--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-07

死亡現認書

遂に届いた。
『死亡現認書』― なんだか悲しい響きもあるけど、これで戸籍に載せることが実現出来そうな、まだそうとは決まっていないのだけど、ここまできたなっておもう。

色々なことが重なる。
昨日、弁護士さんから久しぶりに電話が来た。
「現認書が届きました。投函しますから~云々」
という内容。
それを追いかけるかのように、ある新聞社の記者さんからの電話。
この記者さんは初めの何回かは傍聴に来てくれて、記事にもしてくれていたけど、ぱたりと見なくなっていたから、かなり久しぶりだった。
「和解になっていたんですね、今度、取材したい」
というような内容で、私が戸籍に載せるために動いていると伝えたら、凄く興味を持っている様子だった。
役場に提出する日には、同行したいということだった。

この記者さん、凄くタイミングが合っている。
弁護士さんからの連絡がなかったら、ここまでの話にはなっていなかっただろうなぁ。

琴子の話を聞いて、それを聞いた人達がどう感じるかはわからないけど、私は真実を述べるだけ。
それで良い。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:死亡現認書(07/07)

琴子ちゃんの戸籍がとうとう出来るのですね。



琴ママの気持ちがその記者さんに伝わり

多くの方に琴子ちゃんのことを知ってもらえるといいですね。

Re[1]:死亡現認書(07/07)

ひまわりぽやさん

>琴子ちゃんの戸籍がとうとう出来るのですね。

うーん、まだ決定ではないのですが、希望は得られています。

私も楽しみです。

プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。