向があります。流行りすたりもありますし。件のバースプランがいい例です。一人がK2投与を拒否すると、深く考えることもせず、我も我も、です。
個人的には、こんな人たちほっといてもいいやなどと思ってしまったりもしていますが、この軽薄さを逆手にとって、有名人ブログなどアクセス数の多い場所で記事に挙げてもらえれば、一気にK2シロップの重要性が広まるかもしれません。

もちろん、うさぎ林檎さんの挙げられたような学会なり何なりからの情報提供も、根拠として必要だと思います。けれど、今でもいろんなサイトでK2シロップの説明はされているんですよね。きちんと調べようと思えばすぐ出来るはずなんです。そもそもそういうことをしない、見ようとしない、ところに問題があるのではないでしょうか。

どちらにせよ、一番被害をこうむるのは、生まれてくる子どもたちです。悩ましいです。

すみません、連投です

前のコメント、ちょっと訂正します。生む側のみを責めることは、やはりまずいと思いました。

「生む側」の責任も、もちろんゼロでないことは確かです。が、やはり専門家という立場の助産師に、医療に否定的な一派がいる、ということが一番問題ではないでしょうか?
今回の場合は特に、母親にろくな説明もないまま、赤ちゃんにレメディの粒を飲ませあまつさえ母子手帳に虚偽の記入。完全に詐欺といって差し支えないでしょう。立派な犯罪ですよね。

kikulogの方で、Takuさんが「ヤフー知恵袋」でホメオパシーを勧められ困っている妊婦さんの相談、を紹介なさっていました。
回答の中でK2シロップの件に触れ、このブログのURLを貼り、見てみてくださいと仰っている方もいらっしゃいました(もしかしてTakuさん?)。こんなふうにじわじわと広まっていけば、それが一番いい手なのかもしれないなと思いました。
件の水中出産の方のブログにもコメントしようかどうか、いまだに思案中です。

できること、できないこと

>suzanさん

既に充分頑張っている現場のお医者さんだけに、さらなる負担を求めたつもりではありませんが、そう受け取られたのであれば、私の文章力の拙さでしょう、申し訳ありません。ただ新たに一から創設するのではなく、今在る組織力での模索のつもりでした。

例えばホメジャはWeb開発のために、自社にそれ専任のシステム部門を抱えています(更に求人をかけて増員するようです)。これに抗するのに誰かの個人的努力では物量の面からも困難なことは否めないでしょう(有楽町阪急のマイ・ロハス・ショップに現在出店中)。点や線で対抗できる段階は過ぎているようです。
これは余談ですが、だからこそ阪大のきくち先生は”阪大のサーバ”を使ってニセ科学への対抗言論を立ち上げておられるのだと思います。

suzanさんも仰有るように、こちらでするには相応しい話題ではないので私も程々に致しますが、何でも選べるが実は何も選べなくなっている。こうした状況は何も周産期医療の現場だけに限った問題ではないと感じています。子ども周辺だけの問題に限っても、ホメオパシー、マクロビ、七田式、最近では脳科学おばあちゃん(まだ、これは言い過ぎかもしれません)と、落とし穴は至る所に口を開けています。
できるなら高い評価を受けたい欲求が「地獄への道は善意で舗装されている」に上手く足下をすくわれているのだと考えています。

そして、さくこさんの仰有るとおりです、医療ネグレクトの犠牲になるのは、より力の弱いものです。私は知恵を出し合う(ぐらい)しかないと思って(願って)います。

反産科医療の流れ

琴子ちゃんのお母さん、こんばんは。

suzan先生のお気持ち、ごもっともと思います。
そのお産をする方たちの思い込みを作り出してきたのが、当の助産師側だと思います。

「病院のお産はね・・・」と批判的な表現を使いながら、自分達の理想のお産を訴えてきたのですから。
これは「自然なお産」に傾いていたことのある自分の反省をこめてです。
何故、産科医・小児科医とともにお産に関わることでたくさんの母子が助かっていることをきちんと世の中に伝えようとしなかったのか。
何故、「病院ではね・・・」と批判的な表現に対して、現実・事実を伝える努力をしてこなかったか。

