--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-22

第一回口頭弁論

10/19に第一回口頭弁論が行われました。
相手側の弁論も前日にはじめて提出されたということで、やっと相手側の姿勢が見えました。
姿勢は『嘘ばかり』でした。

私達夫婦はHに強く病院で産むように言われたそうです。
Hは琴子を沐浴し、慎重も体重も胸囲も計測したそうです。
産後、私に何かあったら電話をしなさいと言ったそうです。
産後、2度もうちに電話をしたけど、そのたびに無言できられたそうです。

ぜーんぶ嘘。
正直な感想>凄いな、裁判所に嘘をこうやって言っちゃうんだ、どうするんだろう。

今日はまだ実家にいます。
帰宅したらゆっくりと日記に書きます。
励ましの声、皆さんの気持ち、とっても嬉しいです。
ありがとう!


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

裁判で

ウソってついていいんですか!?

あごが外れてしまいそうです。

呆れてモノがいえません!!

ひどすぎです。

目が点

ついでに頭がウニ状態…ってか?

冗談はともかく、人間は都合の悪い記憶については、意図せずして書き換えを行うらしいですね。つまり相手はこの時点で

「罪を犯した」と認めているわけです。それを罪の重さに怯えて嘘を重ねているのかも。

どちらにしろ、半ば予想されていたとはいえ、あまりにも酷い内容ですね。今後も琴子ちゃんのご両親にとって、傷口をえぐるような発言をしてくる可能性もあります。その場合もしかし、冷静さを失わずに頑張って下さい。琴子ちゃんがついてます!



(というか、こういう形での応援しか出来ないのが、もどかしい~)

(´Д`)

開いた口がふさがらないってこういうことね。



うーーーん、ある意味スゴイよ、H。



「隠す」「黙る」「しらんぶりする」程度は、なんとなく「想定内」でしたが、このように、なかったことを「ある!」と主張するような「嘘・偽り・でっちあげ」戦法を取るとは・・・・

良心のかけらもないってこう言う人のことを言うんでしょうか。



残念だけど、司法の現場でも、こういうことがまかり通ってしまう世の中。



裁判の行く先はとても厳しいものと思いますが、必ず「真実」が表に出るように、祈ってます。

想像以上・・・

今までの対応からも手ごわい相手だろうとは思っていましたが・・・。

想像以上の「図太さ」でしたね。

私もみなさん同様、あんぐりと口が開きっぱなしの状態です。

ほんと、ドラえもんのタイムマシンがあればと思うよ。

当時のHのセリフ録音しに行って、「ほらね、全部嘘っぱちですよ!」と、証拠として提出してやりたい!!

絶対そんなウソに負けてられない。頑張ろうね。

私も腹立たしい気持ちでいっぱいです。

ウソをついている人間は

どこかに矛盾が生じてきますよね。

真実は一つなのだから・・・。



いつも日記を読ませて頂いて色々思うことはあるのですが、うまく言葉に出来なくて・・・なかなかコメントできずにごめんなさい。



応援してます。そして祈ってます・・・。

偽証罪・・・

裁判所に対しての宣誓を彼女は(H)はどんな思いでしたのでしょうか・・・口頭弁論から嘘だらけ・・・争点は見えてきたような気がしますね・・・



悲しいかな・・・彼女は保身の為の「嘘」をついたことによって嘘の上塗りをしてゆく形になるのは分かりきっていたことだけど・・・そこに・・・何が待っているのかはきっと結果が出て初めて分かることでしょう

~きっと・・・それでも「自分は悪くない」というんだろうけどね・・・そういう人は・・・潔く・・・認めて・・・欲しかった・・・と思います・・・それであれば・・・琴母さん家族も少しは不信感を払拭することは出来なくても裁判に対しての区切りはつけられると思っていたのだけど・・・



そうは問屋が下ろさないね・・・内容を聞いている私も腹ただしくて・・・罪にならないなら・・・Hを殴りにいきたい私です・・・(怒)

開いた口がふさがらない・・

よくもまぁ、こんなに嘘八百ならべられるもんやね。

開いた口がふさがらんわ・・・・



こんなんじゃ琴ちゃんがお空の上から「わたしはこんなひとのせいで・・・」って悲しんでるよ。



るんさんも仰ってるように、冷静さを失わず頑張ってくださいね。

京都からでも出来ることがあれば遠慮なく言ってね。

お手伝いしますから!

