--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-26

平気でうそをつく人と良心をもたない人

嘘をつく人がいるので、『平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学』を読もうかとおもってネット検索してみたら、
良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖』の方が欲しいとおもえたので、早速注文をした。

「あんな分かり易い嘘をついて、恥かしくないだろうか」とおもうことがある。
当人はすっかりその気になってしまっているせいか、周りが冷ややかな目で見ていることにちっとも気が付けないでいる。
滑稽であり、憐れである。
自分がそうなっていないか、そうならないかを見定める為にも、届いたらすぐに読もう。

H元助産師は『平気で嘘をつく人』だったし、私からしてみれば『良心をもたない人』だった。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:平気でうそをつく人と良心をもたない人(06/26)

面白そうな本ですね。

私も今、脳科学に興味があって「脳の中の幽霊」を読んでる途中です。特に「幻肢痛」の項目が不思議で……

「幻肢痛」というのは、失われた体の部位が痛むというもの。「ファントム・ペイン」とも呼ばれているそうですが。こういったものも、全て脳の仕業なんですって。私の実母の父が晩年、太ももから下の部分を切断するということになったのですが、「(ないはず)の足が痛い」と話していたのを思い出します。幼少の頃に亡くなったので、あまり記憶がないにも関わらず、その記憶だけは印象に残ってます。



脳って不思議ですね。周りの人間だけじゃなく、自分自身も騙すことがあるなんて。。。もっとも患者さんにとっては、そんな呑気なことを言っておれず、治療しなければならない。脳の中の「嘘」は、自分自身を苦しめることがあるのだと、そんなことを考えています。

では、周囲に嘘を吐く人はどうだろう。自身はもちろん、他人までも苦しめるのに・・・

う~ん、飛躍しすぎですかね

Re[1]:平気でうそをつく人と良心をもたない人(06/26)

るんさん

>面白そうな本ですね。

いやぁ、この本を読んで、更に嫌な気分になるかもしれませんよね、なんていっても25人に1人ですよ!



ファントム・ペイン、切断したりするとですよね、そうそう、テレビで見ました。

昔、勤労少女(?)の頃に、勤務中にやたらと歯が痛むので、歯医者に行かせてもらいました。

でもなんともないって、虫歯がないと言われました。

レントゲンも撮りました。

休日はちっとも痛くないんですよ。

これもファントム・ペインだったのでしょうか?!(^o^)
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。