--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-11-24

追い詰められた心

ある方のお話。
私の知人が親しくしている助産院に、不妊治療の末に授かった子どもの出産の依頼が来て困っているという話があった。
助産師会の定めた基準の中で、不妊治療の末の妊娠の場合、助産院だけで扱うのは難しく、病院にきちんと通い、経過良好の場合は助産院でも分娩可能という。
医師の許可が必要で、妊婦自身の希望と助産院の解釈だけでは受け入れてはいけないとなっている。
異常分娩とまではいかないから、全く駄目ということではないのだけど、この助産師さんは「やっと授かった命なんだから、病院で万全の体制で出産した方が良い」と言い、不妊治療の末の妊婦さんを預かる助産院は殆どないだろうと言い、「もし他の助産院で受け入れるというところがあったら、そうしたら私も考えるから」と妊婦さんに諦めるように話を進めていたそうだ。
この妊婦さんは何度もこの助産院に通い、何遍も何遍も頼みこんでいた。
同じ助産院に勤める他の助産師の中には
「なんだか病的で怖い」
と言う人までいたくらいだそうだ。
地元で評判の高い助産院らしい。
知人もここで出産していて、評判は確かだと太鼓判を押していた。
ちなみに関東圏内の某県。

私は時折、この方のことを思い出す。
今頃は出産を終え、無事であればお子さんを囲んでの日々を過ごしているだろう。
お産は病院でしたのだろうか。

この方が病院を嫌がっていた理由はわからない。
もしかしたら年齢もあって、帝王切開と言われていて、それで助産院ならと頼みにきていたのかもしれない。
きっと周囲から「自然に妊娠できなかった」と言われたのか、言われているように感じることがあるのか、経膣分娩に、それも“自然”と謳われることに偏ってしまう何かがあったのではないだろうか。
自分と重なることがあるからだろうか、ふと思い出し、どうしているかを聞きたくなる。
気になっていることがあって、「もし他の助産院で受け入れるというところがあったら、そうしたら私も考えるから」…Hのような助産師が近くにいたら、きっと「大丈夫だ、なんで断るんだ?」などと無責任に言い、過ちをおかしてしまいそうで不安になる。

受け入れを拒否していた助産師さんはまあまあ理想的な方なんだけど、それでも不満なのは、もっときちんとした説明をして欲しかったということ。
どうして断るのか、不妊治療の末の妊娠が抱えるリスクがあるのならそれもきちんと伝え、助産院では受け入れ難い理由をしっかりと説明し、尚且つ病院での出産も助産院での出産も違いはなく、お産はお産なのだと説明して欲しかった。
「なんだか病的で怖い」なんて冷ややかなことを裏でとは言え言うくらいなら、きちんとした情報を提供し、早く納得させてあげて、少しでもストレスの少ない妊娠期間を送れるようにしてあげて欲しかった。
どうしているかな…


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:追い詰められた心(11/24)

ホント、きちんと断っているのはいいんだけど、

どうしてだめなのか、どんな危険があるかなどのきちんとした説明が欲しかったですね。



でも、その方、なんでそんなに助産院にこだわりはったんやろう?

不妊治療を受けたと言うことで、周り(お姑さんとか)から色々言われたからなのかなぁ?



その方が今、お子さんと一緒に元気に過ごしてはったらいいけど・・



母子ともに無事なのが何よりの安産なんだってこと、

すべての妊婦さんが認識して欲しいなぁ。

そのために出産方法を選んで欲しい。

自分のエゴや周りに勧められたからって言う理由で選んで欲しくないなぁ。

どっちつかず・・・

その助産師さんも、「他で受け入れると言うのならうちでも考える・・・」なんて、そんなどっちつかずな話ってないですよね。。。



受け入れるべきじゃないのなら最後までそう貫くべき。



おなじ状態・おなじ環境でも「あそこはダメでも、ここなら受け入れる」みたいになってしまっては、『じゃあなぜダメなのか?」という理由漬けがなんの意味もなくなってしまう。



