--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-02

死産から死亡になったから…

死産でも大切に想って欲しかったけど、義父は
『こういうことは闇から闇へ…』
と、琴子の葬儀をどうするかとか、納骨はとか、話し合う度に何度も言っていたから、どうしようもないくらいに悲しくって、悔しかった。
そんな義父が、旦那の『お寺に寄進したい』という問い掛けに対し、琴子が生きて生まれたと証明され、戸籍にも載ったので、死産となっているお位牌を変えてもらったらどうだと言う。
是非、そうしようとなり、今年の琴子の誕生日(命日)には、お寺に行って、両家の祖父母も招いて、盛大に祝ってあげることになった。
死産のままだったらしてもらえなかったことなんだろう、複雑な気持ちがあるけど、死産でも親は変わらない想いがあるのだけど、周囲の人との温度差はどうしようもない。

卒塔婆も用意してもらえるそうだし、形式的なことにこだわるつもりはないのだけど、何かしてあげられることがあるっていうのが嬉しい。
一番やり直したいことは出産の選択からなんだけど、それだけじゃない、色々なことが取り返しのつかない結果となっている中で、戸籍に載せられたっていうのは凄いことなんだと、今でも感動が増している。

戒名も変えたいな、味気ないものだったから、私が考えようかな。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

K助産院(ブログ管理人:琴母により、修正)

はじめてこのHP見ました。時間がなくすべてを読むまではいってないのですが、私は2005年にK助産院で出産しました。一言で言うと後悔してます。私の赤ちゃんをとりあげてくれたのは、(私の希望で)違う助産婦さんだったのですが、今でもあの時K医院長だったら…と思うと震えがきます。

何故、あそこの助産院を選んだのか自問自答の日々です。私が出産した時も、陣痛がきてから3日間放置されているひとがいました。不思議な事にその人はKを信用してて、お祈りまでさせられていました。ほんとに宗教ですね。私は通院時におかしいと思い出したのですが、病院を変える時間もなく出産してしまいました。ただ、私は分かり合えた助産婦さんが別にいたので助かりました。なので、最後までKには従わなかったです。今はもう助産師会を脱退させられたらしいですが、琴子ちゃんのお母さん、もしよろしければくわしいお話聞きたいです。(2006年08月12日 02時07分38秒)

Re:K助産院(ブログ管理人:琴母により、修正)(08/02)

ほし☆さん

こんにちは。

お越しくださり、ありがとうございます。

また、頂いたコメントの中に個人名があったので、修正させて頂きました。

失礼しました。



K助産院で出産したという方に出会えたこと、妙な表現ですが、嬉しいです。

かなり問題のある助産院のようですね。

そして、やはり、洗脳(?)されている方も多いようで、当時の自分を見ている・聞いているような気がしてしまいます(お祈りはなかったけど…)。

私も色々とお話を伺いたいです。

よろしかったら、メールをください。

http://plaza.rakuten.co.jp/josanin/mailboxform/

勿論、この場でも構いません。

是非。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。