--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-18

本当にお産難民を救えるのですか?

いつも拝見しているshy1221さんのブログ、S.Y.’s Blog8月15日『無理解か、深い理解か
と、
【お産難民を救え 助産師はいま】(6)自治体の格差 無理解が助産所の活用阻む - MSN産経ニュース 魚拓
【お産難民を救え 助産師はいま】(1)「実家のような安心感」
※こちら、「実家のような安心感」の中では、臍の緒を助産師のてほどきのより、父親が切っていると明記されています

率直に、助産所での健診に公費助成が受けられたら、お産難民は助かるのでしょうか。
はっきりいって、助産所での分娩費用も、決して格安ではありません。
病院での費用と大差ありません。
経済的な事情で病院での健診を受けられない、出産が出来ないからって、それを助産所に置き換えたら、どうして急に経済的な事情が解消できるように思わせるような、そんなトリックを仕掛けてくるのでしょうか。
日本中の全ての助産所の健診・分娩及び入院費用を調べたわけではないのだけど、私が実際に通った2件の助産所での健診・分娩費用は、どちらも揃って、病院並みでした。
助産所だからって、格安なんてことはありません
また、私の場合は搬送をしてもらえませんでしたから、病院に琴子の件で費用を支払うことはありませんでしたが、私にお話くださった助産院での悲惨なお産の経験者の方の中には、
『分娩途中で搬送となったが、助産所にも分娩費用を支払い、病院にも支払い、相当かかった』
とお話くださった方もいますから、そこまでも覚悟して、経済的な事情と照らし合わせて考えられるべきだとおもいます。

あと、いっつも新聞では触れませんけど、医療行為はどうなるのでしょうか。
健診は、ただエコーで元気な赤ちゃんを見ましたよー、はい、男の子かな、女の子かな? ってやっているだけだとおもっているのではないでしょうか。
そもそも、エコー診断を助産所がすることこそが違法だというのに、テレビや新聞では
「違法行為を断じて許しません!」
としているのに、助産所の中でのことはお構いなしなのでしょうか。
冒頭、臍の緒を切るのは医療行為で、家族が切るのは助産師が違法行為の手ほどきをしているということになりますよね。

全ての助産院が危険だとは言いませんが、助産院での健診が病院と同じだとはおもえないし、費用の面でも、助産院の価格設定が困窮した家庭のお産を救うとはおもえません。
経済的な問題で病院に行けない人は、助産所にも行けないとおもいますよ。
事実、琴子のことで日本助産師会に出向いた際、当時の事務局長との会話で、主人が
「自宅出産や助産院での出産費用が高く感じる」
というようなことを聞いたら、
「そうなんですよ、自宅だからって安いとか、そういうことはないんですよ」
と仰っていましたからね。
あれから5年経ちますから、何か変わっているかもしれませんが、助産所全体の価格設定が安くなったとはおもえない。

血液検査などが出来ない助産所での健診て、どういうものなのか。
私は経験がありますから、自治体の方よりもわかっているつもりなんですが、あの頃は“気分的に満足”っていう状態ともいえ、更にエコーが違法だとも知らなかったので、里帰り出産予定だった助産所での健診では、そうなると、まだ内診もしませんでしたが違法と知らずにもエコーはやって、助産師の方と話して5000円でした。
それを高いというのか安いというのかは人それぞれなんでしょうが、何度も言うように、経済的な事情を抱えている人が、
「病院の健診には通えないけど、助産所のなら通える」
とはならないとおもうんです。
健診て、きちんと通うことを前提に考えると5回では済まないわけで、“タダで通える5回♪”だけを助産所に通わせたいの?
“タダ券”以外では、多分ほぼ毎回、上記のような内容で5000円くらいはかかる。
私がリンズを出産した際、まだこの“タダ券”は2枚とかしかなくて、その2回はどちらも前期後期の血液検査のある、“料金が多く必要”なときに指定されていました。
ダンジ妊娠中は後から1枚だけ追加でもらえたのだけど、上記の2回以外で自由に使えるような説明が病院の壁に貼られていました。
血液もとらないし、エコーでみても赤ちゃんは元気ですね、これならエコーでみるまでもなかったですねとはならないでしょう。
どうしてこうも、助産所での健診を病院での健診と同じような感覚にしたがるのか。

記事内に
『負担を行わない自治体の大半が、昨年1月の厚生労働省通知を“誤解”していたことが分かった』
とあるけど、誤解しているのはどっち?
なによりも、母子の命・安全は?