「なぜダメなのか」がちゃんとわかっていたら、その妊婦さんも、別な出産方法を前向きに考えるようになれたかもしれないのになぁって感じます。

Re:追い詰められた心(11/24)

不妊治療…これも助産院が断る一つの理由になるんですね。初めてしりました。

私の病気をしらない人からは35歳くらいの時に『不妊治療をしたら?』と何度言われたことでしょうか。

友人の話しですが、『子供が一人くらいはいないと』と言われ、不妊治療をして授かったら『不妊治療してできた子だから…』と言われ、その子に障碍があるとわかり『不妊治療なんかで作ったから、障害児なんて生まれるのよ』と言われ・・・と泣きながら私に話してくれたことがあります。

彼女は個人病院で帝王切開(高齢出産だったので)でした。今でも自然ではなかったから…と親戚中に言われているそうです。

もしかすると、この方もいろいろまわりから言われてきたのかもしれませんね。



妊娠も出産も自然でなくてはいけない。といった偏った考え方がある以上、こういう方がいてもおかしくはないのだと思います。

この方はその後、どうなったんでしょう?

どんなお産の形でもいいので、無事に赤ちゃんを抱っこできていたら、と思います。



私はやっと妊娠6カ月になりました。狭心症の発作と人工透析中で、出産方法を自分で選ぶことなどできない身です。

こちらのブログに出会えて、どんな方法でもいい、生きて赤ちゃんを腕に抱きたいと思えるようになりました。

Re:追い詰められた心(11/24)

ベテラン不妊治療主婦です(^^;)。私自身は出産の時には、現主治医にお任せしたいと考えているので、この方のお気持ちが分かるとは言えませんが。やはり琴子の母さんは皆さんがおっしゃる通り、周囲からのプレッシャーがあったのかもしれないですね。いまだに偏見を持ってる人も多いですから。この方ももしかしたら

「生まれた子どもが、治療で授かったことで傷つかないか」とか

「せめて出産は、医師の力を借りずに、母親である自分の力で産んだと言ってあげたい」などと、考えてしまったのかもしれないですね。



今日のことですが、病院帰りにお世話になっている方の店に立ち寄った時に、初対面の人から

「病院の薬で子どもをつくるのは、だめよ~」

と言われました。もっとも、彼女たちは偏見からではなく、「子づくりで頭をいっぱいにせず、余裕を持って」という意味のことを言いたかったようですが、言葉足らずで上のような表現になった感じでした。でも体調の悪い時に聞いていたら、悩んでいたかも……これもまた『お産=自然な形でないとダメ』という風潮の一つなのかもね。



しかし高齢ママさんと同じく、私も治療で授かった場合は助産院では扱えないとは知らなかった。色々調べてるつもりなのに、私って…

Re:追い詰められた心(11/24)

不妊治療で、医師や薬の力を借りたことに対する周囲の目を気にしてしまって、出産こそ自然に。。。と思ってしまったのかも、と私も思います。

女性の身体も出産も人それぞれ、というのを忘れて自然にできて当たり前、という今の風潮がそうさせているのかな、と思わざるを得ません。



とことん説明を受けて、きちんとした情報を得て、納得して物事に臨むということが大切で、これはもう、病院でも助産院でも共通のことだと思います。



Re[1]:追い詰められた心(11/24)

くまぴょんの妻さん

>母子ともに無事なのが何よりの安産なんだってこと、

>すべての妊婦さんが認識して欲しいなぁ。

ね、本当にね。

私自身、自分の経験からその言葉から外れて考えられなくなりました。

子供を失ってまでこだわるべき出産なんてどこにもない。

出産とはそもそもが子供を産むことなんですよね。

私も琴子に元気に生まれて欲しかった。

そう信じていたのに結果は違った。

言葉だと“違った”で済んでしまうけど、人生はそれほど軽くない。

この方が今どうしているか、やたらと気になるんです。

Re:どっちつかず・・・(11/24)

