--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-28

どこで産むかということは…

ちょっと過激な表現かもしれないけど、どこで産むかは、どこで死ぬかを選択していることと、同じなのかもしれない。
誰が…自分(母親)と、子供が。

最近、「助産院を否定している」と、そうおもっているばかりの人が大勢いるのだろうなぁと、今更に感じることがあったので、ちょっと深く深く考えてみた。
そうすると、自分がリンズを妊娠して、旦那と産む場所を選ぶ時には『とにかくNICUがあること』『すぐに帝王切開ができること(当時は予定帝王切開も考えていたし、経膣だとしてもと、考えていた)』を一番として、その条件から更に、家から近いところとなり、県内では中央に位置する、総合病院を選択した。

リンズがNICUを必要とするかなんてわからない。
経膣分娩となったとして、そのままスルッと生まれるかもしれない。
そして、そんな保証はどこにもない。
なにより、この子(リンズ)は逆子じゃないかもしれない。
それでもなんでも、もう子供が死んでしまうのは嫌だ、死ぬ可能性をなるべく低くしたいと、ただそれだけだった。

時折、「琴子の母さんはどこで産めと言うの?」と聞いてくる人がいる。
病院だって危険なことはたくさんある。
世の中の医療問題の大半が、大小問わず、病院でのこと。
だから、病院が必ずしも安全で信頼度が高いなんてことは言えない。
そういう意見から助産院を選ぼうとしている人にとって、私の意見は白黒つけない、曖昧なものに感じるかもしれない。

私には人の人生を意図して左右することなんて出来ないし、したくない。
ただ、自分が当時欲しかった情報の一つが、自分自身の話なのだ。
色々な角度の情報を知り、その上で決めたかった。

最近知り合った女性で、第2子は自宅で産みたいという方がいる。
その方には琴子の話、裁判の話をした。
黙って聞いていてくれた。
その上でも彼女は自宅を選ぶかもしれない。
私は反対する気持ちはない。
それがよく考えて出した彼女の答えならば、私にはこれ以上言うことはないし、彼女と子供の無事を祈るだけ。

どこで産もうかを悩む場合は、悩みを「どこで死ぬのなら納得いくか」に置き換えればどうだろう。
信頼出来る医師・助産師との出会いは必須だし、設備はどうだろう。
何もないからこそ良いとおもわれる場合、もしもそこで子供が死んでしまったとして、後に「設備さえ整っていれば、子供は生きていたかもしれない」という悔いを抱かずにいられるのか。
それが最善を尽くしたと、心の底からそうおもえるのか。
病院を選択する場合も、悲しいお産の体験者の方の中には、
「医療事故のリピーター医師だとは知らなかった」
と、情報の偏りがあることを悔やんでいる方もいる。
意外と、「本当は…」と言いたいことがあっても、『この人は無事に産めるのかも知れないし』と、言うことを遠慮してしまう人が多いらしい。
『私は信頼しているのに!』
と、怒られるのがいやだという人の気持ちもわかる。

だから、産む場所選びって難しい。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:どこで産むかということは…(02/28)

ホントにどこで出産するかって言うことは、

一度帝切したものにとっても大問題だったよ。



ホントはすべての妊婦さんにとって大問題にならないといけないんだけど、

初めて妊娠し、出産する人にとっては、

「いかに快適な出産と入院が出来るか」が最重要視され、「何かがあった場合、いかに迅速な処置ができるか」と言うことを考えてる人って出産にリスクがある人以外ではほとんどいないんじゃないかなぁ。



でもインターネットなどでちょっと検索すれば色んな情報が簡単に手には入る今こそ、

こういった「どこで産むか=どこで死ぬか」であるっていうような警鐘が必要だと思う。



新しい命とそれを大切に育んできた命が、

間違った「産む場所選び」により消えていくことが無くなればいいなぁ。

Re:どこで産むかということは…(02/28)

>どこで産もうかを悩む場合は、悩みを「どこで死ぬのなら納得いくか」に置き換えればどうだろう。



どーんと響いてきました。

どれがまちがいとか正しいとかじゃなくて。

どこで産んでも100%安全なんて場所はないし

結局どこで産んでも結果的に母子が無事なら結果オーライ、なのがお産なんですよね・・・。



昨日も友人と「助産院のリスクもわかるし、大きな病院なんかの事務的な感じに対する嫌悪感も否定できないし、一体どこならいいんだろうねぇ」なんて話をお茶飲みながらしていたところです



どこで死んだら納得するか?というよりは、どこで産むにしてもそのメリットデメリットをしっかり把握して、他と比較したりもして、自分で自分のお産の方法を真剣に考えると言うことが一番必要なのではないかと思います

もちろん、そうしたからと言って、仮に万が一のことがあったら納得できるか?といえば決してそう言うわけではないのでしょうが・・・。

Re:どこで産むかということは…(02/28)

私の友人で一人目を帝王切開してる子も、二人目を妊娠した時は、迷わず総合病院を選んでました。

一人目の出産の時は、ご主人の仕事の関係で、地元ではない県の総合病院で産んだのですが、

かなり危険な状態だったらしく、もしも緊急設備のない、或いはそういった設備の整った病院と提携していない個人医院で出産していたら、母子共に危なかったそうです。



そういったことがあって、二人目もNICUの整った病院を選んでました。

しかしその病院は地元で一番大規模で、そのため他の科の患者さんも多く、建物もかなり古くて地味。そのため周囲からは「もっとかわいい所で産めばいいのに」と言われてたことも度々だったようです。偶然、私もその場にいましたが、彼女は苦笑いしただけで、何も言いませんでした。