※妊婦健診受診の補助を“タダ券”と表現していることを不快におもう方もいるかもしれませんが、多分、この感覚が一般的だとおもい、あえて用いました


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして(1回目投稿ミスです)

すみません、1回目投稿ミスです。もし削除可能でしたらお願いします。



琴子の母さんさん、初めまして。

現在、妊娠8ヶ月でハイリスク妊婦のものです。

以前からブログを拝見させてもらっていました。

お身体は大丈夫でしょうか?暑い最中でなかなか休まらないかもしれませんが、出来る範囲で養生なさってくださいね。



私自身はハイリスクと自覚していますので、最初から総合病院しか頭に有りませんでしたし分娩もその予定ですが、周囲に助産院や自宅出産をされた方が居て、猛烈に勧められました。

安産で楽しいお産だった(本人達談)そうですが、それはその人がたまたまそうであったというだけの話(精神的なリラックス効果はあるでしょうが)であって、それを周囲に押し付けるのはどうか・・と思いながら、しかし他人のお産を露骨に否定するわけにはいかないので笑顔で話は聞いておきました。私がもしハイリスクで無ければ・・・分娩場所の候補になっていたかもしれませんね。

そして、怖いなと思ったのは出産が病院では無いところで行われたという事によって、子供の生命の出発点が「自然に産まれた!」という強い自負?ある為に、その後医療機関にかかる事を否定する人が多い様に思います。私に猛烈に勧めてきた知人達も何時の間にか物凄く医師&病院を否定するようになっていました。

疾患によっては、確かに病院でもダメなものはあるでしょうが、全否定は怖いです。しかも、母親の人生は無く子供の人生なのに・・・。



自宅や助産院での出産は確かに病院並みですね。

特に自宅は出張料やタクシー代を請求されますし。

下手したら公立病院を上回るところも有るでしょう。経済的な事情から言えば、入院助産制度(検診の費用や入院費を安く出来る)の方がずっと合理的で使いやすいと思います(非課税世帯のみ、制度は自治体によっては無いところも?)。









タダ券(笑

タダ券というところ、笑ってしまいましたが、そりゃ一般の方はそういう感覚ですよね。

でも、それを受け取った施設はきちんと公からお金をもらえるのです。

言ってみれば、患者さんの財布にお金がなくても収入は保証される、食い逃げならぬ「医療費不払い」の被害を受けなくて済む、ってことです。



わたくしの勤務先の近くにある某開業産婦人科医さんですが、お産はとってないのに初期の妊婦さんの一回目の健診をして「タダ券」を使っています。

その次からはウチに紹介してよこすので、採血などのデータは何の役にもたちません。

しかも、ウチの職場は患者さんの基本データ(血液型や肝炎などの感染症)は院内採血のものしか登録できないので、妊婦さんたちには改めて説明して、次回無料採血のときに、もしくは有料で検査を受け手いただかなくてはなりません。



助産院じゃなくてもタダ券の使用にはいろいろな問題があると思います。

でも、妊婦さんたちにとっては経済負担を減らす大事なタダ券だし…。

Re:タダ券(笑(08/18)

