--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-29

2008?

なかなか更新できなくて、なんだか自分が嫌なんですが、物理的な問題もあったりして…
こんな状態でも、ご覧くださっている方がいるということにひたすら感謝です。

まさに年末。
今年も残りわずかですね。
私はクリスマス前の賑わいからして、正直、苦手な感情があるんです。
2003年の年末年始があまりにも惨めで、その記憶からでしょうね。

琴子が亡くなった直後、数日間私の家にいてくれた実母がテレビを点けると、どうしてテレビの中では誰も泣いていないのかが分からなくて、テレビをすぐに消してもらいました。
そんなことを何遍も繰り返し、段々と、琴子が死んだことは世間では痛くも痒くもない出来事だと痛感し、自分もそうであったわけですから、個人的に誰かを責めるという気持ちではなく、小さい命は本当に小さいままなのだと泣きました。

毎年、年賀状はそれなりに楽しみにしていました。
勿論、琴子が死んだ年は喪中の挨拶を出しました。
それを受けて、連絡をくれる方も数名いてくれましたが、喪中の挨拶を受けても尚、年賀状を寄こす方もいました。
あぁ、胎児の死(このときはまだ戸籍に載っていません)は人の死ではないのだなと、悲しくて堪らなかったです。

とにかく年末年始の賑わいは苦しかったです。
以来、年末年始こそ、日常のままでいようとしています。
本当に辛かったから、今でもあのときの私がどこかにいるような気がして、せめて私だけでも、あのときの私自身に寄り添いたいとおもっているんでしょうね。
そして、今年もきっと大勢の天使ちゃんと天使ママ&パパが初めての年末年始を迎えているのだとおもうと、切なくて堪らなくなります。
悲しいよね、寂しいよね…一緒にお正月を迎えると期待ばかりしていたよね…


今年の私を振り返ると、このブログはあまり更新できなかったのですが、医療関係者の方たちのブログを中心として、時にはネットを彷徨っていました。
その中で、凄く心に残っているのが、中絶に対しての医師の方のご意見、
『させられる側の気持ちも考えて』
というような一文でした。
その通りですね、依頼する側はお金を払えば済むとおもっている方もいるとおもうのですが、中絶問題を女性の私たちがきちんと考えて、声に出していくべきなんだとおもいました。
病気などで仕方のない選択というのは別問題です。
私はこの医師の方のご意見を目にしたとき、私たちがいかに命を軽視しているかを考えさせられました。


テレビでは『たらい回し』という表現のまま、医療崩壊の報道が多くなりましたが、助産院や自宅出産に対しての警鐘は全く鳴らされないままで、不思議でなりません。
医療は叩きやすく、助産院は美化されたまま。
助産院や自宅って、そんなに安全なの?


よく、『第二子を自宅で出産』などと経歴に書くような方がいらっしゃいますが、そういうのもやめて欲しい。
『昔は自宅で産むのが当たり前だった』と言う方たちこそが、率先してその当たり前という行為を前面に出し、『特別な行為』だと騒いでいるように見えます。
どんな場所で産んだかを、どうしてわざわざ言うの?
当たり前だとおもっているのなら、言わないよね、普通は。


……あれもこれもと、本当はブログで書きたいなぁとおもっていることがまだまだあったのに、ご覧の有様、全く書けないことの方が多くて、自分が残念でなりません。
今年が終わるという日々の中、天使ママ&パパが少しでも心安らぐことを祈るばかりです。
そして、年末年始はどうしてもマンパワーが不足しがちだとおもいますから、妊婦さんたちがこの年末年始に派手な行動を慎まれることも祈っております。
また、派手な行動を慎んでも、緊急事態に陥る可能性があるという覚悟も大事ですね。
残りわずかな今年、一人でも多くの方が無事にお産を済ませられますように祈っております。
年末年始も関係なく現場で働く医師、助産師、看護師の皆さん、有難うございます。

本当に、お産は子どもが無事で生まれてくれるのが一番の素晴らしいお産です。
子供の死は辛いです。
今の無事を当たり前におもわれず、どうかどうか、ご無事にご出産終えられますように…


なんだか相変わらずまとまりのない私ではありますが、今年も一年、皆さんには大変お世話になりました。
今年最後は今日となるとおもいます。
来年も宜しくお願いします。

そして、天使ちゃんたち、今年も一年、琴子と仲良くしてくれて有難う!
天国は寒くないかな?
来年も、琴子と仲良くしてね。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来年もよろしくお願いします!

