--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-13

自宅分娩と高齢出産

NHKの朝の連ドラ『ファイト!』で、酒井法子演ずる母親が、自宅分娩をしていた。
別にいいよ、自宅で産んでも。
どうせドラマの中では子供は死なないだろうし、私のように、逆子でも大丈夫なんて言っちゃうような助産師の設定にはならないだろうし、第一、ただのドラマだし。
でも、こういうただのドラマからして、影響を受けてしまう人は受けてしまうんだよね。
私の場合はドラマの影響じゃなかったけどね。
自宅分娩も検討したもん、妊娠初期に。
でも自宅をそんなに素晴らしい場所におもえていないから(掃除するのが私だから、衛生面に不安)、ちょっとおもっただけで、すぐに無理っておもった。

私の知人のまた知人の話。
面倒臭いから、知人の知人をAさんとします。
Aさん夫妻はヒッピーみたいな人たちらしく、A夫人が妊娠し、出産するにあたり、助産師も一切頼まず、旦那さんが出産に必要な知識を習得して、二人っきりでお産をしたそうです。
A夫人が二人目を妊娠し、今度は海辺で産みたいとかってなって、海辺でのお産になったそうです。
二人目のときには子宮が悪露と一緒に出てきたとかなんだとかで、救急車を呼び、大変な結果になる手前で無事に済んだそうです。
「出産手当金の30万円、丸丸貰えるから、私達もそうしよっかなぁ」
と、知人が言っていました。
本当に海辺で産んだのか、子宮が出てきたっていうけど、それも真実なのか、正直この話しにどこまで信憑性を感じられるか、かなりいい加減な情報だったのかもしれないけど、私も知人も当時は妊娠すら経験したことがなかったので、お産て実はこんなに簡単で、病院で出産したら無駄な費用を払うだけなんだなぁと話していた記憶があります。
私にはこんなことまでする勇気もないし、旦那もお産の知識を得てまでなんて、考えることもないから、この話にはこれ以上の興味がなかった。

私も琴子が生きていたら、きっと
「逆子でも助産院で大丈夫だよ、Hさんを紹介するよ」
なんて言ってしまっていたんだろうな。
悔しいし、怖い。
情報って怖い。
いかにもって感じで間違ったことを平気で言う。

ドラマの中の酒井法子は30代後半。
高齢出産となるのでしょうか。
経産婦になるので、該当せずでしょうか。
高齢出産の方は助産所もしくは自宅分娩、可能でしょうか。
ま、所詮はドラマですけどね、でもね、所詮のドラマでも影響力はある。
適当なことをされて(言われて)は困るんです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ちゅらさんでも

以前も朝ドラ「ちゅらさん」でも主人公が自宅出産してましたね。その義妹も同様に自宅出産、という流れだったな。



こないだ見た教育テレビの番組でも、母親が自宅で2人目を出産し、一年生くらいの長女がそれを見守る。。。というのをやってました。

NHKは好きなのかな?自宅出産・・・。

あんまり偏った情報ばかり流して欲しくないですね

朝ドラ

はじめまして。リンクをたどってやってきました。

帝王切開経験者の桃ままといいます。



確かにNHKは自宅出産、好きそうですね。朝ドラでわたしが知っているだけで3回目・・・。

「さくら」の時にもありました。確かあのときは出産に関する本を読んで決意し、周囲はびっくりしたけれど無事出産、やってきた助産師さんが「産み方は生き方」と連呼していましたね。

わたしはその時出産直後で、自分のお産を後悔していたわけじゃなかったけれど、「産み方は生き方、それじゃわたしはどうなるの???」と思ったわけです。

その後、家でネットをしていると、「出産の医療介入はNG、人間らしいお産を」なんてのがぞくぞく出てきました。「そう思うのもひとつの価値観かもしれないけど、本当にそれは人に勧めるほど安全なの?」それがずっと引っかかってました。

最近、「あかいふうせん」さんや、その他の皆さんのサイトを見て、「やっぱりわたしと同じように感じている人がいたのねえ」と感じた次第で、ちょくちょく仲間に入れていただくことにしました。



他のことでもそうだけど、実生活は実生活、ドラマはドラマと割り切ってなければいけないところがあると思います。でもテレビやマスコミの影響力は大きいのだから、出産のリスクについてもしっかりお勉強してもらいたいですね。

こんにちは

はじめまして!



