--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-13

第七回口頭弁論

まだ実家にいる私は出席できず、旦那にだけ出席してもらった。
旦那から電話で報告してもらった。

まず、いきなり裁判官が代わったそうだ。
「代わらないようですよ」
と、前回の裁判のときには弁護士さんと話していたのだけど、弁護士さんも急に知らせがあったのか、
「ずっとこの裁判官なのか」
と覚悟したばかりなのに。
いきなり最初から和解をするように言われていたから、裁判官が違ってもそう言われていただろうと説明を受けているけど、なんとなく馴染めずにいた裁判官だったので、代わって良かったかなと期待したけど、旦那いわく
「別に同じ感じの…」
とのこと。
裁判官さん、和解を勧めるにしてもなんにしても、一度は原告の気持ちを聞いてくださいよー。

被告側、なんだかなぁ。
和解の条件、前回こちらから提示した内容に対して、部分的に認めるとかって感じらしい。
それも、見事に反省の色なく。
来週に弁護士さんと打ち合わせをすることになったので、そのときに弁護士さんから説明をきちんと受ける予定です。
今日の段階では、旦那のまとまっていないままの説明故、よくわからないことが多い。

まずね、H助産師が本当に悪かったなんておもっていないんだろうなっておもえちゃうのがね、いやになる。
助産師会の関係者の方もね、私は当時から、最初から嘘や偽りのない、ちゃんとした説明と訴えをしているのだから、H助産師のついている嘘とかについてはきちんとしてほしいよなぁ。

まとまっていないままだけど、ちょっとだけ報告でした。

今週末に久々に帰宅します。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:第七回口頭弁論(04/13)

Hはまだ嘘をつき続けてるの?



あきれ果てるよね。



それにしても裁判官、

ちゃんと原告の言いたいことを聞いてくださいよ!

人一人の命が失われてるんですよ!

今、ちゃんと聞いて、

ちゃんとした対処をしないと同じ事件が繰り返されてしまいますよ!

それを防ぐためにもちゃんと話を聞いてください。

そうか・・・

反省もしていない、悪いとも思っていない人と和解はできないよね・・・



お金が欲しくて裁判してるんじゃないんだから。



事実を知りたい、Hがどんな風に思っているのか本当のことを知りたい



そういうのを明らかにするのが裁判なんじゃないの?!って憤ってます。

プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。