--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-16

命の保障

『助産院で産んでも、病院で産んでも、特別な医療介入がない限りは出産費用はそれほど変わらない』
不思議だ。

助産院では医療介入はあってはならない(琴子とのときにはあったし、助産師会もそれを違法とは言わなかったから謎を含む)。
私が琴子を産んだH助産所では、陣痛で何泊かかろうと、大体25万円と言われた。
当時は「なんて良心的!」とおもったけど、H家の家で産むだけで、食事だって結構悲惨だったし(スーパーのお惣菜とか)、旦那も一緒だったから二人分といえばそうだけど、お風呂も入らなかったし、テレビも見れないし、とにかく産む部屋にいるだけ。
なんかで決められているんだろうけど、病院ならある程度は設備が整っているわけで、尚且つ総合病院や、NICUのある病院なら搬送時間も省略され、安全が比較的高い数値で確保されることになる。

25万円という値段は助産院の中でも比較的安い方になる。
私の知人は助産師の資格を持ってはいるが、開業をしているわけでもなく、ある町の個人開業医の産婦人科の分娩台を借用し、“助産師だけで産む”という、ちょっと変わった助産業をしている人のところで産んだ。
分娩台を借りているだけなので、産んで数時間休んだらすぐに帰宅。
出産翌日以降、3日間ほど、自宅まで助産師が健診にきてくれるそうだ。
だけど出張費だのなんだのと、きちんと計算されているから、トータルで40万円くらいは支払っていた。
私はリンズを総合病院で産んだ。
会陰切開と吸引分娩。
5日間の入院。
昼間の分娩だったためか、同室の人たちの中でも比較的安い方だった。
41万円程度。

H助産所では嘱託医が誰だったのか、今でも知らない。
嘱託医が誰であれ、琴子の場合は緊急医療に対応できるところに搬送されるべき状態だったろうから、救急車での搬送となる。
となれば、救急車をよんで来るまで、果たしてどのくらいの時間を要するのか、一番近い緊急病院はどこにあるのか、どのくらいかかるのか。

助産院によっては、産婦が入るお風呂が家族風呂ってこともありえる。
H助産所はそうでした。
ただ、入浴していいよとは言われなかったから入らなかったけど、衛生面、どうだったんでしょう。
まさか、こんなお風呂で「水中出産!」なんて、やっちゃっていませんよね?
水中出産の場合、ぬるめのお湯だから、ばい菌が繁殖し易いので、かなり厳しく管理した環境でないと、怖いことが起こり得る状態です。
勿論、水中出産の良い面もあるでしょう。

昔のお産は、6割の子供が生きて生まれれば良しと言われていたそうです。

私が琴子を産む頃には、こういう話が耳に届きませんでした。
残念なことに、誰もアドバイスをくれなかったというより、誰も知らなかったということです。
知っていても言えなかったという人もいたのかもしれません。

もしもこれから助産院もしくは自宅分娩をされるという方がいたら、是非、再確認してみてください。
別に私はそれを否定したいだけなわけではなく、じっくりと考えるべき問題ばかりを含んでいるのがお産だとおもうからです。
生まれてからどうやって育てるかなんてことは、生まれてから考えれば良いことで、まず、子供を無事に産む環境にあるのか、自分の命が危険にさらされたとき、子供の命と自分の命がどこの病院に搬送されるのか。

お産こそが十人十色、それは母体のことだけじゃなく、お腹の子供のことも。
二人目だから安産とかって言う人もいるけど、リンズもちょっと危険がありました。
一人目の方が楽だったと言う人もいます。

どうして医学が進歩したのか、私はそれをもっと知るべきでした。
そして、多くの情報の中で、決心するべきでした。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

助産院の費用

って結構かかるのね。

知らなかった。



でも琴母さんの行ってた助産院、

「自然な出産を」とか何とか言って食事が「スーパーのお総菜」っておかしいわ。

添加物とか油とかたくさん入ってること多いのに・・・

そんなのがこれから子供を出産し、その子に母乳を与える妊婦に良いわけ無いやん!



