--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-19

それは無理。

もう5年になるかな、自宅でヨガを教えている先生に出会い、よく通っていた。
1回2時間1000円で、参加は自由。
先生のヨガはパワフルなものでもやたらと柔らかいものでもなく、それぞれの身体の状態に合わせたものなので、何もかもを気に入って、私は長年支持している。
琴子を出産した直後、身体を休ませてもらえず、すぐに車で1時間強の距離を帰ったため、産後は腰が痛み、ヨガで整えていた歪みとかも悪化してしまった。
リンズを産み、その痛みは増すばかりで、すぐにでも先生のところへ行きたかったのだが、ヨガに子供を連れて行くわけにも行かないし、個人でとなると、割高になるので、継続が難しくなる。
それらの事情から私自身のためもあって、先生にお願いし、子供連れの女性を中心としたヨガ教室を企画した。
と、ここまでは私の心の一部。
ヨガを習いたいのは本当で、嘘やごまかしは一切無い。

今日、場所を借りるために、ある女性に会いに出掛けた。
人を集める理由というようなことを話しているうちに、もう一つの心の一部を話した。
きっかけは、私が二度出産したことがあると言ったので、もう一人は幼稚園かと聞かれたからなのだが、
「子供を亡くしたんです」
と答えた。
当然、彼女はびっくりし、しばらくは言葉を失っていた。
「助産院での事故で亡くしたんです。だから、女性が集まると、私は出産の持つ危険な話をしたいというのもあります」
と言ったのだけど、最初はその方にも出産経験があるからか、
「お産は色々よね」
と言ってくれていた。
私も特別力をいれて話したつもりはないのだけど、
「今でも思い出すと辛いし、栃木では同じような経験をした方に未だに出会えていないから、逆に言えば、私のような経験をして、誰にも会えず、今でも辛い思いをしている人がいるとしたら、一緒に会って話をしたい」
と言ったら、その辺りから
「今はこの子(リンズ)のためだけ、100%、この子のために生きなきゃ! この子が手を離れていったら、そこからまた亡くなった子のために」
と言われた。
それは無理ですよ、無理。
子供をそう簡単に割り切って、ましてや片方は死んでしまっていて、それをしばらくは置いておいて、また後でなんて、それは無理。
私は黙っていたのだけど、結構何度か同じようなことを言われたから、彼女が本気で言っているのだとわかるほどに、理解しあえない壁の高さを知るばかりだった。

子供を亡くしたと聞くと、大体の人は辛い気持ちを察しようとしてくれる。
でも、あるとき突然、「忘れなさい」と言う。
今日はそれがやけに早く言われただけで、いつものパターンでもある。
私も琴子を亡くすまでは、悲しいテレビや話を見聞きすると、その場では悲しくおもったりもらい泣きしたりしていたが、当事者の人のその後なんてことまでは想像できずにいた。
世間から段々と取り残されていく、それもひたすらに悲しくて、深い深い穴の底にでもいるような気持ちで、上から声を掛けてくれる人がいても、その人は決して降りてきてまで一緒にいてくれることはない。
覗き込んでいた穴から顔をあげれば、その人には楽しいことも待っているし、すぐに笑うことも出来る。
それは当たり前のことで、何も一緒に底にいてくださいとは言わないし、笑わないでくださいっておもっているわけではない。
ただ、子供がいない、生まれてくると期待していた日々に何もないという現実を受け入れることさえも出来ない。
今はまだましなんだろう、ネットという文明のおかげで、私は同じように子供を亡くした友人達と出会うことが出来た。
そういう出会いがある度に、その方とお子さんの話を聞いて号泣し、そして理解しあえる関係から救われて生きてきた。

ヨガ教室を実践する場は他にみつけられた。
今日拝見した場所も、お会いした彼女も素敵な人だから、いずれはそこでもやりたいなと考えている。
ただ、子供のことと助産院の問題を置き去りにすることは無理。