琴子ちゃんのお母さんの思い、きっと自分が生きている感覚もなくなってしまうほどだったのではないかと思います。

出産で大切な家族をなくされた方の気持ちを安易に理解できると言えないように、出産時に産婦さんや赤ちゃんの死に遭遇した医師や助産師、看護師の気持ちも同業者にさえ理解できないのではないかと思います。

先日の「思い出すといつも泣いている」というぐーたら産科医先生のコメント、私もいつも鮮明にその時を思い出して泣いている体験があります。

「お産は怖い」身にしみて感じるので、なぜあえて医療から距離を置こうとするのか、と思います。出産の場では1分の遅れでも手遅れになる場面はいっぱいあるのに・・・。怖さを知っていて、あえてそれでも助産院や自宅分娩をすすめるとしたら、どのような信念がそうさせているのか。そんなことをたくさん今考え続けています。

琴子ちゃん、琴子ちゃんのお母さんと出会わなければ、私もあの悲しい体験はできるだけ封印していたと思います。でもそれではいけないと一緒に考える場をいただいて、本当にありがとうございます。

また、意見を書かせていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。



妊娠や出産、それに続くいい事も悪い事も含めた、ごく一般的ではない事は、無視されがちですけど、本当は大切な事なのだと思います。

本当に、確率的には低くても、誰にでも起こりうる事。

これだけ産科医療、新生児医療に於けるニュースが大々的に取り上げられるのも、その誰にでも起こりうる事に目をつぶってきた結果だと思います。

確かに大多数の人に取っては、起こらない事だけど、どこかで必ず起こっている事という意識がなくなる事は怖い事ですね。

だからこそ、琴子ちゃんのお母さんの発信される情報というのは、とても貴重な物だと思います。

今年も、ご自身に無理のかからないように、いろんな情報を発信してくださいね。

また来ました

年が明けましたね。いかがお過ごしですか?

ひとつご報告を。



私、夜勤は産科専門の個人病院で勤めていますが、いろいろ思うところあって辞表を提出していたのです。ですが、撤回しました。そこはとても分娩件数が多いです。でも助産師は少ないです。県内の助産師からは評判が悪くこの病院に勤めている助産師は県外出身者ばかりです。お産の少ない総合病院勤務の助産師からはここに勤めていることで悪く言われることもありました。



辞めて、お産が月に20件くらいしかない総合病院で助産師という免許を持ちながら内科や眼科の患者さんを看るという選択を考えたのですが、このブログの中の「お産の多い所になぜ、助産師は行かないのか。プロ意識の欠如ではないのか」というご意見を読み、そのとおりだと思いました。なので、かっこ悪いけど辞表を撤回しました。今、疲れきっている状態なのでいつまで助産師を続けられるかはわかりませんが、お産の多いところで、もう少しがんばろうと思います。



私もブログを開設しています。現実逃避のため、あまりお産のことは書いていませんが、ぼちぼち書いていこうと思っています。よければお越しください。

「アメブロ あたたかいリレー」で見つかると思います。

初めまして

初めてコメントします。時々こちらのブログにお邪魔して、琴子ちゃんのママの意見やみなさんの意見を頷きながら拝見しています。



友人が年末にお子さんを亡くしました。死産だったそうですが、私は知人からその連絡を受けたため、詳しい事はわかりません。

その時、私は放心状態になりました。とても悲しかった。そして友人の気持ちを思うと辛くていてもたってもいられませんでした。

でもかける言葉も思い浮かばず、知人から聞いたので自分がこの事を知っていていいのだろうか?という思いもあり連絡できずにいます。ただただ、毎日のように赤ちゃんのご冥福と、赤ちゃんを亡くした家族の癒しを祈るのみです。



1点気になっているのが、連絡を受ける前に年賀状を投函していた事。郵便局にも問合せ、年賀状の差し戻しをしようとしたのですが、時間的にできませんでした。我が家のものを含め、年賀状が何通も届いたことは、ご家族につらい思いをさせているのではないだろうかと気になっています。

琴子ちゃんのママの言葉を見て、なおさら申し訳ない事をしてしまったなと思いました。

琴子ちゃんのママの発信しているメッセージを見ると、本当に色々考えさせられますし、とても深い愛情を感じます。

私自身母乳育児でやってきましたが、私は母乳神話というよりはただトラブルもなく、順調だったというだけです。「母乳」という言葉にがんじがらめになって苦しんでいるママと接する機会が多く、心が痛みます。

Re:来年もよろしくお願いします!(12/29)

ふぃっしゅさん

年が明けて、早くも数日が経ちました。

相変わらず返事が遅く、今年は去年よりももっと書けるようにしたいというのが豊富です。

今年も宜しくお願いします。



>「お産は怖い」身にしみて感じるので、なぜあえて医療から距離を置こうとするのか、と思います。出産の場では1分の遅れでも手遅れになる場面はいっぱいあるのに・・・。怖さを知っていて、あえてそれでも助産院や自宅分娩をすすめるとしたら、どのような信念がそうさせているのか。そんなことをたくさん今考え続けています。

---お産を数件経験しただけでも、助産院を開業したり出来るんですよね?