そこまで「自然な出産を」とか何とか言うのなら、

食事に関してももっときちんとすべきでしょう。

なんか余計にその助産師に対して腹立ってきた。



ほんとだね

「家庭的」「自然体」を謳いながら、食事やお風呂がそんなんではね・・・



私が通っていた産婦人科には、水中出産の危険性を説いた説明書きが掲示されていました。

「自宅のお風呂や簡易プールのようなものを使って水中出産をさせる助産師やそういう団体があるが、衛生的に見ても問題があるし、そのような設備で母子の安全が守れるのか疑問だ」って。



昔、保険体育の授業か何かで、水中出産のビデオを見せられました。

こんな生み方があるんだ、これだと楽に気持ち良く生むことができるんだろうなって、当時の私は感じました。



実際自分が妊娠してみて、病院で産む意外の道は考えなかったけれど、そんなふうに安易に色んな情報(しかも、その危険性を全く省いて、ただ良い面だけ。)を見せられ、信じさせられてしまったら、「その裏にあるリスク」についてなんて考えもしないでしょうね。



昔はお産で多くの母子が残念な結果になっていたのが、医療が進歩して、お産で命を落とす母子が減りました。

それを考えないまま「医療介入に頼らぬ自然なお産の素晴らしさ」ばかりを謳って、「お産は自然であるもの」「お産は病気じゃない安全なもの」と言うばかりで、必要な医療措置すら行わず、それで何かあってもその事実は公にされないなんて、詐欺としか言えません。

きのう

出てきた「逆子直し」について、ゆうべちょっとだけ調べてみました。

どうやら、昔の産婆さんは得意な方が多かったそうですが、やはりそれ相応の危険を伴う技術だそうです。だから、母子の安全を考えれば、やっぱり設備の整ったところでやるべきなのですね。(私のかかった病院ではしているという話を聞いたことはありませんでした。でも規制がないためか、助産院などでもやっている所はあるらしいです)

http://blog.livedoor.jp/ikebon906/archives/21859768.html



「魔法の手で逆子矯正」を信じてしまうと、いい話ばっかりでこんな事実は耳に入らなくなってしまいますよね。昨日エドガーさんがあげられていた新聞記事の「逆子が治らなかったのは今までに一例のみ」「産まれた子どもはほとんど黄疸がない」というのも???です。たとえ助産師さんの技術自体はすばらしくても、そういうミラクルな話がでるとちょっと信用できないな、と思うのは私だけでしょうか。





ひとつの選択肢として、自然出産というのはあり、と私も思います。でもそれは、本当に危険を冒してまでする価値があるのか?どうして「それでなきゃダメ」と言われてそんなにたくさんの帝王切開ママが傷つくのか?どうして良い点ばかりを強調し、危険については「助産師に経験があれば・・・」でお茶を濁すのか。助きちんと納得できる答えがあればもっと信頼できるのに、と思います。

つづき

調べている途中で、掲示板だったと思いますが、「○○助産院で、院長先生から逆子でも双子でも産ませます。50年開業していて事故はゼロです、と言われたので安心してお任せすることにしました」というのがありました。「助産院で出産すると子どもの一生がかわりますよ」と投稿していた人もいて。



やっぱり氷山の一角なのかな~。そうは考えたくないけど・・・



ところで急に秋らしくなってきましたね。風邪などひかれぬように頑張ってくださいね。わたしも微力ながら応援します。

どこで知識を得ればいいんだろ、と思ったり

まいっちんぐ1025様



私が知っている宗教団体こそが、まさにまいっちんぐ1025さんが病院でもらった説明書に記載されていた団体だと思います。その団体はやはり自宅の風呂(それも湯の入れ替えをしない24時間風呂)での出産を勧めており、事故も何件も報告されているそうです。今も信者はいるのでしょうか?その後の報道がほとんどないので、どうなっているか分かりませんが。。。。



ネットというものが発達して、物事を調べるのが以前よりも容易になりました。

でもそれ以前は口コミ、年長者からのアドバイスなどを頼るしかなかったと思います。なんといっても医療機関自体が患者に対して、適切な説明をしない時期が長らく続いたし

(未だにインフォームドコンセントって何?ってな医者も多いかもしれないけど)

患者側は医師や助産師の言葉が絶対と信じるしかなかった。しかしその医療側がこれほど杜撰でデタラメなことをしていて、私達はどうやって身を守れというのだろうか?