病院で働く助産師は平均年齢27歳だとか・・・。本当に若い後輩達が、膨大な業務量の中でまだ十分とはいえない経験量で、安全にそしてできるだけ良いケアーのために頑張っているのですよね。さらに新人まで教えていかなければいけないし・・・。

開業できるくらいの経験を持った人が病院のお産を批判すると言うことは、自分の理想のお産を語るのには都合が良いかもしれないけれど、後に続く若い助産師が働いている場を攻撃していることに気づいていないのでしょうか。外から批判するのでなく、中で一緒に変えて欲しかったですね。

お産の中のアメニティもそれはそれで大切なことですが、お産の安全について助産師側(一部の・・・でしょうが)がきちんと現実を考えて伝えようとしてこなかったことが、suzan先生の書かれている「隙間にいろいろなことがはびこる」原因になってしまったのではないかと思います。




No title

ものすごく考えた結果を書きます。

今回の事件、赤ちゃんがK2シロップを与えられないで亡くなってしまった事件から
絶対にこう、と言えることはたったひとつです。

K2シロップの大切さをだれが教えるべきだとか
自分で学ぶ機会がどうこうとか、
そういうことも大事ですが、今回の事件は違う。

医療の現場で詐欺行為が行われたこと。
その手段としてホメオパシーが、レメディがつかわれたこと、が問題なのです。

何らかの考えがあって(もしくはなくて)K2投与しないなら
「投与しない」と言えばいい。
それを「K2の代わり」とうそとついて投与した、それが大問題なのです。

アロマセラピーとか鍼灸とかエアロビクスとか、
医療でなくても実際に妊婦さんを楽にしたり
お産に役立ったりするものはたくさんある。
ホメオパシーもレメディも、そんなふうに使われるなら、何も問題はない。

今回は、反医療の立場だからK2シロップは投与しない、
そこまではある意味「問題ない」とも言えます。
お母さんにもそう説明すればいい。
K2欠乏性の出血性疾患は、決して起きる確率が高いものではないので、
「めったに起きないことのために薬を使うのはよくないと思う」とか
なんでもいいから思うところを言えばいいだけです。

でも今回は、「K2の代わり」と言っています。
つまり投与した側は、K2シロップの必要性を知っていた、ということになります。
その上でk2シロップでなくてレメディを投与した。
あたかもK2を投与したかのようなうそもつき、母子手帳にも記載した。

反医療を隠すための隠れみのとしてホメオパシーを使ったのです。

ホメオパシーが必ずしも悪いものとして反医療のためにのみ使われているわけではない。
それをあえて、反医療の手段として、
しかも、反医療をきちんと表に出さない、ごまかしの手段として用いる。

そこを問題にすべきです。
誰がK2シロップの重要性をお母さんになる人に伝えるか、も大事ですが
今回の問題と分けて考えないとだめです。

No title

確かに今回のK2 の件は、当該助産師が告訴されるだけの内容であることが問題だと思います。

ただ、ではそこまで悪質でないなら問題でないのかと言えば、ホメオパシー(一部なのかもしれませんが)とともに、まともな医療に対する知識をひっくり返すようなでたらめを広めている人たちが増えているのです。
通常の医療機関で働いていると、本当にきづかないようなでたらめなことが・・・。

なのでK2の件は、きちんと問題を整理して考える必要があると同時に、氷山の一角でしかないことを考えていく必要があると思っています。

また、そのような流れを作ってきたのは何か、問い直すことも必要と思います。

No title

こんにちは

なんだか心配になって、第一子の母子手帳を確認してみたら・・・やっぱり、K2シロップは投与されていませんでした
書いてあるのは、ミノルタ21とだけ・・・

私が不勉強だったので、悪いのですが、助産院からはなんの説明もありませんでした
ミノルタって、調べてみたら、黄疸に関する数値みたいですね・・・しかも、高いみたいです

確かに、うちの子はほかの子と比べて、黄色かったです
でも、助産師さんがなにも言わなかったので、大丈夫なんだと思っていました・・・

今は、第1子をうんだ助産院をもう信用してはいませんし、いろいろほかにも問題ある産院だったのですが・・・もっともっと、勉強しておけばよかったと、後悔しています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。