今、放映されている「女系家族」でも偏った情報が流されていて気になっていました。



主人公の浜野文乃が妊娠しているのですが、妊娠初期の時点で腎臓が弱いとわかっているのに、医師から「妊娠中毒症で命を落とされる可能性があります。その場合は母体を守るため赤ちゃんをあきらめた方が・・・」などと頻繁に言われています。



勿論、妊娠中毒症はリスクがあると思いますが、あまりにも表現が極端なので無責任だと思ってみていました。



琴子の母さんのホームページ、応援しています!

Re:自宅分娩と高齢出産(09/13)

はじめまして。

高齢ママ*といいます。



知人のまた知人Aさんのお話を読み、何処にも同じような方がいるんだと思いました。

私の友人宅の斜め前のご夫婦が、まさにAさんと同じで旦那様が赤ちゃんをとりあげるそうです。その旦那様は普通のサラリーマンです。3人の子供をとりあげたらしいです。私の主人もお産の知識を得て・・・なんて努力をする方ではないので、無理ですけど。



確かにNHKは自宅出産が好きですね。

現実に私の知り合いも自宅分娩しています。

「良かったよ。やはりお産は自然じゃないとね。臍の緒は旦那様が切ってくれるし、上の子に命の尊さを教えることもできる」と言っていますが、私にはとても怖くてそんな事はできません。

彼女も3人目(一人は病院、その後二人は自宅出産)の時は高齢出産?(経産婦は高齢出産というのでしょうか)でした。妊娠糖尿病になって赤ちゃんが4000kg近くあったそうですが、えいん切開(やぶれる事なく)もなく出産できた!と、自宅出産をとても喜んでいました。

なので、産婆さんにもよるかもしれないですが、高齢出産でも自宅分娩は可能だと思います。でも、その産婆さんは初産の方は受けないそうです。



私は高齢出産を迎える予定ですが、持病があるので大学病院でNICUのある場所でしか出産できません。帝王切開の予定です。

彼女に「陣痛の痛みも知らず、母親になれるの?生まれてくる子供も我慢ができない子になる」みたいな事を言われて、少し帝王切開が怖い気がしています。

自宅出産で自然分娩をした方からみると、臨月もまたずに帝王切開になる私は、母親失格なんでしょうか・・・



琴子の母さんもこれから大変ですが、影ながら応援しています。

Re:自宅分娩と高齢出産(09/13)

私は自宅出産なんて考えてもいませんでした。というか逆に絶対嫌でした(笑)ちょっと不衛生なイメージがあるので。私は畳の上でもなく砂浜でもなく分娩台で産みたかったんですよ(^-^;a珍しいかも。



NHKは見てませんでしたが、フジのお昼の連ドラはしょっちゅう見ています。

ちょっと違うかもしれませんが、

無医島で分娩施設もない、東京からきた女医が一人。だけど妊婦は、この島で絶対産みたい。で、一緒にがんばりましょ!って分娩台とりよせて産ませてました。もちろん母子共に無事でした。

何かあったらどうするん!?って疑問でした。あれをみて錯覚?する人はいると思います。NHKの自宅出産も。

「お産は自然なものだからどこででも無事産めるんだ」って思ってしまいますよね。実際そんなことは無いのに、です。



所詮ドラマで作り事なんですけどね(-_-;a影響力はたしかにあると思います。



それと、高齢出産はたしか35歳以上で初産という定義だったと思うので経産婦は当てはまらないかもしれないですね。



Aさんのお話聞いて思いました。

無知って恐い((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

Re[1]:自宅分娩と高齢出産(09/13)

高齢ママ*さん

>彼女に「陣痛の痛みも知らず、母親になれるの?生まれてくる子供も我慢ができない子になる」みたいな事を言われて、少し帝王切開が怖い気がしています。

>自宅出産で自然分娩をした方からみると、臨月もまたずに帝王切開になる私は、母親失格なんでしょうか・・



帝王切開をしたからといって母親失格なんてことは絶対絶対ぜ~ったいに無いです!