特に妊娠出産に関しては

「病気ではない」「案ずるより産むが易し」の考えが横行してしまっていて、この意識を変えるのはとても難しいですよね。私も死産するまで安定期に入れば、無事に生まれるものだとばかり思ってましたから。妊婦向け雑誌だって

「異常があったけど、気にしなくて大丈夫でした~」という記事ばかりだし。。。



一体年間に何件の悲しいお産があるんだろう。

また、そのうちの何件が無責任で無知な医療従事者によって引き起こされたことなんだろう。

具体的な数字をもって、「お産なんて なんてことない」と言ってる奴の顔面に、つきつけてやりたい。



ん~、怒りモードに入ってしまったから、うまく自分の考えがまとまらない。すみません。



あ、もちろん、いいお医者さんもいらっしゃることは言うまでもありませんので。

もしも心ある医療関係者の方が読まれた場合には謝罪いたします。

Re:助産院の費用(09/16)

くまぴょんの妻さん

でしょでしょー、さすがにお惣菜をお皿にうつしただけの夕食を見て、

「?」

とおもったけど、もうその場ではどうしようもないし…



くまぴょんの妻さんのご指摘とおり、食材にまでこだわった助産院はあまりありません。

生卵も出されました。

私は外国人の友達に『タマゴノナマハダメダヨ!』とさんざん言われていたので、妊娠中は控えていたから食べなかったけど、食事には始終疑問符。

別室だけど、家族が同時刻に食事をするわけですがね、25万円も払う立場の私達が気を使うようなポジションにいて、あちら様はテレビとか見て、ワイワイガヤガヤ。

オカワリも言い難くって。

アットホームっていうのはこういうことかと、そのときはギャグのようにダンナと部屋(ここだけは貸切だけど)で言っていました。

まぁ、ぼったくりですわな。

母子が元気にさえ生まれていれば、こういうことも笑い話で終ってしまうのかもしれないけど、やっぱり冷静に考えるとおかしいですよね。

Re:ほんとだね(09/16)

まいっちんぐ1025さん

リンズを出産した総合病院では、水中出産を薄っすらと推奨しているんですけど、組み立て式の湯船で、その人のためだけに組み立てて、湯もその人のためだけで…と、衛生面では当然、徹底して管理しているそうです。

ただ、実際にここで水中分娩をした方を知らないので、評判は一切聞きませんでした。

あ、友人の友人が水中出産を希望したけど、なんかの理由で断られてしまったと聞いたな。

しっかりと断ることをする病院と言えますね。



私もどこかでビデオを見たな。

テレビだったかもな。

スルット産んでいた。

でもこれも怪しいですよね。

難産でしたとか、亡くなってしまいましたとなると、番組の趣旨に反するから扱わないってだけのこと、十分にありえますもんね。



助産院によっては、きちんとリスクの説明をしてくれるところもあるとおもいます。

まだ実際にお会いしたことは無いけど、きちんと説明しているよと、人伝に聞いたことはあります。

病院によっては、粗悪で、雑で、怖い病院もありますから、どちらにしても、受ける人の人柄とかも関係してしまうし、一概にどっちがどうとは言えないけど、やたらと「良いよー」ってなうたい文句は怪しいですね。

うちのほうにある産婦人科はやたらと宣伝に力を入れている。

建物も綺麗で、ゴージャスなお産を謳っている。

でもここでは過去に、恐ろしい事件があったとかで、悪い評判も聞えてくる。



私の友人で病院に勤めている人の評価基準は

「やたらと綺麗な病院は考え物」

ということでした。

不衛生なのも問題だけど、みてくれだけでは評価してはいけないということでしょうね。

助産院も、「なんかよさそう」なんてことだけで選んで欲しくはないです。



矛盾してしまったかな?

