--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-05-17

第八回口頭弁論

16日、裁判所へ。
前回より、裁判官が代わり、私は前回は行けなかったので、初めてお顔を拝見。
以前の裁判官とは違い、きちんと意見を言ってくれる方だったので、とても嬉しい。
以前までの裁判官はとにかく和解で終らせよう、早くしよう!がみえみえだったので、被告側の
「同じく私達も早く終らせたい!」
と同調しちゃっていて、暖簾に腕押しの状態だったので、私はとっても不満だったのだけど、新しい裁判官のお蔭で、なんだかやっと、裁判らしくなってきた気がする。

ずっと和解を勧められていて、実は16日にも和解が成立してしまうのではないかというくらいに、和解の方向にあったのだけど、私達が出した和解案に向こうが完全には寄り添えず、その寄り添えない部分に対し、裁判官が私達の気持ちを汲んだ発言をしてくれて、被告側に譲歩を促してくれた。
譲歩って言うのとも違うかもしれないんだけど…適当な言葉がうかばない。

またあらためて報告します!


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:第八回口頭弁論(05/17)

こんにちは。裁判官の変更が、良い方にでたみたいですね。一安心というところでしょうか。和解するにしろ、裁判を続けるにしろ、原告側の気持ちを汲んでくれるというのが、ほっとしますね。

このまま良い方向に進み、良い結果が出ることを祈ってます。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。