面の皮が厚い・・・。

言葉は悪いですが、

「どの面下げて、そんな事いってるんじゃぁ!?」

と会った事もないHに嫌悪感を抱きました・・・。



人って汚い嘘を付くと、醜くなるのよね・・・。

そこそこ年齢を重ねているHは

きっとロクな死に方はしないでしょう・・・。



真実はおのずと分かるでしょう・・・。



琴子ちゃんママさん、腹も立つこと等もあると

思いますが、そんな挑発(?)には乗らないで

進んで行って下さい<(_ _)>

びっくりしました

手強い相手ですね。

読んでて私も目が点でした。

どんなに開き直られても、真実は一つ。

それを信じて進んでください。

私にできるのは頑張ってくださいのメッセージを入れることだけですが、(もどかしいです)琴子ちゃんのためにも、あとに続く妊産婦さんのためにも応援します。

怒!

今の正直な感想です。

そんな平気で嘘をつく人が命をあずかるお産の仕事をしていたなんて!!

それを聞いた琴母さんのお気持ちを考えると本当になんと言ったらいいのか。

今回のようにあきれるような事がこれからも有るかもしれません。

でも、それをする事でH自身が墓穴を掘る事になるでしょう。

裁判に踏み切られたのは正しかったのかもしれませんね…。

これからも応援させてくださいね。

え??

信じられない!なんて奴だ!

そいつ(H)、助産師どうこうの前に、人として間違ってるよ。

とても悔しいです。これからも嫌な思いをするかもしれませんが、負けないで。遠くから一緒に戦う気持ちです。

Re:第一回口頭弁論(10/22)

ご苦労様

レスつけたつもりで忘れてた(><)

まぁ、色々カーッとする部分もあるだろうけど、これからの弁論準備での申し合わせでも、「こんにゃろー!」ってこといっぱいあるけど、これらは弁護士同士の駆け引きでもあり、現実には被告証言ではなく弁護士が代弁した記述もかなり多いので、ウソ!と思うことも沢山でますよ。そんな時ほど冷静にね。

お互いに主張を否定しながら、駆け引きは進んでいくから、大嘘!と思うことも沢山あるけど、真実は1つなんだから、腰すえて行こう。

ありがとうございます。

書き込みくださった皆さん、ありがとうございます。

まとめたレスで申し訳ないのですが、お許しください。



旦那の仕事が丁度忙しく、それも手伝ってか、あまり過激な感情に陥ることなく過ごせています。

勿論、怒りはあります。

呆れもあります。

全くもっての平常心というのとは違うけど、でも

「やっぱりこういう人だったんだよな」

という表現が一番適しているのかもしれない、そういう心情です。



1億円という大金を手にしたかどうか、大物政治家が物忘れで許される世の中なので、裁判てどうよと、ちょっと投げ遣りな気持ちにさせられることもありますが、琴子の無念さをはらすために、また、親として、このようなことが二度と繰り返されないためにも遣り残すことなく邁進していきます。



これからも宜しくお願いしますね!

Re:第一回口頭弁論(10/22)

私達夫婦はHに強く病院で産むように言われたそうです。

Hは琴子を沐浴し、慎重も体重も胸囲も計測したそうです。

産後、私に何かあったら電話をしなさいと言ったそうです。

産後、2度もうちに電話をしたけど、そのたびに無言できられたそうです。

あまりのことに呆れて言葉も出ませんが。計測したならカルテありますよね。身長、体重もわかっているんですよね。電話を二度したなら、NTTに記録は、2年前だとないのかな。ある程度、隠蔽はするだろうとは思ったけど。此処まで酷いとある意味、このHと言う人は、救いようがないということでしょうか。

 これからも嫌な思い、口惜しい思いされるでしょうけど。挙句は必ず来るのだと思います、このHという人の上にね。琴母さん、ご主人共に、身体に気をつけてくださいね。

プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。