--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-10-01

優しい気持ち

こんにちは。
栃木は午後になって、晴れてきました!!!
洗濯物が乾かないことに悩んでいましたが、今日の分は半乾きでも、このまま明日も晴れてくれれば一気に乾いてくれる! と、期待しています。

いつもブログを気にしながらも更新できないし、ご意見書き込んで頂いているのに返事が書けないし、自己嫌悪に陥るところもありますが、こうやって少しでも時間のあるときに書き込んでいけたらとおもっています。

さて、今日は私の好きな『Dr.陽子の診察日記』を皆さんにご紹介したいとおもいます。
直接のリンクが出来ないので、医療法人いちかわクリニックの中にある『Dr.陽子の診察日記』のボタンを探してクリックしてください。(小児科・内科の下の方にあります)

今年の9月18日の『木曜日の外来』―読んでいて、なんだか心が洗われました。
私もリンズやダンジを出産した病院で、2度ほど『緊急手術のため』と、一時診察が休止したことがありました。
長時間待つことになるので、待合室は疲れ気味の妊婦さんが多くなり、私もそのうちの一員になっていましたが、誰も不満を言うことはなかったし、2度の内の1度のときは、初診で来た方に
「今日はこのような状態になっているので、後日に変更された方が」
と、看護師の方に説明を受け、帰られる方もいました。
小児科が別なので、待つ人はどの人も大人でしたし、私も色々なお話を聞くことで、緊急手術に対しては切なる想いを抱いていますが、この日記にある子のように、心配を声に出せることになんだか感動しました。
優しい気持ちって、大事ですね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:優しい気持ち(10/01)

私が通院している診療所も、先生がお産のために診察が中断になることがあります。でも、誰も不平を言うような人はいないです。当然のことですし、むしろお産が終わってすぐに診察を再開して下さる先生に対して

「もう少し、ゆっくり休憩して下さい」という声も多いです。



いいお話を紹介して下さって、ありがとうございました。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。