--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-13

どうなったのかな…

H助産師は、私達夫婦に
「助産師をやめます」
と、平成15年の暮れにはそう言っていたのに、去年、助産師会から聞いて知って、そして驚いたことに、平成17年の8月にまで、分娩の予約を入れていた。
助産院の閉鎖を正式にしたのは平成17年5月。
助産師会の人が8月のお産について、
「琴子の母さんの気持ちを考えて」
と言ったそうだが、その後、8月の予約の人はどうなったのだろう。
H助産師はきちんと断ったのだろうか。
それとも、廃業すると言いながらも受け続けていたということを指摘された際、
「どうしてもと頼まれたから」
という、とても安易な理由で、8月の人も結局受けたのだろうか。

私の気持ちとしては、H助産師が私達夫婦に対して辞めると言ったのだから、それは守って欲しかった。
今更、H助産師が何をしようと琴子はかえってこないけど、
「琴子の冥福を祈る日々」
というような一文があったのだから、そう信じたかった。

近いうちに助産師会に問い合わせてみよう。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:どうなったのかな…(01/13)

ホントHの嘘八百にはうんざりするね。



自分が「もう助産師止める」って言ったんなら、

どんなことがあっても守るのが普通なのに、

それすら守れず嘘ついて助産師やってるなんて・・・



琴ちゃんのことホントに冥福を祈ってるんやろうか?って思いたくなる。



普通の人なら最低でも命日にはお花や何かを送るか、

お線香をあげにくらい来るはずなんだけどなぁ・・・



なんかすごい悔しいわ。

琴ちゃんの悔しさに比べたらほんの微々たるものかもしれないけど、でも悔しい!



プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。