Re:きのう(09/16)

桃ままさん

逆子直しは昔は当たり前のようにやっていたそうです。

でもその分、臍の緒が絡まった子も多かったみたいです。

琴子の場合は多分、一度も逆子が直っていなかったんだとおもいます。

一度は直ったのかもしれないけど、でもあのときも直っていなかったのかもなぁと、最近おもいます。

リンズも実は途中で一回逆子になりました。

リンズは自分から頭位に戻ってくれたのですが、臍の緒が絡まっていました。

逆子直しが必ずしも原因とは言えないけど、要因とはなり得ますよね。

逆子の原因も冷えだのなんだのと説は色々だし、直るのも子の気まぐれとしか言いようがないし…

教えてくれたサイトも拝見しました。

ありがとうございます。

文中「4」のリスクを承知した上で治してもらう…うーん、正直、琴子の経験があるので、これほどまでにいい加減なことを! とおもってしまいます。

私も琴子の経験がなかったら、相変わらず無責任な知識のままで生きてしまっていたかもしれないので、あまり威張ってはいえないのですが、どこかで皆、「うちは大丈夫」っておもってしまっているんですよね。

私もそうでしたよ、きっと。

だから、子供が死ぬかもなんておもいながら産むことなんて考えもしないというか、それはどこか他所の出来事みたいなくらいに考えているから、リスクを承知なんて簡単に言えてしまうんじゃないかな。



逆子を治すのを私もやりましたけど、羊水の量だとか臍の緒が絡まっているだとかないだとかって、確証をもっては誰も言えない事ですよね。

『羊水の量OK、臍の緒OK』って、胎児の身長とかだって適当だというのに…



黄疸も逆子直しもミラクルです。

黄疸は説が色々とあるから、こういうことを『素晴らしいお産婆さん』判断基準に置くのは間違いですね。



自然に任せるということは、逆子であることも自然のこと…ということは誰も言わないもんなんです。

Re:つづき(09/16)

桃ままさん

>ところで急に秋らしくなってきましたね。風邪などひかれぬように頑張ってくださいね。わたしも微力ながら応援します。



ありがとうございます。

是非、これからもよろしくお願いします。

桃ママさんも御身体、ご自愛くださいね。

Re:どこで知識を得ればいいんだろ、と思ったり(09/16)

るんさん

えー?!

24時間風呂でやっちまっているんですか?!

いやぁ~、そりゃもう…

24時間じゃなければ安全というわけではなく、うーん…



ネットの普及で情報が円滑に、溢れるほどに入手出来るようになったというけど、私は逆子のキーワードで探しても、当時は

「犬の逆子」

がヒットするばかりで、助産院で逆子を扱ってはいけないなんて、全く皆無でした。

今、非常に悔しいんです。

また、近くの人の声にも、「逆子は駄目でしょ、助産院」なんてなかったし、むしろ、

「え? 逆子って駄目なの?」

ばかりです。



本当に、年間での統計を出して欲しいです。

少子化だとか子供は宝だとかって言うけど、ことが胎児となると、途端に薄情になるんです。

損害賠償も胎児だと慰謝料は1000万円が上限で、新生児となると3200万円となるんですよ。

お金でしか表現できないことだから、どっちにしても親の心としては落ち着くことは無いけど、数字だけでの表現としても、この違いは明白ですよね。

費用のこと。

費用のことをみてちょっと驚きました!

私は誘発3日間と産後10日間で約2週間の入院と平日昼間の緊急帝王切開でしたが30万でおつりがかえってきました。費用のことは様々でしょうが、助産院はもっと安いのかと思っていました。。



それにしても、妊婦にスーパーの惣菜!?信じられません。私だって惣菜を出したことはないのに…。



私は分娩台で産むのが夢?だったので水中とか自宅とか考えたこともなかったですが、是非そうしたい!いう方もいらっしゃるんですよね。



ある掲示板に「病院探し」のスレがあって、そこにも「助産院がいいよ~」という書き込みがありました。私はたまらず「リスクがあることも頭に入れておいてください」と書き込みしました。「オーバーだなぁ」なんて思う人もいるでしょうけど。。



