--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-12

新型インフルエンザ

いつもお世話になっております『産科医療のこれから』より
一番危ないのは産婦人科!厚労省の新型インフルエンザ対策は見なおすべきだとおもいますo(^-^)o ..。*♡   

私にいわれるまでもないことかもしれませんが、しかし、GW中に仕事で人の集まるところにいたら、妊娠中の方や、生後1ヶ月くらいかとおもうくらいの赤ちゃんを連れた方が実に多かったです。
無理してまで出掛けるような場所柄でもないので、“危機感の薄れ”は感じました。

うちはリンズがインフルエンザを保育園からもらってきたとき、ダンジが1才未満で家庭内感染し、医師に電話で相談したら
「1才にならないと、インフルエンザの場合は投薬出来ない」
と言われました。
タミフルを飲ませるか否かもご意見が別にあるかとおもいますが、“手の施しようがない”というようなことともおもえ、熱を冷ますようにと努めましたが、『親も同時に感染』という状態で、インフルエンザに罹ったことのある方ならご理解頂けるとおもいますが、かなりしんどい状態、子供に100%の看病が出来たとはおもえません。
また、私の家は核家族でしたので、食事の心配もありました。
今年の冬の季節インフルエンザが流行っていたときに、
『常備食を1週間分は用意しておくこと』
が挙げられていました。
納得しました。

インフルエンザが季節を問わない流行病になってきたようで、小さいお子さんや妊娠中の方は窮屈さが増すかもしれませんが、今一番大事なのは『罹らないようにする』ことですので、不要な外出は本当に控えて欲しいです。

仕事先に来る方の数が減るのは、我が家の経済的には残念なことですが、小さいお子さんや妊婦さんの分が減るのは当然だとおもいます。
お子さんが元気なのが一番です。

ちなみに…
私の実母は結構大雑把な方なのですが、
『子供を人ごみに連れて行くな』
と親(私の祖母)に言われたことは守ったと言っていました。
「どこにも行かないのはつまらない」
とよく不満も言いましたが、こういう背景があったのだろうとおもうと、やっとなのかもしれませんが、感謝しています。

あと、感染パーティの件もあります(上記URL内、スクロールで下方へ)。
これはワクチン拒否の方の間ではよく言われていることですので、こんなパーティがあるのだとしたら…想像出来ちゃうので本当に怖いです。

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

面会も注意!

琴子ちゃんのお母さん、こんにちは。
新しい場所でのブログ、応援しています。

新型インフルエンザの話題が出始めた頃から、うちのクリニックでも面会制限と、面会者の手洗い・マスク着用を強化しています。

今までの通常の風邪やインフルエンザの時期だと、咳をしているお子さんを面会に連れてこられる方、けっこういました。注意しても「この子はいつも咳をしているので、大丈夫です」なんていう方もいらっしゃってびっくり。また新生児の兄姉を「お母さんに会えないのはかわいそうだから」と連れていらっしゃる祖父母。

今回を期に、意識が変わることを期待しています。

琴子の母さんの意見に賛成

 家にこもった生活をしろ、子育て中も親の楽しみを奪いストレスフルにさせるのかとの
意見もあると思いますが、乳児の体を一番に考え、やっぱり感染させないことも大事ですよ。
 舅姑から、感染症になってしまってかわいそう。母親に責任があるんだからという攻撃を
15年前にはよくうけて怒ったり、悲しくなったけど、子供にとってはよかったのだと今は
思えます。
 感染してから、この薬は大丈夫なのか。効くのか。副作用は?などまた問題がひろがるんです。ならないにこしたことはない。また『知らなかったあ』では大人はいいかもですが、
子供はそれこそかわいそう。

 防げることはしましょうよ。またはリスクを覚悟してでかけるならば。
       (子育て卒業、うるさいおばさん、いっかいの薬剤師)

ふぃっしゅさん

ふぃっしゅさん、こんにちは。
新しい場所でもまた、どうぞ宜しくお願いします。
(コメントの返信機能等がない事等等、些細な違いにもまだとまどっている私です…)

