--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-18

小さな命の味方

ホメオパシー、K2シロップ>レメディの問題で、率直なご意見をくださっていたかとうさんから、貴重なご意見・情報を頂きましたので、記事として紹介させてもらいます、かとうさん、有難うございます。

(2009-10-16)
もう一つ、子供の味方があったのを思い出して、住んでいる地区の
児童相談所に電話して聞いてみました。

今回の事件に関しては、助産師を刑事告訴してください。児童相談所
や保健所の出る時期はとうに過ぎているとの事でした。

そして、今まさにK2シロップの投与を拒否しているお母さん、助産師
さんに対して、父親や祖父母が困っている場合は、
児童相談所に
相談すれば、保健師の派遣等は検討してくれるそうです

重ねてネグレクトに当たらないか?(ネグレクトだと保護対象になる
から。)と質問してみたんですが、宗教等での拒否と同じ問題で、
即ネグレクトとは言えず、どの程度の事が出来るかはケースバイ
ケースとしか言えないとの事でした。
しかし、身内の方が相談してくれれば、上で書いた様な保健師の派遣
や、保健所への働きかけ等、出来る範囲で対応したいとおっしゃってま
した。


---
家族間で意見が違うというのは辛いことも多いとおもうのですが、小さな命を前に、何を一番に優先するべきかが一番大事な問題となってくれるよう、祈っています。


このブログは、こうやって皆さんに支えられていると痛感し、感謝しています。
人の子の命のことでも、こうやって真剣に考えてくださる方がいらして、本当に感謝しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

教育が浸透すれば少しは変わるかもしれません

地方で小児科をやっております。

ケイツーシロップを飲むことでビタミンK欠乏製の出血を有意に減らすことができるというのがこれだけ明らかなのに、なぜかルーチンに入れるかどうかは施設にゆだねられているわけです。
助産院だけでなく、開業医でも稀に見かけます。

親御さんは、自身の信念からあえて拒否していることもありますが、知らない人もいるんじゃないでしょうか。
産科でも、一瞬で終わるので印象としては薄いイベントですし。
母子手帳にチェック欄がないのも残念です。チェック欄と一緒に必要性が説明してあればいいのにといつも思います。

No title

上のコメントにご挨拶が抜けていました。
大変失礼いたしました。

はじめまして、コメントさせていただくのは初ですが、いつも読ませていただいております。

RDMさんへ

はじめまして。
いつもご覧くださり、有難うございます。

> 助産院だけでなく、開業医でも稀に見かけます。
---
開業医の方でも稀にというのは、時折、開業医の方で民間療法を熱心にされている方もいるので、そういう方の場合となるのでしょうか。

> 親御さんは、自身の信念からあえて拒否していることもありますが、知らない人もいるんじゃないでしょうか。
---
多分、信念からというより、結局、重要性を知らないからといった方が正しいのかもしれませんね。
また、信念からという場合は、その信念を作ったのが誰で、どのような意見からなのかも考えると、結局、親となる人たちがその重要性を知らないってことが根本にあるからでしょうね。

> 産科でも、一瞬で終わるので印象としては薄いイベントですし。
> 母子手帳にチェック欄がないのも残念です。チェック欄と一緒に必要性が説明してあればいいのにといつも思います。
---
そうです、そうです、母子手帳にしっかりと書いて欲しいです。
できれば、『粒状のものはありません』も加筆して欲しいです。

また是非、貴重なご意見をお聞かせください、お願いします。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。