「医療介入せず、自然な出産。陣痛の痛みに絶えてこそ立派な母親になれる」という考えは超自然分娩宗教といっていいほど偏った思想なんじゃないか?と私は考えています。でも全否定はしませんけどね。



それにしても帝王切開が決まっている人に酷いことを言うものですね…。きっとその方は帝王切開に関する知識をほとんどお持ちでないのでしょうね。



何かお悩みのようなのでレスしました。

よかったらこちらも紹介させてください。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~withkumo/index.htm

帝王切開の部屋というページがあるので行ってみて下さい。ご存知でしたらすみません。



琴子の母さん、場所をお借りしました。ありがとうございます。

Re:自宅分娩と高齢出産(09/13)

Aさん夫妻、もしこれが実話で母子ともに助かったのなら

幸運に感謝するしかないね。



私もドラマの設定がいちいち気になるタイプ。

我が子を亡くしてからは、今まで以上に妊娠・出産に関する安易で適当な設定が腹立たしくて、

TVに向かって文句を言う機会が随分増えたよ。

たかがドラマ相手に、ここまでひねてんのは私だけかと

多少肩身の狭い思いをしてたんだけど

同じように感じてる人がたくさんいてくれて、よかった・・・。





高齢ママ*さん



はじめまして。

私は陣痛がついての出産と帝王切開、どちらも経験しました。

が、「帝王切開の方が楽チン!」なんてことは決してなかったです。

今また赤ちゃんを待っているのですが、今すぐにできたとしても35歳での出産。

高齢の部類に入るうえ、前回のトラブルにより

今度は「高リスク妊娠」となるらしく、「早めの予定帝王切開」が大前提と言われてます。



どんな方法でも、母子の命が掛かってるんです。安全が一番大切!!

もし何かあっても、最も適切な処置を受けられる施設や出産方法を選択されてるんですから、

責任感のある立派なママじゃないですか。

帝王切開だと母親失格だなんて、そんなことないです。絶対絶対思わないでくださいね。応援してます!

こんにちは

琴子ちゃんのお母様、こんにちは。

サイト再開されてんですね。お伺いするのが遅くなってすみませんでした。



以前、琴母さんのサイトに私が訪問させてもらったきっかけも、ある漫画で自宅出産が当然であると、無責任に描かれていたことでした。そして相変わらずテレビで等のメディアで、あるいはフィクションで、『自然なお産の素晴らしさ』という偏った情報が垂れ流され続けられています。

(全然関係ないけど、保険会社のCMで幼稚園で子どもの具合が悪くなって親が迎えに行く、というのも大嫌い)



今更マスコミに中立性を求めるのは無理かもしれませんが、ことは命に関わるんですから、やはりもう少し勉強してもらいたいです。



これからも応援させてくださいね!!

ちょっと待ったあ!?



妊娠糖尿病になって赤ちゃんが4000kg近くあったそうですが、えいん切開(やぶれる事なく)もなく出産できた!と、自宅出産をとても喜んでいました。



その方、だいたい妊娠糖尿病で自宅出産っていうのがが???だと思うのですが。

今は、助産院出産の公式基準があって、扱ってはいけない人の中に、「妊娠糖尿病」っていうのがあるようですよ。

http://allabout.co.jp/children/birth/closeup/CU20040531A/?FM=cukj&GS=birth



まあ、その方が出産された頃には、まだその基準がなかったかもしれないけれど、そこまでお産にこだわる人が、本当に必要なことを知らないのは、とても危険ですね。やっぱり出産に関する情報が偏っていることもあるんでしょうね。