一生、一緒に哀しんでくれなんて言いません。
一時だけでも一緒にいてくれたら、それはとても嬉しいし、忘れずに感謝しています。
ただ、「忘れなさい」って言われると、それだけでも悲しい気持ちになるんです。
私が琴子を忘れるなんて、できっこないんです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:それは無理。(09/19)

お母さんが琴ちゃんのこと忘れたりしたら、

琴ちゃん可哀相。

それを簡単に「忘れろ」っていうなんて・・・



わたしの日記リンクしてくれてる方でも、

お子さんを(産まれて1週間経つか立たないかで)亡くされた方がいます。

その方はことあるごとになくなったお子さん(長男さん)のことを日記に書いておられます。

それでいいんだと思います。

そのお宅では下のお子さんたちもなくなったお兄ちゃんのこと「にーやん」って言っていつも仏壇に手を合わせたりしているそうです。

そのうちリンズちゃんも琴ちゃんのお写真見て「ねえね」って言う日が来ると思います。

そうやって家族みんなで琴ちゃんのこと思い出すのが

琴ちゃんも喜ぶんじゃないかなぁ。

はじめまして、

今までお名前は拝見していましたが

くしゃみがでて、はじめてお邪魔させてもらったら、

くま妻さんが私の事、うわさしてるじゃないですか!

私は次の子供を授かってから、

いちだんとお兄ちゃんへの思いが強くなりました。

確かに、弟妹を育てながら

お兄ちゃんの事を前みたいに悲しむことは

なくなりましたが...。

また、いろいろとお話ししましょうね。

確かに、無理

忘れることなんて、できるわけないよな~。

生きてたって死んでたって、同じだけかわいい大切な子供たちだもん。

うちの長男も次男とよく会話してるみたいだし、

一緒に遊んでる夢もちょくちょく見てるらしいよ。教えてくれるもん。

姿は見えなくても仲良し兄弟なんじゃないかな?

欲を言えば元気に兄弟喧嘩してる姿なんかも、ちょっと見てみたいけどね。

琴子ちゃんとリンズちゃんも仲良し姉妹してるんじゃない?

そういうのって、ちょっと・・・いや、かなり嬉しいよね!

母親学級にて

私も自分の経験を話し、早期胎盤剥離と帝王切開のことをわかってもらおうとしています。

この前の母親学級で、保健センターでは初めての帝王切開経験者の話を取り入れてくれました。

6組の夫婦にまず、立会い出産した人が話をしました。

病院に行ったら8センチ開いてて分娩室に入ったが、緊急帝王切開の人がいたらしく、2人きりにされたそうです。

「何かあったら呼んで」と看護師が言ったみたいですが、何かって素人でわかるのかなと思いました。

無事産まれたから、笑い話ですみましたが・・・

次は私の番で、出産の話をしたら急にぐーっとこみ上げるのがあって涙が出てきてしまいました。

泣くまではいかなかったけど、今まで何度も話してきたのに今回は知らない妊婦さんだったからかなー。



何も知らないのはとても怖いこと。

妊婦さんにちょっとでもわかってもらえたらと思っています。

Re:それは無理。(09/19)