悲しいお産や、危険を回避出来たとしても、危険を目の前にしたことがないという方にとっては、“噂に聞く”程度のことなのかもしれませんね。



>また、意見を書かせていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。



こちらこそ、ふぃっしゅさんにはいつも貴重なご意見を頂き、感謝しています。

今年もどうぞ、率直なご意見をお聞かせください!

宜しくお願いします。

Re:今年もよろしくお願いいたします。(12/29)

A子さん

>あけましておめでとうございます。

---もう寒中見舞いの方が正しいのかもしれませんが、あけましておめでとうございます。

遅くなってすみません…



>妊娠や出産、それに続くいい事も悪い事も含めた、ごく一般的ではない事は、無視されがちですけど、本当は大切な事なのだと思います。

琴子を出産した年、2003年のときには、まだ医療崩壊という言葉を知らなかったと記憶しています。

お産難民なんて言葉も。

あれから今日まで、一気に、本当に凄い勢いで崩壊したのだとおもいます。

実際には徐々にそれが始まっていたのでしょうが…



私たち産む側が知らないという問題も大きいですね。

マスコミに期待していないといいたいけど、マスコミの影響力を考えると、無視出来ないですね。

もっとお産についての情報を流して欲しいです。

助産院美化はとにかくやめて欲しい。



今年も宜しくお願いします。

また是非、ご意見をお聞かせください!

Re:また来ました(12/29)

わふさん

>年が明けましたね。いかがお過ごしですか?

---なかなか疲れのとれない日々なのですが、お陰様で元気に過ごしております。



>ひとつご報告を。



最高なご報告を頂きました。

琴子へのお年玉を頂きました!

私は発言ばかりで、資格を持っていませんから、一緒になんてことが言えないのですが、助産師の方が産科で勤めてくださるというのは、とっても嬉しいお話です。

お勤めし難い環境が改善されることも祈っております。



後でブログにもお邪魔しますね。



これらかも宜しくお願いします。



有難うございます。

Re:初めまして(12/29)

ぴよひよこさん

こんにちは。

>初めてコメントします。時々こちらのブログにお邪魔して、琴子ちゃんのママの意見やみなさんの意見を頷きながら拝見しています。

---ありがとうございます。



まず、ぴよひよこさんのお友達のお子さんのご冥福をお祈りします。



お友達さんへ年賀状を送ったというのは、悲しいお産を知った後ではないのですから、お友達さんも辛いでしょうけど、どうしようもないことと、それは恨むでもなくいらっしゃるのではないでしょうか。

『知った上で』というのとは違いますから…



あくまでも私自身の感覚ですが、人伝でも琴子のことを知ったのに連絡をくれなかったというのは、当時、いくらか辛くおもいました。

「連絡なし」=「大したことない」という扱いを受けたような気がしていました。

今おもえば、確かにどう声を掛けてよいものかとおもうのも当然なのですが、一緒に泣いてくれる人がいるっていうのが、あの頃は一番の慰めでした。

言葉を掛けるというより、お話を聞かせてって連絡をしてみてはいかがでしょうか。

あと、もしもお花を持っていかれるのでしたら、菊ではなく、可愛らしいお花にしてはどうでしょうか。

死産って、誕生死でもあるんです。

だから、生まれてきてくれたことへの献花として、子どもらしい、可愛らしいお花が天使ちゃんらしくて…

余計なお世話を並べてしまい、すみませんでした。

(男の子か女の子かがわかれば、色合いも白を基調にして…って、私はお花屋さんにそうお願いしています)



お友達の方に、「一人じゃないよ」って、早く知って欲しいです。



琴子のお友達の天使ちゃん、悲しい出会いだけど、いつまでもママとパパと、そして私たちと一緒にいてねって、遠くから祈っています。



これからも宜しくお願いします。

今年もよろしくお願いします

新年のご挨拶が遅れましたが、

今年1年も変わらず、よろしくお願いします。



新年の思い出といえば、私は妊娠半ばでの死産でしたが、やっぱり年賀状を受け取る勇気がなくて、喪中ということにして欠礼しました。そうしたら寒中見舞いにお子さんの元気な写真を送ってくる人もいて、苦笑したものです。

それとは逆に、体を労わってくれるような、ありがたいお手紙を送ってきて下さった方もいました。

独身の、まだお若い方からも非常に暖かいお手紙が届きました。ほとんど会ったことのない夫の大伯母からも、労わりのお手紙を頂戴しました。



そういうのはとても嬉しかったものです。

辛さと同時に、人の優しさも痛感したように記憶しています。

今年もよろしくお願いします!

