--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-04

稽留流産

こんにちは。
久しぶりになってしまいました。

実は、妊娠していました。
9週という短い妊娠でした。
無事に生まれることのない縁―残念ではありましたが、琴子や過去の経験、また、多くの天使ちゃんと天使ママさんたちのお陰で、すんなりと受け入れることが出来ています。
リンズが
「赤ちゃんが死んじゃったの? どうして?」
と、流産を告げたときに泣きかけたときにはグッときましたが、その横でまだ理解出来ないダンジが滑稽な舞を見せてくれて、リンズもそっちに心奪われ、私もそちらへ…地上の子供たちにも助けて貰っているのでしょうね。

流産しているかもしれない、成長がとまっているようだと告げられてから手術まで、念には念をということで、数日間の猶予を与えて貰いました。
1週間後に再度診察し、やはり成長がとまっていることが確認され、流産が確定し、翌日に入院、手術を受けて一泊、翌朝に退院しました。

私は初期の流産は二度目になります。
一度目は一番最初の妊娠(琴子の前)です。
そのときは日帰りの手術だったのですが、静脈麻酔で眠っていたのに、あまりの痛みで身体を起こし、
「抑えろ、抑えろ!」
というようなことを医師が言ったことを覚えていました。
同じ日に手術を受けた方もいて、その方は旦那さんに付き添われていたのですが、術後にずっと
「痛いよー、痛いよー」
と泣いているのも聞こえていましたが、私は術後の痛みなどはありませんでした。
(「痛かったよー」だったかな?)
ただ、あの術中のなんともいえない痛みは記憶に残っていて、今回、流産しているかもしれないとなってから手術の日まで、とにかくまたあのように痛いのかとおもうと、それが怖くて怖くて、不安でたまらなかったのです。
また、残念なことが友人にも起こっていて、私よりも数日前に初期流産で手術を受けていた友人と話していたら、
「子宮口を開くときが痛かった!!!」
と言うので、『やっぱり痛いんだ…』と、どんどんと凹んでいました。
流産の残念よりも、痛みへの恐怖の方が強くあって、逆にいえば、あの痛みの経験が私を癒してもいたのかもしれませんね。
とにかく、これから痛むのかとおもうと、猶予を頂いた分、憂鬱になる日々でもありました…

最初の流産の手術を受けた病院は今の病院とは別です。
担当医にも以前の経験で痛かったことを相談したら、『痛いことはないでしょう』というようなことを言われたので、とにかくきっと何かが違うのだろうと期待して入院しました。

感想としては、驚くほど痛くなかったです。
子宮口を開く処置のときも、全くといって良いほど、痛くなかった。
手術中も目が醒めることなんてなかったし、麻酔が醒めた後も手術を受けたことが記憶に意識しないと残らないほど、痛みはありませんでした。
資材の違いなのか技術の違いなのか、私には分からないのですが、痛みがないのは助かりました。

今回の流産を通じて、また琴子に感謝の日々です。
妊娠は楽しいだけじゃない、むしろ本当はとても険しく、赤ちゃんが無事に生まれることの奇跡、母親も無事でいられることが当たり前ではないことを、そしてどんな結果でも受け入れていく勇気を教えてくれました。
初期の流産の多さ、自然淘汰の意味なども、自分で勉強したつもりでも、琴子が教えてくれている、受け入れる気持ちをくれていると感じています。