まいっちんぐ1025さん

>おなじ状態・おなじ環境でも「あそこはダメでも、ここなら受け入れる」みたいになってしまっては、『じゃあなぜダメなのか?」という理由漬けがなんの意味もなくなってしまう。



そうなのです。

私が全くそうだったから、不安が残っているのです。

でもこれもガイドラインのトリックなのか、不妊治療の末の妊婦さんは条件次第では受けても良いってことになっていて、この曖昧さがねー、曖昧なことは止めて欲しい。



>「なぜダメなのか」がちゃんとわかっていたら、その妊婦さんも、別な出産方法を前向きに考えるようになれたかもしれないのになぁって感じます。

全くです。

納得して病院で産めることが一番良い結果だとおもいます。

無理強いされて病院で出産となると、余計なことを言う人に流されてしまうし、とにかく納得させてあげて欲しかったです(結果を知らないのでこんな言い方だけど、もしかしたら納得してくれたのかもしれませんよね)。

Re[1]:追い詰められた心(11/24)

高齢ママ*さん

>不妊治療…これも助産院が断る一つの理由になるんですね。初めてしりました。

正しくは、医師と相談の上なのですがね、基本的には受けないようにしているみたいです。



>友人の話しですが

-全く、とんでもない酷い話ですね。

皆、無責任すぎる。

自分の言葉がどれだけ相手を傷付けているか、夢の中ででも学習して欲しいですよ。

こういう風に好き勝手言う人こそが障碍のある方なんですよ。



>もしかすると、この方もいろいろまわりから言われてきたのかもしれませんね。



全くそうなのだと、私も同じようにおもっております。

周囲の人がきっと、彼女を追い詰めていたのだとおもいます。

『出産くらいは自然に』とかって、きっとそう言っている人が身内とかにもいたんじゃないだろうかって。



>この方はその後、どうなったんでしょう?

私も知りたいのですが、難しいです。



>私はやっと妊娠6カ月になりました。狭心症の発作と人工透析中で、出産方法を自分で選ぶことなどできない身です。

>こちらのブログに出会えて、どんな方法でもいい、生きて赤ちゃんを腕に抱きたいと思えるようになりました。

これから冬本番、道は滑り易くなっていたり、身体は冷え易く、今年は鳥インフルエンザも騒がれていて、過ごし難い日々が続くかと思います。

私は高齢ママさんとベビちゃんの素晴らしいお産を祈っております。

その日まで、また色々とお話お聞かせください!

Re[1]:追い詰められた心(11/24)

るんさん

>「生まれた子どもが、治療で授かったことで傷つかないか」とか

>「せめて出産は、医師の力を借りずに、母親である自分の力で産んだと言ってあげたい」などと、考えてしまったのかもしれないですね。



全く同感です。

だからこの方に伝えて欲しいと、友人を介してそう願い出ようとおもって友人に伝えたのですが、多分伝わっていないとおもいます。

友人も人のお産に口出ししたくはないのだろうし、友人は無事に3人のお子を授かっていたので、お産に危機感を抱くことがあまりないというか、なんていうのかな、私は真剣に伝えてほしかったのだけど。



人って無責任で困りますよね、困る人が多い。

どこまでも『私!』なんですよね。

私もそういうところはあるから、自分でも気をつけようとおもっていますが、どうだろう、誰かを傷付けたかなとか、やっぱり日々反省です。

精進せねば!!

Re[1]:追い詰められた心(11/24)

桃まま1253さん

>とことん説明を受けて、きちんとした情報を得て、納得して物事に臨むということが大切で、これはもう、病院でも助産院でも共通のことだと思います。

----本当、私達から願わなくてもこうであって欲しいですね。

医師も助産師もあぐらをかいてはお終いです。

何年たとうと、腕が最高であろうと、受ける私達への態度が悪かったり説明が甘かったりしたら、それまでのことだとおもいます。

プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。