>わたくしの勤務先の近くにある某開業産婦人科医さんですが、お産はとってないのに初期の妊婦さんの一回目の健診をして「タダ券」を使っています。



薬局で判定薬買って使ってもみない「想像妊娠」を排除するには役に立っているのでは。

一回500円の行為に、5000円の券を使ってしまう層はそもそもアレ気デス。

無料券について

無料券は、けして無料券ではありません。

年間15枚もらえるようになったりしていますが、

結局血液検査など券を使って、2万近くかかったりなど無料にはなりません。

帰って無料券を使う事で予想していた金額を上回ったりしていますね。



また、助産院の方が安いというのは事実だと

思います。

市民病院で変わらないぐらいの料金の所もありますが、助産院の相場は35~45万ぐらいではないでしょうか。検診料も3500~4000円の所が多いですし。

やはり、総合病院、しっかりした大学病院と考えると50万~は用意しておかないと足らないと思います。

助産院の自宅分娩だともっと安い所も沢山あります。



助産院がいいとか病院がいいとか、私はまだ出産していないのでわかりませんが、経済的な面からみれば、助産院の方が安いという感覚があります。



エコーが違法かどうかを議論するのではなく、

検査できる項目は初期からしっかり病院で調べて、

ほんの少しでもリスクのあるお産の場合は病院で

行うべきで、数値的にも胎盤の位置や赤ちゃんの

状態もリスクがほとんどない場合助産院で行えばいいのではないでしょうか。



どちらがいいというのではなく、役割を考えて行えばお産難民が減るのではないかと思います。



なので検査もせずに最初から助産院という盲目的な価値観が良くないんだと思います。



琴子さんの事は軽々しく語れませんが、逆子で出産をするのは病院でも危険というのは産んだ事ないわたしでも知っています。

そういう根本的な高リスクの材料をきちんと助産院は積み上げていって欲しいと思います。

そして、奢らずすぐに病院に渡して欲しいと思います。

直前に臍の緒が巻いているかどうかも。

Re:無料券について(08/18)

mijikaiさん



>ほんの少しでもリスクのあるお産の場合は病院で

>行うべきで、数値的にも胎盤の位置や赤ちゃんの

>状態もリスクがほとんどない場合助産院で行えばいいのではないでしょうか。



…やっぱりそういう意識ですか…(ためいき)

分娩前にわからないリスクも山ほどあるんですよ。



>なので検査もせずに最初から助産院という盲目的な価値観が良くないんだと思います。





それは全く、そうだと思いますが。



>直前に臍の緒が巻いているかどうかも。





それは、わからないことのほうが多いですよ。

実際には、首にヘソが巻いていても、ほとんど問題なくお産になることも多いです。



お産に関するリスクってのは、やはり、お産にたずさわる人間、もしくは実際に怖い目にあった患者さんしか、理解してもらえないもんなんですかね…

Re:初めまして

sisyuuさん

はじめまして。

こんにちは。



ご自身の件も含め、ご意見くださり有難うございます。

周囲の人に助産院、自宅出産をした方がいる、その方たちからの勧誘というのは、私の住む環境にもあることなので、容易に想像が出来ます。

熱心な方は本当に凄いですよね。

妊娠していない方にも、『産む時には…』と、先走った勧誘をしていました。



自宅出産の場合、助産師が間に合わなかったという話も聞きました。

そういう可能性も知って欲しいですね。



母子共にご無事なご出産でありますよう、毎日祈っております。

Re[1]:無料券について(08/18)

suzanさん

こんにちは。



>お産に関するリスクってのは、やはり、お産にたずさわる人間、もしくは実際に怖い目にあった患者さんしか、理解してもらえないもんなんですかね…



だとおもいます…

助産院は高いです。

初めまして。

kikulogさんで琴子の母さんの書き込みを見て、参りました。

1人目の出産のとき、分娩台と新生児室に赤ちゃんを収容されてしまうことが辛かったので、

今回助産院を選んだのですが、

「タダ券」を使っても差額を2000円取られます。

嘱託医へ超音波検査を受けに入ったら、3D超音波装備で差額は1000円でした。

助産院のほうが高い・・・

しかも水中出産ができるか尋ねてみたら、リスクの説明もなく助産婦さんちの自宅のお風呂を見せられて、「ご希望があればどうぞ」って安請け合いされちゃいました。

水中はこちらからお断りすればいいんですが、
他の点で何に気をつけて助産院を見極めればよいのか、

嘱託医の病院へ乗り換えるべきか、迷い始めました。

でも既に病院の分娩予約が取れないかもしれませんw

たくさん勉強させてください。

koguma46さんへ

はじめまして。
こんにちは。

> kikulogさんで琴子の母さんの書き込みを見て、参りました。
---
有難うございます。

> 助産院のほうが高い・・・
---
本当ですね、比べると、とっても高く感じますね。
無料券+差額で2000円…具体的に何に掛かった2000円なんでしょうかね。

> 水中はこちらからお断りすればいいんですが、
> 他の点で何に気をつけて助産院を見極めればよいのか、
---
水中に関しては意識の低い助産院とおもいます。
他の点でも、何がどうとはいえないのですが、不安が生じているのでしたら、無理を承知でも一度、病院を探すのは大事なことのようにおもいます。
嘱託医に相談っていうのも有効だとおもいますよ!(私にはこのような経験がないので、そうおもうとしかいえないのですが…)

安心して産めるようになることをお祈りいたします。
また是非、ご意見をお聞かせください、宜しくお願いいたします。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。