その女性は、「今、すぐとなりにいるリンズちゃんを大事に大切に育てていくってことを一番に考えたほうがいい」って言いたいんでしょうね。



でも、琴子ちゃんのことを思うことでリンズちゃんをないがしろにしているわけじゃありませんよね。

どちらも、大事な子供達、大事な姉妹。

何人子供がいるおうちでも同じだと思います。



彼女の意見は、琴子ちゃんを「過去のもの」と割り切って考えた場合の意見だと思います。

今ここに生きていなくても、琴子ちゃんは琴母さんの娘だし、リンズちゃんのおねえちゃんなのですから、忘れる必要はないし、忘れちゃいけないと思う。

妻さんもおっしゃっているように「思い出す」ことで琴子ちゃんもウレシイと思うし、家族が家族でいられるんだと思います。

決まってるのか

先日、近くに住む天使ママさんたちとお話する機会がありました(私が死産、他の人はSIDSです)。

その全員が「早く忘れなさい」と言われた経験をもってました。

「それは決まり台詞なのか?」と全員が苦笑したのですが……



悪気がないのは百も承知してる。もし自分が経験していなければ、励ますつもりで手っ取り早くその言葉を口にしてしまうかもしれない。

だけどそれでも、この言葉は受け付けられないです。



私の場合ははっきりと

「あなたがいつまでも悲しんでいると、周囲も迷惑するのよ」と言われました。いや、ここまではっきり言われると笑えました。最近ではいくら厚意から出た「早く忘れて」という言葉であっても

「私が子どものことを忘れてないと、あんたが鬱陶しく感じるからなんでしょ」と穿った見方をしてしまいます。ちょっとだけ反省してます。

はじめまして。

くまぴょんの妻さんのところからお邪魔しました。

以前のサイトも赤いふうせんから何度かお邪魔させて頂いておりました。



うちの母親も助産院で死産しています。

出産時ではなく、予定日3日前に突然お腹の中で動かなく

なってしまった様なんですが。

腰に丸太のようなものを置いて、助産婦に上にのられて生まれても産声をあげない子供を生んだそうです。



母は多くを語りません。口癖は「同じ経験をしたもので

ないと本当のところなんてわかるわけが無い」です。

たぶん、琴子ちゃんおお母さんが経験されたような偏見もたくさん経験してきたんだろうと思います。



忘れろなんてなぜいえるのか。

亡くなった姉を感じながら育った私には不思議で仕方ありません。

忘れる必要なんて全然無いと思います。



リンズちゃんに琴子ちゃんの話をいっぱいしてあげて下さいね。きっと近くにおねえちゃんを感じながら成長してくれると思います・・・。

Re[1]:それは無理。(09/19)

くまぴょんの妻さん

琴子は幸せもので、ぬいぐるみをたくさん頂いていたので、リンズに少しずつ貸してあげているのです。

「お姉ちゃんのを借りようね」

と言って渡すと、言葉の意味はわかっていないのかもしれないけど、にこっと笑うから、とても嬉しくなる。

リンズは時々天井を見てジーっとしていたり、笑ったり、時には泣いたり…そのたんびに琴子をおもいます。



くま妻さん(私もつーじいさんの真似をしちゃいました)、ありがとうございます。

忘れなくっていいって、旦那以外の人に言われるのって、とっても嬉しいです。

Re:はじめまして、(09/19)

つーじいさん

はじめまして。



私も、リンズを抱いてから、より一層、琴子への気持ちが強まりました。

そして、全く同じように、“ひたすらに悲しむ”というのは薄まったのかもしれないけど、同じようにお子さんを亡くされたと言う方に出会ったり、人伝に話を聞いたりしただけでも、一気に気持ちが甦ります。

これは変わらないことなんでしょうね。



是非、また色々とお話しましょうね。

よろしくお願いします。

Re:確かに、無理(09/19)

めぐみさん

本当、忘れるなんて、一体何処の国の話だ? っておもっちゃうよね。

『死んだ子の年は数えるな』とは、一体誰が言ったんだ?

まるで死んだ子のことを考えることは災いかとでも言いたげなこの言葉、抹消させたい。



琴子がリンズを可愛がってくれているって感じる場面、あるんだよね、あるときふっとなんだけど。

とっても嬉しいよ。

とっても嬉しくて、切ない時が流れる。

でも琴子を感じられるから、切なくても嬉しい。

Re:母親学級にて(09/19)