>彼女に「陣痛の痛みも知らず、母親になれるの?生まれてくる子供も我慢ができない子になる」みたいな事を言われて、少し帝王切開が怖い気がしています。



たまたま自分がうまくいったからといって、どうしてそんなことが言えるのでしょうか。ホントにムカ!ですね。



>自宅出産で自然分娩をした方からみると、臨月もまたずに帝王切開になる私は、母親失格なんでしょうか・・・



帝王切開に臨むことによって、お子さんが無事に誕生できるって、誇れることではないでしょうか。一番大切なことは、やっぱり「母子ともに安全」であること。高齢ママ*さんが、一番いいと思われる場所で、自信をもって出産してくださいね。

応援します・・・

Re:ちゅらさんでも(09/13)

まいっちんぐ1025さん

NHKでは確か、二人の助産師を熱心に支持しているんですよ。

片方は若い方で、多分都内のKという助産師。

自宅分娩も扱っている助産師。

もう一人は年配の助産師。

どちらも確かプロフィールに

『NHKのドラマのモデル』

みたいにあったのを記憶しています。

まるで自宅分娩の“宣伝活動”ですよね。

Re:朝ドラ(09/13)

桃ままさん、はじめまして。



そうでした、「さくら」でもありましたね。

富士真奈美でしたっけ、台詞が甦ってきます。

「案ずるより産むが易し」だったとおもいます、その週のテーマは。

「医療介入はNG」っていっても、それを守っているかどうかなんて、いざとなったら有耶無耶ですよー。

日本助産師会に出向いた時に、助産師Hが琴子に注射を打ったこととかを言ったら、

「緊急時には許される」

というようなことを言っていましたからね。

曖昧なんですよね、結局は。

お産の途中って、どんな場面でも緊急時じゃないですか、だったら何されたって「緊急時だったから」で済んじゃいますよ、本当に怖いんですよ。

自宅分娩もやりたきゃやりゃぁいいですよ、でもその代わり、子供の命と母親の命を失う覚悟をさせる必要があるはずなんですよね。

そこまでもが曖昧で、全てが曖昧なんです。

で、無事に生まれたらそこだけが明瞭に伝えられていく。

だったらNHK、江戸時代や戦国時代のドラマで、ばんばん出産シーンを取り込んで、当時を再現し、母子の命がどれだけ失われたかも伝えていくべきです。

ドラマ如きに熱くなり過ぎ!って言われちゃうかもしれないけど、でも本当に影響力が凄いんですからね、『昔が良い』ってことは、そういうことなんですよって、琴子に申し訳ない気持ちで一杯です。

Re:こんにちは(09/13)

***さん

はじめまして!

『女系家族』は旦那が見ていて、私は旦那というフィルターを通して聞いているので、中毒症というのは知りませんでした。

原作でも中毒症なのでしょうか。

私が見た『女系家族』の中の主人公は走っていましたよ。

腎臓が悪いという持病がある上に中毒症…それでも主人公が走るというのはあまりにもお粗末。

あとあれ、不妊の話もありましたよね?

旦那のフィルターは目が細かすぎるのか荒すぎるのか、省略され過ぎていて、どうして子供が得られないと断言されたのかがわかりません。

なんだか軽く扱うべき言葉や問題ではないとおもうんだけどなー…



これからもよろしくお願いしますね!

Re[1]:自宅分娩と高齢出産(09/13)

高齢ママ*さん

はじめまして。

まず、母親失格なのは「陣痛の痛みも知らず、母親になれるの?生まれてくる子供も我慢ができない子になる」と言うお友達の方です。

私は確かに助産院で産みたい派でした。

でも、帝王切開を否定していなかったし、もし最後の健診で逆子だって言われていたら、病院に行っていた可能性はゼロではなかった。



産みたきゃ好きなポーズで産めば良いですよ、でもそれをいちいち人に言うことではないですよね。

下着の色をいちいち言うのと同じですよ。

私は琴子の妊娠中に、助産院で産んだ友人に旦那さんが撮影した分娩中のビデオを

「見る?」

と、誇らしげに言われたことがあります。

そういうの、あんまり好きではないんで断ったんですけどね、

「そっかー、○ちゃんは出産前に見て、大体のイメージが持てて良かったって言っていたよ」

って言われました。

ちなみに○ちゃん、42歳で初産、高齢出産、尚且つ助産所は私と同じH助産所。



臍の緒を切ったと自慢する人も結構いますね。

うちの旦那も琴子のときに切ったんですけど、その後、臍の緒を切ったことで私達が素晴らしいと思えたことは一度もないし、これからもそこに『お産の醍醐味』を求めることは皆無です。