たしかに、知らなくても一生困らない人もいるし、知らないがゆえに困る人もいるわけで…すみません。まとまらなくなってきました(-_-;a

初めまして

私は3歳の男の子と11ヶ月の女の子の母です。

長男は逆子だったので、こちらを読ませていただいて、涙がとまりませんでした。

私は、産院で長男を逆子のまま普通分娩で出産しましたが私だって、いつどうなるかって感じでしたし



私は、31週の時に検診に行った時に「逆子になっています」といわれました。本当は逆子体操とかをするらしいのですが、私の場合、子宮こうが柔らかいし、お腹の張りもあり「ウテメリン」を処方されていたし、お腹の位置&ベビもさがりぎみだった為、逆子体操をすると早産になる可能性がある為、逆子体操は、一切できませんでした。



足とかが下の場合は、ベビより先に他のものがでてきてしまいベビが危険になる為、帝王切開になるといわれました。

そのときはお尻が下の体勢とはいえ 、私もいつベビの体勢がかわるかからないので、骨盤の形のレントゲンをとったり・・・と帝王切開のためのこともしました。





助産院の費用って結構かかるんですね~

費用のことですが、長男は平日でしたが、ベビは祝日うまれですが35万もかからなかったですよ~

私の友達も同じ産院で出産したのですが、平日&診療時間に出産したので27ぐらいだったそうです。



文章が下手なので話が変だったりしますが、すみません m(m_m)m



最近は、いろいろな事件がありますが、琴子ちゃんはママにこんなにも愛されて幸せだと思います。







Re:命の保障(09/16)

水中出産、実は私も長男出産前に「いいかも!」と思ってた時期がありました。TVで見たんだけどね。

産婦さんの自宅にビニールプールみたいなお風呂を組み立てて、その中で産んでたよ。

お湯に浸かっていることで陣痛も和らぐし、赤ちゃんも羊水の中にと同じようなところへ出てくるから、ストレスが少ないとかって言ってました。

あの番組を見た限り、水中出産って「いい事尽くし」って感じだったな。



費用に関しては、私もなんとなく「助産院って安いんだろう」と思ってたのに

結構な額に、その額に全く見合ってない対応にびっくり!!

私が長男を出産したのは個人の産婦人科医院。

日曜のお昼に会陰切開&吸引で生まれ、部屋は個室。産後5日目に退院。

食事は「豪華」ってことはなかったけど

3食とも栄養のバランスを考えられてて、すっごくおいしかったよ。

で、30万でちょいお釣りが有ったかな。

昔(H9年)のことだから、今とは基準が違うかもしんないけど・・・。

次男(H15)の時は・・・いろんな治療や手術でさすがに高額でした。

子供を産むのって、何かとお金かかるよね。妊婦健診も高いし・・・と思わん?

安全のためといえばそうなんだけど・・・。

Re:費用のこと。(09/16)

りおか557188さん

エーッ!?

帝王切開・10日間の入院で30万円でお釣りがかえってくるのですか…意外でした。

これって、保険が適応されるからなんですか?

素朴な疑問でもあるのですが、もしよかったら是非教えてください。

ちなみに、栃木県は妊産婦医療費控除とかっていう制度があり、妊娠中から出産直後までの期間に掛かった医療費の保険適応分は全額控除となるのです。

前払いして、後で申請してから戻ってくるのですが、出産によって還って来たのは確か1万5000円程度。



すみません、今回はやけにお金のことに固執した内容になってしまいましたが、実はこの問題に潜むことがあります。

病院だと保険のこともあるし、なによりも母子の記録というのは絶対に残りますよね。

でも私の場合は助産師がカルテを作成していませんから、記録が一切ないわけです。

請求額も常にバラバラだったでしょう、「大体25万円」というのが基本料金ということになり、あとはどういうことを計算していくのかもさっぱり分かりません。

きちんとした計算基準・規定を設けて経営している助産院もあるとおもいますというか、それが当たり前なんでしょうけど、私のように杜撰な管理…というようりもなにも管理すらしていない状態は“特別に稀なことではない”のです。



この辺の話はまたしますが、想像以上にいい加減な世界です。

Re[1]:命の保障(09/16)

めぐみさん

長男君はリンズと同じような感じの処置の上に、更に個室で、そんでもって30万円でお釣りがあったのですか。

時代の違い?