みうママさん

帝王切開の説明って、どうして普通にされることにはならないんでしょうかね。

私は二人とも、妊娠中に説明を受けたことはありません。

あ、ちょっと違うな、リンズのときには最初に帝王切開を考えていたので、そのことで医師に説明をしてもらったけど、でも例えばですね、ちゃんと全員に事前に説明しておいて、いざというとき、本当に緊急で大変なときに備えて、先に承諾書なるものもしくは意思表示カードじゃないけど、そういうのを用意しておいてくれたらいいとおもうのです。

他にも早期胎盤剥離の経験者のママさんはいます。

お子さんが天使ちゃんになられている方もいます。

そういう方達の中には、あの非常事態で医師から説明を受け、震えた字でサインを書いたという話もありました。



お産への意識、変わるといいですね。

応援しています。

Re[1]:それは無理。(09/19)

まいっちんぐ1025さん

そうなんです、女性の言おうとしている意味は分かるのですが、でも実際には無理なことで、意味はわかるけど、言われると不快指数計測器が少しでも感知していまって、ブルーになってしまうんです。



リンズはきっと、かなり私に気を使ってくれているんです。

私が琴子の話をしているときは、大体、一人で遊んでくれているか、抱かれていても大人しくしてくれています。

琴子があやしてくれているのかな。

それを時に人は「リンズちゃん、相手にされなくて可哀相」とも見えてしまうのかもしれませんね。

リンズがもし悲しむようだったら申し訳ないのだけど、でも心が二つに割れないように、琴子もリンズも同じに可愛くて…家族は家族、死んでも家族なんですよね。

Re:決まってるのか(09/19)

るんさん

いやぁ~、本当に見事に全員が全員、一度は言われている言葉ですよね。

教科書かなにかで教育されているのでしょうかね。

それとも、私達が人前で慎むべきだと、そういうことなんでしょうかね。



るんさんのその方、全くもって許せません。

なんでこっちが気を使わなきゃいけないんだ!?!?!?

るんさん、私も同じように見てしまいますよ、やっぱりどうしてもそうなっちゃいます。

Re:はじめまして。(09/19)

むっち0623さん

はじめまして。



胎内死の場合のお産はそのように行われていたのですね…辛い...

お母さん、今でも思い出されること、多いでしょうね。

私は琴子のお墓参りをしたときに、お墓場の近所に住む旦那の知人の家に寄ったことがあるのですが、そのときに自分達の親位の年配の二人の女性が居て、その方に琴子の話をしたら、その方が二人とも天使ちゃんを持つ、天使ママさんだったのです。

二人とも、自分達のお子さんの話を鮮明に覚えていました。

そして、私を慰めてくれながら、

「辛いよね、辛いよね」

と、一緒に泣いてくれました。

辛くてたまらないんだけど、素敵な一時なんです、これが。



これからもよろしくお願いします。

Re:それは無理。(09/19)

医療を受けるということはある意味過酷ですよね。体力なければ患者やってられない・・・というのが私の本音です。

そして弱っている人に向かってかけられる酷い言葉の数々。これの経験した人でなければ分からないと思います。

子どもをなくすって事がどういうことなのか・・・確かに経験がなければほんとのところは分からないと思います。

だけど、何故、人はそれほどまでに酷い言葉をかけられるのか?人の痛みが判るかどうかは、その人の本質でもあるのでしょうが、せめて分かるようになりたいと望まなければ、絶対に分かるようにはならないんでしょうね・・・。

Re[1]:それは無理。(09/19)

エドガーさん

エドガーさんのように、皆(私も含めて)がそう考えるようになれば、本当の世界平和も夢ではないんですよね。

まず大事なのは想像力なんですよね。

私はお産の想像力なんてなかった。

初産だったし、なんでも初めてだったから、知り得た情報でしか想像が出来なかった。



人付き合いはかなり変化しました。

私も忘れられませんよ。

娘の前に妊娠し、でも胞状奇胎でした。心拍も確認できなかったけどそれでも妊娠は妊娠。。

手術の後、3カ月。hCG値が下がりきるまでお線香をたいてました。

今でも忘れることはありません。

忘れろなんて無理です。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。