--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-19

死亡届の修正

昨日の大雨に負け、今日、役場から呼び出されていた用事を済ませに出掛けた。

修正個所は3ヶ所あった。
一体、どんな書き間違いをしてしまったものかと、実際に記入をしたのが旦那だったので、日頃から想定外のことをしてくれる人故、予測しきれずにいたのだけど、とっても小さな、そしてなんとも切ない修正だった。

まず、死亡した時刻の欄で2ヶ所。
琴子は2003年8月31日午前11時30分に生まれ、同日の午後1時30分に亡くなったとなっている。
曖昧な表現をした理由は、H助産師がきちんと時計を見て確認してくれていないので、こちら側の記憶と、向こうの言い分が完全には一致していないし、確固たる証拠・確信を持っては言えないからである。
でも、私が時計を見たときの記憶が一番、正確に近いものだとおもっているので、私の記憶の時間で和解調書及び出生届も記載されている。
で、死亡届にはこの死亡の時刻を記入するのだけど、旦那は最初、午前にチェックを入れ、11時30分と書いた。
すると役場の人は、新聞の記事を読んで覚えていたのだろう、いきなり
「違いますよね、2時間後に亡くなったんですよね?」
と言ってきたのを覚えている。
だから旦那も訂正したく、新しく用紙を用意してもらい、午後にチェックを入れて、1時30分と記入していた。
それが、実はよく読むと、
「死後30日を過ぎている場合は云々」
とやらで、出生の時間を書けと言う。
ので、そこを午前にチェックを入れなおし、11時30分とした。
前のを訂正し、新しく記入し直すということで、2ヶ所。

もう1ヶ所が琴子と私達夫婦の関係。
これは親子であることは当然なんだけど、この死亡届の申請者(提出者)としても、私達夫婦が名を連ねたのだけど、これが悲しいことに、生後2時間しか一緒に居られなかったので、“一緒に暮らしていたとは言えない”となるそうで、『同居をしていない親族』という項目にチェックを入れるように指示された。
一瞬、ほんの一瞬、
「は? 何言っているの? 目には見えなくても一緒にいるんですよ!」
と言いたくなったけど、相手を困らせるだけだし、
「こんなちっぽけなことにはこだわらない」
ということで、すぐにチェックを入れ直した。
何故かここには旦那はチェックを入れていなかったので、訂正がなかった。
この件を帰宅後、旦那に伝えたら、『同居をしていない親族』という言葉にやはり引っ掛かったようで、
「だって、親族じゃないか!」
と言っていた。
そう、親族なんだけど、確かに琴子が生きている間にはHの助産所にしか居られなかった。
この家には死後にしか居られなかった。
仕方のない事実。

これで本当に完了したんでしょう。
「今日は戸籍の謄本は…」
と聞かれたので、速攻、
「いいえ、大丈夫です、必要ないです」
と答えて、挨拶を済ませて帰宅した。
琴子が生きているものなら、また何枚でも貰いたいけど、もう死亡になっているからね…

それでもなんでも、やっぱり琴子を戸籍に載せられたんだっていう、この事実が嬉しい。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:死亡届の修正(07/19)

なんだかこういうのって、融通がきかないですよね

前にも書いたかもしれませんが、私も婚姻届を出す際に、エライ目にあいました。提出後、親の欄に実母の名前を書くよう突き返された。それも提出時点での姓名と現住所を書けって。

知らねーよ、そんなもん。生きてるかどうかすら知んないのに、現住所って……。結局役所側で調べてくれて事なきを得たんですが(自分は知りたくもなかったので、旦那に記入してもらいました)、

もっとも、逆の意味でも、戸籍って大切なものだと感じましたけど。

『同居していない親族』って、他に言いようがないのかな。けど、最後の一文



>やっぱり琴子を戸籍に載せられたんだっていう、この事実が嬉しい。



この言葉にほっとしました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re[1]:死亡届の修正(07/19)

るんさん

役所で調べてくれるんですか。

色々なことがある分、色々な対応があるのだとおもうのですが、常に融通がきかないのも事実ですね。

仕方のないことだとわかってもいるですけどね。

Re:他のブログでは(07/19)



上記のURLはこのブログと、琴子の話にふれた内容(ブログ)でした。



がんばれさん、お知らせ、ありがとうございます。

できましたら、次回からは悪戯かも…とおもってしまうことのない内容でご案内くださると嬉しいです。

Re:死亡届の修正(07/19)

出産事故MLメンバーのかったんです。出生が認められて本当によかったですね。じゃあ、リンズちゃんは、戸籍には次女と載っているんですね。生きていたのに、死産とするとは本当に許せないことです。本当によく闘われたなあ、と心底思いました。

私も見習って、前向きにがんばっていこうと思います(^^)

ほんまにお疲れ様でした!!

Re[1]:死亡届の修正(07/19)

かったんさん

お久しぶりです、いつもMLでのご意見は読ませて頂いています。



>ほんまにお疲れ様でした!!

ありがとうございます!

かったんさんのサイトは裁判中に何度も拝見し、勉強させて頂いていました。

ありがとうございました。

プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。