今回の入院に至り、担当助産師になってくれた方が私を見て、
「お久しぶりです」
と声を掛けてくれました。
私はその方をよく覚えています。
リンズを出産し、入院中に病室で少しお話をした方でした。
私はリンズの出産時を思い出すのは、琴子を出産した後のことを思い出すときと同じくらいに、胸が締め付けられるのです。
リンズは無事に生まれてくれた-その喜びと同時に、琴子を死なせてしまったことを痛感する場面でもありましたので、その方が声を掛けてくれたことで、流産した気持ちよりも、リンズを出産したときの気持ち、そして琴子を死なせてしまった時の気持ちが甦ってしまい、ついつい、泣いてしまいました。
そのときは複合的な感情で、流産への残念な気持ちもいくらかありましたから、助産師の方は流産したことへの気持ちで泣いたとおもわれたかもしれませんね。
それでも正しいので、あえてこの複雑な気持ちは説明しませんでしたが、私にとって出産は、リンズやダンジをその後に無事に産んでいても、まだ尚恐怖でもあります。
ですから、流産したことへの気持ちも含め、
「無事に産むのは難しいです」
と言ってしまいました。
助産師の方は、
「そうなんですよね、妊娠することから含めて、本当に凄い奇跡の重なりなんですよね」
というようなことを仰ってくれました。
本当、無事に産むのは難しい。
琴子だけじゃない、琴子のお友達天使ちゃんたちのお話も我が身のようにおもっていますから、本当、無事に生まれてくれる奇跡をおもわずにはいられません。

妊娠してちょっと悪阻があって、そのまま稽留流産になって手術、術後にはなるべく静養をと、しばらくこのブログから離れてしまいました。
その間にもご意見くださっていたこと、返事は書けずにいましたが、目を通しておりました。
今日は流産の報告になってしまいましたが、また私なりに助産院の安全性を問う気持ちを軸に、ブログを再開していきたいとおもっております。

いつもこのブログをご覧くださり、有難うございます。
暑い日がまだまだ続くようですので、皆様が夏バテされず、お元気に日々過ごされますこと、祈っております。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:稽留流産(08/04)

常々、こういった時の言葉の無力さを痛感しています。

それでもあえて一言置いていきます。



お大事に。ご自愛下さい。

初期流産

15%という高い確率で起きる、人間でいるならどうしようもないことであると私は医師の立場で知っていますが、それでも妊娠した(流産した)その人にとっては大変なことであることも、わかっているつもりです。



どうぞお大事に。

Re:稽留流産(08/04)

私も稽留流産の経験があります。

初期の流産は仕方がないことであることは、頭では分かっていても、気持ちはそんなに冷静ではいられませんよね。



お身体お大事になさって下さい。

Re:稽留流産(08/04)

お体大丈夫ですか?

地上のお子さんに癒される部分もあると思いますが、地上にお子さんがいるほど、無理をする場合があります。

本当にお体ご自愛ください。



死産も初期流産も、本当に辛いことですし悲しいことだと思います。

私は死産と同時に子宮を失ってしまったので、もう二度と我が子を抱くことはできませんが、それでも生きていることを感謝しています。

小さな命達が教えてくれたことを、噛みしめながら生きています。



まだまだ暑い日が続きます。

お大事になさってくださいね。

Re[1]:稽留流産(08/04)

るんさん、suzanさん、A子さん、hikariさん、こんにちは。



先日、術後の診察を受け、異常なしということで、何よりだとおもっております。

琴子の墓前に行き、流産したことも含め、最近の我が家の報告をしてきました。

いつも一緒にいるのだから、報告しなくても知っているのだとおもいつつも、ついつい報告して、心の洗濯をしています。



人生は色々あるんだな、まだまだだなって、今回の経験からも学んだように感じています。



有難うございます。

皆様も夏の暑さが続きますし、どうぞご自愛ください。

有難うございます、嬉しかったです。

Re:稽留流産(08/04)

久しぶりにきました。





いろんな思いが巡ると思いますが、どんな思いもありのまま受け入れていいと言う事を、天使ママになって学びました。



天使になってしまった赤ちゃんは、一足先に琴子お姉ちゃんのそばで、琴子ちゃんにかわいがってもらっていることでしょう。

いつかきっと、お空で再会できると思います。



お体ご自愛くださいね。



では、また。

私もです

私も二ヶ月で流産しました。まだ日が浅いので傷がいえません。元気だしてくださいね。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。