>今までの通常の風邪やインフルエンザの時期だと、咳をしているお子さんを面会に連れてこられる方、けっこういました。
---
そうなんですよね、“新型だから怖い”んじゃなくて、前から“不要な外出は控えるべき”事柄、場所柄等があったんですが、危機感が薄らいでいますね。
病院の面会は、殆どの場合、無理してまでいくべきことではないですね。
特に、産科病棟はもっと制限しても良いのかもしれませんね。

>注意しても「この子はいつも咳をしているので、大丈夫です」なんていう方もいらっしゃってびっくり。また新生児の兄姉を「お母さんに会えないのはかわいそうだから」と連れていらっしゃる祖父母。
---いつだか、大家族の母親が、分娩後の入院中が、唯一のその子との充実した時間だからというような内容があったことを覚えています。


>今回を期に、意識が変わることを期待しています。
---私自身も、もっと徹底して考えることを必要と学びました。

kayokoさん

kayokoさん
はじめまして。

>家にこもった生活をしろ、子育て中も親の楽しみを奪いストレスフルにさせるのかとの 意見もあると思いますが、乳児の体を一番に考え、やっぱり感染させないことも大事ですよ。
---親が窮屈で悩むことと、子供が重症化する、最悪の事態、子供が死ぬということを天秤にかけてまで考えないといけない、想像させないといけないというのが残念ですね。

>子育て卒業、うるさいおばさん、いっかいの薬剤師
---また是非、貴重なご意見をお聞かせください!
宜しくお願いします。

結婚式の出席をとりやめたら…

はじめてコメントさせて頂きます。こんにちは。

少し話題がずれてしまうかもしれませんが・・・
私は神戸出身ですが、現在は遠隔地に住んでおり、1歳になる子どもがいます。7月に友人が神戸で挙式予定で、子どもと出席する予定でしたが、神戸で新型インフルエンザが蔓延し、今子どもを連れて帰ることにとても抵抗があり、出席をキャンセルしたら、多くの友人から過熱報道に影響されすぎ…と軽く嫌味を言われてしまいました。

私としては、型のはっきりしたインフルエンザならまだしも、どこまで子どもに影響がでるかわからず、ワクチンもない状況で、帰省するとなれば電車に駅にと人ごみ必至ですし、子どもを敢えて危険に曝すのは親としてどうなのかと、考えに考えた上でキャンセルしました。冠婚葬祭の行事はよっぽどのことがない限り、出席をお断りするのは大変失礼にあたるのは承知の上。けれど、先日も子どもが元気に走り回っていたと思っていたら、いきなり嘔吐し、1時間経たぬうちに意識低下。子どもは元気とはいえども予備能が低く、ちょっとした親の過信で手遅れになることもあるというのが私の認識。何を優先するのか、何が今自分にとって大事なのか、と問われれば、もちろん母親としては仕事よりも友人よりも子どもの健康と考えて当然だとは思うのですが…。

みなさんはどう思われるでしょうか?

おふうさんへ

はじめまして。
こんにちは。

>何を優先するのか、何が今自分にとって大事なのか、と問われれば、もちろん母親としては仕事よりも友人よりも子どもの健康と考えて当然だとは思うのですが…。
>みなさんはどう思われるでしょうか?
---7月になって、もしかしたら新型インフルエンザの流行がおさまっていて、そうしたらもっと嫌味を言う方がいたり、おふうさん自身が今の自分の判断を悔やむことがあるのかもしれませんが、私は今の状態であれば、欠席という判断は当然だとおもいます。
医師の方で、『“新型”だから怖いとかではなく、本来インフルエンザは季節性でも怖いものだ』と仰っていました。

私はおふうさんの判断は、お子さんのためをおもっての判断ですから、自信を持たれるべきだとおもいます。

ご意見ありがとうございます

こんにちは。早速のお返事ありがとうございます。

そうですよね。インフルエンザは小児の場合は特に脳炎にまで及ぶ場合もあるといいますし、とても怖いものであり、できれば感染の機会からは避けてあげたいものですよね。親としての判断に自信を持とうと思います。ありがとうございました。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。