でも私も考えてみれば、死産の経験がなく、琴母さんやこの友人がいなければ『かわいい病室』『アロマなどの教室がある』『食事がおいしい』だけで、決めていたかもしれません。

長くなってしまったので、二つにわけました

数年前、かなり古い不妊専門誌(古本屋で買った)の中に、医療ミスで訴えられたことのある地元の病院が、『おすすめ病院』として掲載されていました。(裁判ではミスが認められた)

出版時期と裁判の時期は、ほとんど変わりはありませんでした。そりゃ不妊治療にはいいのかもしれないけど、治療が進めば当然その病院で出産となるんだし・・・



出版社に問い合わそうとしたけど、古いものだからと、見送ってしまいました。もし新しい物に載っていたら、出版社に訊いてみようかと思ってます。

Re:どこで産むかということは…(02/28)

今日の題目、すごくズシッと心にきます。



夢人はNICUの整った、

大学病院で産みたい...!と

私が決めました。



もし、違う病院で産んでいたら、

ホテルのような食事の出る病院の先生が

促進剤を使う先生だったら、

あの子は元気に生まれていた?



だから、次男を産む場所を決めるとき、

また、私が決めた病院で、

死なせてしまうのでは...と

考えられずにはいられませんでした。



人の死は神様が決めているのか、

今でも私の中では?です。



難しいですね・・・。

何に重点を置くかで全く違う選択になりますよね。

私は偶々行った個人院の対応が悪く、しかも卵巣に問題がある事だけは知らされていたので、

即行で実家近くで評判のいい「総合病院」に行きました。

結果はその数週間後に卵管が捻じれてしまい緊急手術となったので

私にとっては良い選択となりました。



今の世の中では「お産のリスク」は殆ど知る事のない妊婦生活です。

「お産は病気じゃない」「お産は安全」なんて言葉が独り歩きをして

「自分がいかに快適に過ごせるか?」を最重要事項としてしまう方も多いでしょう。

ここから覆していかないと、本当の意味で「産み場所を選択する」にはならないのだろうな~と思ってしまいます。



産む場所の選択が、時に人の生死を分けてしまう・・。

そう考えると、益々難しいですね・・・。

私も含めて

人が産まれること、死ぬことに直接立ち会うことが少ない今の時代だと思います。

だから、無事に産まれるのが当たり前のように世の中では思われているし、「昔はみんな家で産んでいたんだから」ということになるのでしょうね。



だから想像力を働かせて、うんといろいろ考えてみるべきだと思います。

私も出産のとき、「どこで死ぬのなら納得いくか」まではとても想像できなかった。

でも、「母子共に無事だったからこそ今がある」というのは揺るぎない事実です。

だから、少々無理をしても、自分の望むお産をする。結果がどうであろうとそれを受け入れるつもり、という話を聞くと、「本当にそうなの?」と問い返したくなってしまいます。

大変勉強させていただきました。

はじめまして。

最近、3人目がオナカにいることが分かり、どこで出産しようか、迷っていたところでした。



先月、友人が、3人目を助産院で産みました。上のお二人は総合病院でした。彼女に、助産院がすごく良く、最初から助産院で検診も受けていればよかった、と、強く助産院を勧めてくれました。私も、彼女の話から、良いところばかりを聞いていたので、家の近くの助産院の情報を調べていたのですが、どうしても決断できず、会社の休み時間などでも、ひたすらネットで色々と情報を探していました。そして、こちらのブログにたどりつきました。



上の二人の出産のときには、どこで産むかは、できるだけ綺麗で、検診費用も分娩費用も良心的なところ、ということだけでした。安全性なんて、ほとんど考えていませんでした。3人目ともなると、出産に自信が出てきているので、医学的な手段を使ったりせず、すぐ抱けて初乳をあげられるところ、と考えていましたが、3人目だからどこでも産める、というのは安易な考えでした。



琴母さんのおっしゃるとおり、「もし、そこで死んでも後悔しない」ところを選ぶ、ということで、今までの迷いはなくなり、今回も、上の二人を産んだ産院に決めました。



世の中、出産を甘く見ている妊婦さんが本当に多いと思います。一人目のときも二人目のときも、自分自身がそうでしたし、周りのお母さんたちもそうでした。こちらで、「助産院」というところが、本当に安心して産めるところなのか、本当に色々考えさせられましたし、満足の行く出産というものが、どういう形のものなのか、考えさせられました。



本当に、琴母さんには、感謝です。自分の考えの甘さを認識でき、出産場所を決断することができました。一言、お礼を言いたくて、こちらに書き込ませていただきました。どうもありがとうございました。

Re:大変勉強させていただきました。(02/28)

すけさん

>はじめまして。

はじめまして。

お越しくださり、ありがとうございます。



>一言、お礼を言いたくて、こちらに書き込ませていただきました。どうもありがとうございました。

お礼なんてとんでもないです。

でも、励みになりました。

だから、こちらこそ、ありがとうございます。

すけさんの3人目ちゃんと、すけさんのこれからの日々が笑顔で満ち溢れることを祈っております。



また是非、ご意見をお聞かせください。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。