そのくらい、小さいことです。



お産で一番大事なのは、素敵な空間でも自然にかえることでも、家族が見守っていることでもなく、母子の命なんですよね。

大体、矛盾していますよ、昔のようなお産ていうけど、助産院ではテレビを見てリラックスだとか、アロマでリラックスだとか、好きな音楽をかけてリラックスだとか、足をマッサージしてリラックスとかetc.これの一体何処が昔のようなお産なのでしょうか。



高齢ママ*さん、帝王切開だって立派なお産です。

私も応援しています!

Re[1]:自宅分娩と高齢出産(09/13)

りおか557188さん

フジのドラマ、私も見ていました。

あと、Dr.コトーでもありませんでした?

なんだかフジも『超自然分娩宗教』信者のようですねぇ。

臭うなぁ。



『超自然分娩宗教』、破防法を適用できないもんでしょうかね。

私は経膣分娩しか経験していません、リンズも経膣分娩でしたが、『お産て素晴らしい!』なんておもいませんでした。

痛みとかそういうことじゃなく、とにかく子供の命は儚くて簡単に消えていってしまうんだっていう不安との戦い。



本当は経験からしか知識は生まれないんですよね。

でも、経験がないくせに知識を安易に、それも間違った知識を生んでしまう…帝王切開だって立派なお産です!



P.S.

有効なサイトの紹介などなど、もうどんどんばんばん頼みます!

Re[1]:自宅分娩と高齢出産(09/13)

めぐみさん

本当、Aさん夫婦はその幸運に感謝する日々を送って欲しい。

もし、どうしても自分達のお産話を武勇伝にしたいのならば、自宅で、家族だけで称えあって欲しい。



凄いよ、このAさんの知人というか、私の知人。

Aさんの話は皆に話して伝えていたけど、琴子が亡くなったあとはパッタリ、一度もうちに連絡してこないもん。

なんていうかな、ここでは知人のことをあまり深くは話せないけど、確実に私達夫婦を避けたんだよね。

「うまくいったお産の話」じゃないからね、うちは。

こういう秤にのせられて、落とされたって感じたよ。

Re:こんにちは(09/13)

るんさん、こんにちは。

お久しぶりです!



『ブラックジャックによろしく』は読まれましたか?

あの中でNICUでの研修の話しがあるのですが、あの話には共鳴できました。

100%とはいえないけど、でも漫画という表現の手法の中では十分、読み応えのある内容でした。

もしまだでしたら是非…(おうちが近かったら貸すのになぁ)



私が記者発表をしたのも、偏った情報の垂れ流しに警鐘を鳴らしたかったからです。

産科の医療問題を取り上げると、その下からノソォ~っと自然分娩が首を上げてくるようになってしまいましたが、まるで助産院や自宅分娩なら事故はないとおもわせてしまうかのような現状。

琴子への謝罪の気持ちも含めて、正しい情報にどうにかして修正したいです。



これからもよろしくお願いします!



