--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-13

『母乳と食事の関係』>届きました

当ブログ、前回(7月2日)に書いた『母乳と食事の関係』の原本を複写したものが届きました。
月刊誌『小児科臨床』第61巻-第7号(2008年7月/特集号)
“食育講座-小児医療に関わる人のために”
に掲載された論文で、この月刊誌を購入することも出来ます>>日本小児医事出版社:月刊誌「小児科臨床」

先ほど届いたばかりなので、今はまだ感想は書けませんが、医療に無知な私でも読み易いような、そんな感じがしました。
では…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

旧楽天ブログに出会いまして...

私は妊娠しているわけではないのですが、小説(自分や周りの人達と楽しむ為だけのもの)を書く為だけに、分娩後の飲酒についてのリスク、再開時期などを検索中、偶然琴子ママさんの楽天ブログに遭遇し、自身の弟妹を失した時の事を強く思いだしました。
彼、彼女は、まだ性別も判明しない内に天使になってしまいましたが、私の中ではいつまでも弟であり、妹です。
もう1人いる妹とわたしのの名前がしりとりのように二文字で続いていることから、男の子でも女の子でも恥ずかしくないように私はナオちゃんと呼んでいます。
母もそれは忘れてしまっているようで、ナオを呼ぶ時は水子ちゃんと呼んでいます。
でも、私にとっては何年経とうとナオはナオです。
無事に生まれて来てくれていたら、父や母を押し退けてでも、私が名付け親になっていました。
二十年近く経った今二通りの漢字の名前を考えてしまいます。
直、菜生、治、奈歩等々...。
本当は、漢字の名前もしりとりのように繋げたいのですが、妹の名前が当て字に近いので躊躇しちゃいます。
あんまり変な字だと、ナオが恥ずかしい思いしちゃいますからね。
でも、許してくれるなら「来和」とつけたいと思います。
実はこっそりこれが本名と思っています(笑)
これだと妹の名前の下字と、私の名前の上の字で、三人の名前がちょうど円になるので。
そんな事をとても強く思い出しました。
確かに無事に生まれて来てくれず、出産医療の現場の有り様。
そして医師や妊婦の質の低下など嘆かわしい現状です。
望んでいるのに授からない、生まれてくれない、生まれても天使だったという関係者からすれば憤ってしまいますよね。
もっともっと、それこそ国を上げてでも、命の大切さを説いていくべきだと感じました。
私はナオを忘れません。
ずっとずっとナオの姉です。

ひいろさんへ

はじめまして。
コメント、有難うございます。
返事が遅くなってしまって、すみませんでした。

リンズやダンジも、いつの日かひいろさんのように、琴子のことを想ってくれたり、琴子の話を思い出したりしてくれるのだろうか、そうであったら嬉しいなとおもいながら拝読しました。

また是非、ご意見ください、これからも宜しくお願いいたします。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。