--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-03

直接言いたい

新年を迎えました。
このブログを通じて、大勢の方から色々なご意見を頂き、また、メールも頂くようになり、パソコンの電源を入れると“琴子との時間”が持てて、とても充実した日々を過ごせております。
ありがとうございます。
今年も宜しくお願いします。


今年届いた年賀状の中で、夫婦で声に出してまで驚いてしまった報告があった。
それは、旦那の大学時代の先輩の突然の結婚の報告。
一昨年の秋に会った時には全くそんなことは言っていなかった。
それどころか、彼女がいるってことは聞いていて知っていたのだが、結婚は? と聞くと、いつもその先輩は結婚を否定していた。
相手の問題ではなく、自分には結婚願望がないと断言していた。
私の旦那をえらく気に入ってくれていて、「お前に会う時は、大学生時代の自分に戻りたいからなんだ」と言って、大学時代のバカ話をしてくれていて、私なんかはその思い出の中に存在しないのに、いつも聞く話が同じなお蔭で、すっかり私まで存在していたかと錯覚してしまえるほど、私のことも可愛がってくれていた。
そんな先輩から届いた年賀状の写真は、正装した新郎姿の先輩と、ウエディングドレスを着た新婦の姿。
「えー、なんで結婚式に呼んでくれなかったの?!」
って、私達夫婦はショックも含めて一緒に叫んでいた。
早速電話して、留守電に旦那が意味不明のコメントを残し、そしてしばらくしてから先輩から電話がきた。

先輩と旦那のいつも通りのくだらない、とても40歳近い男性同士の会話とはおもえない内容の中、時折旦那が
「はい、元気ですよ」
「うん、今も笑っているし」
と、私の方に視線をうつしてきた。
私はリンズの面倒をしながら聞いていた。
10分くらいで電話を切り、旦那が切るなり、
「君のことをとっても心配していたよ」
と言った。
リンズを妊娠中の一昨年の秋、先輩に会った時にも
「良かったね」
と、心配そうな目で一度だけ私の妊娠に言葉を貰った。
「君が元気にしているか、なんだか凄く気にしていたよ」
電話での会話中、何度も私に視線をうつしていたから、その度にきっと、先輩が私のことを言っていたのだろう。
リンズが生まれたら琴子のことを忘れてしまう(実際には忘れていなくても、その方が良いと思われている)ことの方が多い中、先輩はリンズが生まれたからこそ、琴子への私の想いが強くなることを、感じてくれていたのだろうか。
「死ぬまでさ、私が死ぬまで、傷が癒えることはないから」
と、何故か今日は旦那に寂しく言ってしまった。

旦那の大学時代の先輩で、もう一人、G先輩という女性がいるのだけど、この方にも妊娠7ヶ月のときに天国に逝ってしまった天使ちゃんがいて、琴子が亡くなった後しばらく、私はG先輩にたくさんの言葉を貰い、救ってもらっていた。
いきなり結婚した先輩のお祝いをするために、G先輩も地方から春に上京してくることになったらしい。
都合が合えば、私もG先輩に会いたい。
かなり遠方に住んでいるので、お世話になったのに、いまだにお会いしたことがない。
旦那が風呂に入っている間に、琴子を亡くしてからしばらくG先輩とやりとりしていた日々を思い出し、涙が溢れてしまった。

突然結婚した先輩に、直接会って伝えたい。
「ご結婚、おめでとうございます。私のこと、心配してくれて、どうもありがとうございます。基本的には元気です」
あの頃を救ってくれたG先輩にも直接伝えたい。
「G先輩、実は裁判を始めたんです。後ろ向きの気持ちからではなくて、前向きに。先輩が『自分だけがわかっている、心の中で想っている』って言ってくれたこと、『時間薬』の話もずっとずっと、私の中で続いています。ありがとうございます」
そして、琴子へ。
「琴子、明けましておめでとう! ほら、お年玉だよ!」

春になったら、二人の先輩に会えるかな。
春になったら、琴子のお墓参りに行きたいな。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:直接言いたい(01/03)

タイトルから、

Hへの言葉かなぁって思ってたんだけど、

そんな奴への言葉でなくて、

素敵な先輩たちへの言葉だったのね。



なんか読んでて温かい気持ちになったよ。

Re[1]:直接言いたい(01/03)

くまぴょんの妻さん

>タイトルから、

>Hへの言葉かなぁって思ってたんだけど、

---あは、本当ですよね、言われて気がついたです。

Hへは直接は言いたくない。

顔を見るのも正直、怖いです…

Re:直接言いたい(01/03)

お正月明け、ようやくパソの前に座ることが出来ました。遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。



本題ですが

子供が天使になってから、付き合いを断ったり、逆に関係が深まったり。

また、天使ちゃんを介して、新たな出会いがあったりと、交友関係が大幅に変化しました。無事に産まれて、そばで元気に育ってくれるのが一番なんだけど、それでもこういうことがなければ、友人の価値に気付かなかったり、素晴らしい出会いがなかったことを思えば……ちょっと複雑だけど、天使ちゃんからのプレゼントだと考えています(^^)

って、自分のことばかりでゴメン。素敵な先輩のご結婚、見ず知らずの私ですが、祝福させてもらいます☆

Re[1]:直接言いたい(01/03)

るんさん

>お正月明け、ようやくパソの前に座ることが出来ました。遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

>こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いします。



そう、天使ちゃんを通じて知ったことってたくさんありますよね。

自分をこれほどまでに成長させてくれたのは、学校でも親でもなくて、琴子なのですよね。

生きていて欲しかったことは大前提、ただ、結果が出てしまった今では、感謝する気持ちの方がでかいですね。



先輩へのお祝、ありがとうございます!
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。