Re:ちょっと待ったあ!?(09/13)

桃ままさん



http://allabout.co.jp/children/birth/closeup/CU20040531A/?FM=cukj&GS=birth

拝見しました、今の私にはとても有益な情報で、私も助かりました。

ありがとうございます。



糖尿病の妊婦さんの受け入れは、多分前からアウトだったとおもいます。

あと、高齢出産の定義は40歳に近い人なら経産婦さんも入るようですね。

しかし実に曖昧な表現。

断言はされていないんですよね。

こんな表記で本当に良いのかよッ! って、近く助産師会に言います。

Re:自宅分娩と高齢出産(09/13)

初めまして。琴子ちゃんのこと無念ですね。

ドラマのように視覚から入るものって、人の中に強く残りますね。文字もそうだけど。

自然なお産、っていうものが確かに、とても流行りましたね。わたしは2児を緊急帝王切開しましたが、2児共に極小未熟児だったため、生まれて一週間、二週間で亡くなりました。

一番大切なのは、母子の命です。

今も、そんな危険なことがまかり通っているのですね。

裁判は辛いでしょうが、頑張って下さい。

お産はファッションではないのだから。



横スレになりますが。高齢*ママさん。

「陣痛の痛みも知らず、母親になれるの?生まれてくる子供も我慢ができない子になる」

一体何処から、帝王切開すると我慢できない子が生まれるなんてことになったのでしょうね。陣痛の痛みを経験しないと一人前じゃないような言い方をされる方もいますが、そんな外野に振り回されないで、元気な赤ちゃんを生めますように。わたしは三度の帝王切開で、ようやく元気な一児を授かりました。大切なのは、母子共に、元気なことだと思います。

Re[1]:自宅分娩と高齢出産(09/13)

ねこのこの星さん

はじめまして。

私もねこのこの星さんのサイトにお邪魔しました。

お嬢ちゃんお二人とご主人さん、天国から見守ってくれているのですね、切ない気持ちで感謝しています。



お産はファッションじゃない、本当です、御尤も。

正になんですよ、正にそうなんだけど、厳しいことを経験しないと、なかなかそういうわけにはいかないようです。

洋服を選ぶようにお産を選んで…これって、マスコミ等の罪が大きいとおもいます。

勿論、医療従事者や助産所の説明不足や扱いの軽さにも問題はあるし、マスコミだけが悪いとは言わないけど、発言力や影響力を考えていくと、マスコミがお産は必ずしも素晴らしいことばかりではないと、同様にきちんと伝えていってくれないと、バランスが崩れてしまったままです。



これからも宜しくお願いします。

No title

昔の記事にコメントしてもよろしいでしょうか?

私の母の口癖は
「お産は病気じゃないという人は多いけど
 今も昔も亡くなる方もいる。
 何もないで生まれてきたら運がいいだけ。
 だから、簡単に考えてはいけない」
でした。これは祖母も口をすっぱくして言っていたそうです。
私は一人目を帝王切開、二人目三人目を自然分娩で出産しました。
その経験を踏まえた上で、なぜこの様な偏った自然回帰が提唱されているんだろう、と疑問を持っていました。
その手の本を結構読みましたが、非常に偏っており病的ですらある。
良いものでも大量に摂取したり、他と対比しないで妄信すれば毒となる。
恐ろしいなと思います。

例えば私の一人目の時、産婦人科医に太鼓判を押されるくらい模範的な妊婦でした。本に掲載したいくらいだと言われていました。
つわりはひどかったものの、体重増加は6.5キロ、逆子にもならず、妊娠中毒症、むくみ、貧血、頻繁な張り。一切ありませんでした。
ただ子供が下りてこなくて、予定日を10日以上過ぎて慌ててレントゲンを撮ったところ、赤ちゃんが子宮口の入り口でひっかかっていたのです。
そのまま陣痛促進剤を使っていたらひどい事になっていました。

こんな人もいるわけです。
もしかしたら私が江戸時代にとかに生んでいたら、どちらも死んでいたことでしょうね。
自宅出産という言葉の裏側には、「私達は普通の体で普通に出産できるのだ。これが普通という事なのだ」という傲慢な(とあえて言います)気持ちが隠れているように思われます。
その他は自然淘汰されて当たり前だと。
出産は運などで語ってはいけないと思います。

すいません。強く言うつもりはなかったのですが
最後の出産から10年以上。
一人目を生んでから「自然に生むのが当然」という書籍や考えに
大きな危惧を覚えていたものですから
語ってしまいました。
乱文失礼いたしました。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。