--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-23

アヴェ・マリア

前にももしかしたら書いたかもしれないけど、琴子との思い出の曲。
妊娠中、色々なことが楽しみで、普段は全く聴かなかったクラッシック、一枚のCDを買って、お腹の中の琴子に毎晩、聴かせていた『アベェ・マリア』。
この曲が最初の1曲で、その後に色々な曲が続いてるのだけど、最初のこの曲で眠れてしまうので、とても聞き心地の良い、琴子も大好きなCDだった。
もしかしたら、琴子はお腹の中で、最後までしっかりと聴いていたのかもしれない。

このCDは棺の中に入れた。
燃してはいけないものなのかもしれないけど、どうしても琴子に持たせたくて、そして、手離したくなくてたまらなかったけど、琴子が天国でも聴けるようにと、棺に入れた。

今日、私の仕事でネット上で配信されている音源選びをしていたら、アヴェ・マリアの文字があった。
琴子を見送ってから、あまり目にも耳にもしていなかった。
ちょっと勇気がいったけど、聴いてみた。
あぁ、琴子の曲だなぁって、切なく、なんとなく初恋を思い出すような、そんな気持ちになった。
あぁ、あの頃を思い出す…この曲を聴いていると、お腹の中に琴子がいるような気がして、嬉しくて悲しい。

天国では皆が思い出のものを持ってきているのだろうから、皆で思い出のお土産話をしあって、こうやって曲を聴いたりしているのかなぁ。
琴子はどういう気持ちになるのだろう。
私を想って、切なくなったりしているのだろうか。
どんな心でいるのだろうか。

辛くなることばかりを恐れず、ときにはこうやって琴子との時を強引に思い出すことも大事なことなのだと、つくづくそう感じた。
琴子が一緒に聴いているような気がする。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うれしくて悲しい

すごくその気持ちわかる。

あの子を感じる事をできることはうれしい。

でも、悲しい。



天国で思い出のもの、

夢人は○まごクラブを見ながら作った

タオルのぬいぐるみ、

おなかを押すと、ピーって鳴く笛も入れたの、

自慢してくれてるかな?

でも、もう6歳なのに、

あかちゃんのおもちゃだよね。

質問あり

刑事告発をせず、民事裁判で終わったわけですが、その助産師の方は、一人でやっている方なのですか?いま、どうしているのでしょうか?栃木県の助産師学会には、この事件のことは書いてないのですが。何かもみ消されたような気がするのですが。どうもうやむやで何か終わってしまったような。医療サイトにもこの事件にコメントが極端に少なくなり、何か変な感じがします。思い過ごしでしょうか?意図的に話題を起こさせないようなへんな感じがします。助産所の危険性は、ホントマスコミでも話題にならず、いつもハッピーな事例として奨励されています。報道する側にも公正な客観的報道を望みたいのですが。

Re:質問あり(07/23)

地方開業医ですさん

>刑事告発をせず、民事裁判で終わったわけですが、その助産師の方は、一人でやっている方なのですか?いま、どうしているのでしょうか?

---一人でやっていた方です。今は廃業したと聞いていますし、保健所にも廃業届が提出されています。



栃木県の助産師学会には、この事件のことは書いてないのですが。何かもみ消されたような気がするのですが。どうもうやむやで何か終わってしまったような。

---残念なことに、私は日本助産師会の方からの連絡は頂いていましたが(提訴以来は皆無ですが)、栃木県の助産師会からは一度も連絡を頂いていません。

当時の支部長の方からは攻撃的な連絡がありましたが、どれも栃木県の支部としての連絡だとはおもっていません。



医療サイトにもこの事件にコメントが極端に少なくなり、何か変な感じがします。思い過ごしでしょうか?意図的に話題を起こさせないようなへんな感じがします。助産所の危険性は、ホントマスコミでも話題にならず、いつもハッピーな事例として奨励されています。報道する側にも公正な客観的報道を望みたいのですが。

医療サイトは出入りに制限があったりしていて、私も見られる範囲が狭いので、どのようなやり取りがあったのかもわからないのです。意図的に話題を起こさせないとして、それは医師の方達に対しての圧力なのでしょうか。

マスコミの方達は、私のような話には興味がないのでしょうね。

とにかく、助産院と自宅分娩は素晴らしい!とだけ言いたいのだろうと感じています。

悲しいです。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。