--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-06

天国への階段は何処へと続くか…

琴子の戒名は死産児専用のものなのかどうかを、お盆に琴子の墓地へと参る義父が、住職さんに確かめてきてくれることになった。
この住職さんというか、奥方がとても強欲な方で、琴子は死産で闇から闇へと…とうるさかった義父は、
「戒名なんていらない」
と、検討すらしてくれなかったのだが、住職の奥方が納骨の際に
「位牌を作ってあげる」
というようなことを私達に言い、実際に白木の位牌が届き、中には
「きちんとした位牌が出来上がったら取りに来てください。気持ちですから、御代は結構」
というような一文が添えられていて、凄く感動した。
そして、位牌が出来上がったからと連絡があったので、旦那と早速、取りに伺った。
その際に、本当ならば墓守をしている義父に一言言ってから行くべきだったのは承知していたのだが、琴子の葬儀から納骨まで、ずっと嫌になることばかりを言われていたので、位牌を貰うことにも文句を言われたら嫌だなとおもい、黙って出掛けた。
すると、奥方が
「義父さんは?」
と言うので、自分たちの娘のことなので、自分たちだけで来たと言うと、
「じゃぁ位牌代は…」
と言う。
? あれれ? やっぱり何かのトリックだったの? 
「必要なら、私達が支払います」
と言うことで、その場で2万円弱を請求されたので、支払ってきた。
さんざん、嫌味を言われた。
非常識なことはしないようにとかなんだとか。
おかしいな、今でもあの一文は手元にあるけど、御代は結構と書いてあるし、真に受けたのが悪いと言われるかもしれないけど、白木の位牌が届いた時に、お礼の電話を旦那がしたい際にも、直接電話口でお金の話をして、“幼い子どもを亡くした辛さへの気持ち”というようなことも言われていたし…
で、今まではこういうことがあったということも含めて、一切を義父に話していなかったのだけど、新たに琴子のためにお経をお願いしようとなり、義父が話し合ってくるということで、一応お耳に…と伝えたら、最近になって、義父達もこの奥方にお金のことでわけのわからないことを言われたとかで、
「あのばあさんなら…」
と、納得して聞いていた。

天国への入り口であるのかとおもっていたけど、お寺はお金の出口なんだとおもった。
この地上では、現世では、天国への階段は何処にあるのだろうか。
琴子の棺には絵で書いたお金を入れてあげたけど、このお寺で全部使いきってしまったのではないか?




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:天国への階段は何処へと続くか…(08/06)

私の実家の菩提寺は、普段住職さんが別のところにお住まいで、留守番役のおばあさんがいました。

このおばあさん、とても温かいお人で、お寺さんとの間をいい形で取り持ってくださってました。

住職さんご一家とも悪い思い出はありませんが、友人の話では、菩提寺と揉めたという話もたまに聞くことがあるので、改めて「色んなお寺があるものだな」と、考えさせられました。



お寺や神社でお金の話は聞きたくないですよね。。。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。