でも随分と前から出産費用って高いって言われていたから、今とはそれほどには違わないようにもおもえるし…



私は流産の経験もあるけど、最初にかかっていた病院では手術費用の仕度を10万円くらいと言われ、びっくりして流産の経験のある友人に聞いたら、

「それは高い」

と言われ、流産した心中、近くの町の病院に電話をしたら

「うちなら1万5000円くらい」

と言われたので、最初の病院の予約を破棄して、後の方でお世話になったんだ。

最初の病院は中絶と流産の処置を同じ計算にしているのか違法なのか、今でも正しい答えはわからない。



水中出産や助産院でのお産などで“素晴らしかった!”といえるのは、あくまでもそのお産が安産だったということだからだろうね。

水中出産の規定を知らないのだけど、分娩が始まってから難産となると、どこまで水中出産にトライさせるのか。

いくら分娩前に子の状態を入念にチェックすると言っても、おもった通りにいくとは限らないしね。

もし知っている方がいたら教えてください。

Re:初めまして(09/16)

AQUAさん

初めまして。



長男君も逆子ちゃんだったんですね。

逆子ちゃんだと胃を圧迫し続けるから、臨月になると楽になるということがなく、私はいつも胸やけがして、

「早く産んで、胸焼けとおさらばしたい!」

と、呑気なことばかり考えていました。

助産師Hに逆子が直ったと言われたあとも胸やけがあったので、

「逆子のような気もする」

と、ダンナに言っていたんです。



長男君はお尻から出てきてくれたんですね。

時々聞く話で、

「逆子だったから帝王切開をしようとして、手術台に登ったら逆子が直って、そこから急遽経膣になった」

があります。

そういうことがあるのなら、これは聞いたことはないけど、急遽足からに変わってしまう場合もあるはずですよね。

逆子だったら無条件に緊急の対応の出来る医療施設が良いんだと、つくづく感じます。



これからも是非、よろしくお願いします。



琴子を幸せ者と言っていただき、とっても嬉しいです。

ありがとうございます。

はじめまして

ふとしたところからたどり着きまして読ませていただきました。

私自身、かなり評判のいい(ようだった)助産院で二人目の出産を志したのですが、結局切迫早産で2ヶ月もベッド上安静の後、大学病院で出産しました。今考えると疲労からの冷えも怠けと捉えられ、

運動を薦められた挙句の入院でした。提携先の病院は夜は研修医しかいないようなところ。そこで、

助産院にかかっていた人がいかにたくさん入院してくるか、破水して丸二日も経ってから搬送されたために子供は車で3時間もかかる専門の病院に運ばれたとかいろいろ怖い話を聞きました。

安静にしているうちに子供も大きくなりすぎて

助産院で生もうという気持ちは(入院時からですが)なくなりましたが、そこまでになにもなかったら、今度は出産時になにかあったかもしれませんね。自然な食事、家族一緒の自然なお産、育児といった「条件」に幻想を抱いていたのだなと思います。(脈絡がなくてすみません。裁判うまくいかれるようお祈りします。)

Re:はじめまして(09/16)

ららららんたさん

ありがとうございます。

助産院での思い出って、必ずしも素晴らしいものばかりではないようだと、つくづく感じますね。

たまたま自分だけがそうだったのかと、私の場合は病院への搬送もなかったし、産後も結局自力でどうにかしてしまったようなものですから、誰にも話を聞くことができなかったので、自分ばかりを責める日々が続きました。

私のような人って、きっと他にもいますよね。

そして、ららららんたさんのように、病院で話を聞いて、助産院をやめる人もたくさんいるだろうし、こういう情報がもっと多く聞けるようになると良いとおもっています。

勿論、素晴らしいお産をしたという話も正しくて、一点のかげりもない話ならば、今まで通りに情報として扱うべきだし、要するにバランスですよね。

それが正しい情報なんだとおもいます。



これからも是非、お話を聞かせてください。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。