琴子ちゃんのお母さん、お返事へのお気遣いありがとうございます。更新もゆっくりで全然かまいませんので、この貴重なブログを今年も続けてくださいね。



>---お産を数件経験しただけでも、助産院を開業したり出来るんですよね?

開業届け1枚で、自宅分娩も母乳マッサージもできます。助産院の施設となるとさまざまな条件がでてきますが。



「正常産は助産師で」という主張は、「医師ではなく助産師で・・・」という意味に現在は使われていますが、お産の歴史の中では違うようですね。明治終わりの頃に「産婆」という有資格者ができて、それまではとりあげばばあのような無資格者の介助だったものだったのを「正常産は、無資格者ではなく産婆(助産婦)で」という意味だったようですね。

それまでの不衛生で迷信や民間療法的なことに頼った

お産を変え、異常な場合は医師につなげていくという

現代に続く流れを作ったといえます。

その流れで考えれば、「正常産も産科チーム(産科医、小児科医、助産師、看護師)で」ということになると思います。半世紀前の人たちにしたら、母子の安全という意味で夢のようなシステムになっているのではないかと思います。

いろいろ考えていることをこのコメント欄に書かせてもらうと膨大な量になりそうなので、BBSの方に少しずつ書かせてください。

今年もよろしくお願いします。

自宅出産が普通だった頃の母子の死亡率が改善されたのは、病院での出産が広まった事と、衛生状態や医療技術が発展・改善された結果。



それひとつとってみても自宅出産の方がリスクが高いのは明らかです。それなのに自宅出産や助産院出産を絶対視する人は精神論のみで物事を考えているのだろうと思います。



話が通らないところで交渉に苦労するよりはウェルカム状態のところで出産した方が満足できますよね。でも、それはあくまでも自分が医療介入なしで運良く出産できた時に結果論でいえるだけの事。



他で否定された時に、ここなら気持ちと頑張り次第で希望通りに産めるよ、とリスクの説明なしで言われたらグラッと来る人もいるでしょう。(私は来ませんが)



病院出産に欠ける物や改善点は病院出産の枠の中で変えていけばよい。ただ、それをするには病院という組織の限界や価値感の相違、医師と助産師の関係、患者と医療者とのコミュニケーション不全というさまざまな問題を解決する必要があります。



ただ現在は、その絶対数そのものが足りない状況に追い込まれている。しかしながらそれでも、残された病院の中だけでも精神的にも満足できるお産を相互理解の中で維持できるようにしながら、医療の数と質の改善を患者としても求めていく必要があるのではと感じます。



埋蔵金から出す予定の選挙目当てのばら撒き予算は医療・福祉分野に拠出すべきだと私は考えます。その次には教育ですね。この3つが劣化するとそのまま民度が下がりひいては国民は疲弊するだけではないでしょうか。



金持ち発のお金で作られたエリート集団だけが保障されても元気に働く労働者がいなくなったら誰が頑張って働いて生活を作っていけるというのでしょうか?



日本は1-4才までの小児の死亡率が先進国ではワースト3だそうで、そういう意味では遅れた国なのだなと思わされます。

Re:今年もよろしくお願いします(12/29)

るんさん

>新年のご挨拶が遅れましたが、

>今年1年も変わらず、よろしくお願いします。

---るんさん、こんなにも挨拶が遅くなった私をお許しください!!!

あぁ、なんて私はダメなんだ;;;



どうか今年もよろしくお付き合いください!

琴子の誕生と死以来、ずっとるんさんには仲良くして貰っていて、子供同士も天国でずっと一緒だし、本当にどうかこんな私なんですが、今年も来年もずっとずっと宜しくお願いします!!!

Re:今年もよろしくお願いします。(12/29)

エドガー9461さん

こんにちは。

こんなにも返事が遅くなったことをお詫びしますし、そしてお許しください!!!

すみませんでした!

今年もどうぞ、宜しくお願いします!!!



エドガーさんのいつも率直なご意見を嬉しく思っております。

今年もエドガーさんのご意見から学びたいとおもっていますので、また是非、ご意見をお聞かせください!!



本当、遅くなってしまったのですが、今年も宜しくお願いします!!!!

プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。