--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-09

麻生総理へ

定額給付金-税金…使い道、間違っています。
私は反対です。
切羽詰った人には申し訳ないけど、そういう方には麻生総理他、裕福な政治家の方が自腹で差し上げれば良い事で、2兆円は医療や福祉に使って欲しい。
学校の耐震工事に使っても余るというし、私の町には産科も小児科もありません。
今も、妊娠すれば、当たり前に他市町村に行きます。
近くには子どもを産み育てる医療がありません。

こちらも切羽詰っています。
麻生総理、一度是非、小児科に朝から居てみてください。
私が子どもを頼んでいる小児科の病院の医師は、水一口も飲むことさえ許されず、ずっと子どもを診ています。
国会で水飲む余裕のある政治家とは違います。
患者側の親の私でさえ、先生の疲労を心配したくなるような事態です。
そして、待合室は、すぐにでも診て貰いたいと懇願したそうなお母さん達の顔で一杯です。
でも皆同じ気持ちだから、必死にこらえて、順番を待っています。
「そんなに大変な状態なら、救急車を呼べばいいじゃないか」
って言われそうですけど、全ての搬送に対応出来る状態ではないということをご存知ないでしょうか。
救急車を呼ぶほどではない、でも、呼ばないで済ませるためにも、なるべく早く診て貰いたいっていうのも当たり前のこの気持ち、麻生総理にはご理解いただけないでしょうか。

「今の女性は多く産みたがらない」等々、総理がそう言ったわけではないけど、「少子化だ」という問題を前に、産科が足りないことはどう対処してもらえるのでしょうか。
搬送の問題だけではないです。
通常のお産でさえ、予約を取るのにこんだけ大変なら、次のお産を控えるのも頷けます。
産めよ増やせよという割には、病院は減ります。
産んだ後に必要になる小児科でさえ、こんなにも遠い存在になっているのに。

定額給付金はやめて!
せめて私の住む町は、ばら撒かないで、産科や小児科の病院を建てて、医師を、看護師を、助産師を呼んでください!
麻生総理が私に自腹で12000円をくれるかおごってくれるのなら嬉しいけど、2兆円を無駄に使うのだけはやめて!

私は産科と小児科ということを一番にいうけど、学校の耐震対策にしても老人福祉、障害者の福祉、使うべき対象は沢山ある。

麻生総理、頼むから国民のために働いてください。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして

私は1児の母です。妊娠中に、某超有名助産院での出産を親族に強く勧められたことを機に(結局は病院で産みましたが)、このブログを拝読するようになりました。



助産院では、自分らしくお産することの大切さ、自然に産むことの素晴しさばかりを強調され、「病院で産むと子供の人格がゆがむ」とまで言われました。助産院で産むことのリスクについての説明はありませんでした。



恐らく、周産期医療の未発達だった昔は、母子共に無事であることこそが「素晴しいお産」だったのだと思います。それが、世界でも類を見ないほど周産期死亡率が減少した為に、母子共に無事であるだけでは飽き足らず、出産が「自分らしさ」を実現する為の道具に成り果ててしまった。何という贅沢なことかと思います。「自然な、自分らしいお産」への信仰が、高度な周産期医療による死亡率減少に支えられているのだとしたら、何たる矛盾かと思います。



ところで、定額給付金については私も全く同感です。今回の、定額給付金という名の現金ばら撒きは、国民を愚弄する所業だと思います。今の日本では、こんなもの焼け石に水です。もっと、医療なり教育なり、問題となるシステムの仕組みそのものを変革するために使って欲しいものです。特に周産期医療に関しては、世界に誇る我が国の出生時死亡率も、これからは増大するかも知れません。本当にどうにかして欲しいものです。

正論ですが。

麻生総理は選挙の時に下々の皆さんといって演説を始められたような方で我々の暮らしなどまったく知らない方です。

期待するだけ無駄だと思います。

早く総選挙を行い、政権交代を実現し、官僚政治をやめさせなければいけないと思います。



(ある特定の政党を支持しての発言ではありませんが、今の自民党では100%だめなのは明らかです。)

Re:麻生総理へ(01/09)

ご無沙汰しております。昨年3月末に2児の母になり、バタバタやっておりました。妊娠中前回のこともあり不安な中いろいろ勉強させていただいて感謝しております。

私が出産した隣の市の病院でも、その市の公立病院が出産の取扱いをやめたことで受診する妊婦さんがかなり増えていました。「安全なお産のためにも予約数を制限しなければならないんです」と当時スタッフが言われていました。



定額給付金、医療、雇用、介護、教育と難問が山積みなのに、小手先だけの策にしか思えません。

はじめまして

時にブログを拝見させていただいている者です。



話題が違うので恐縮ですが、

他の医療ブログで新生児破傷風の話題を見つけましたので、お知らせいたします。

原因がどうも助産院での不潔な器具にあるようですので、子供が気の毒でなりません。



「天漢日乗」さんのブログに出ていますので、

よろしければ見てみてください。



動画

この記事と関係のない書き込みですみません。

以前このブログで、助産院での分娩直後の飲酒について問題になっていたと思います。

つい先日、Youtubeで某助産院でお産後に乾杯している動画を目にしましたので、貼り付けておきます。

正直、目が点になりました。



[シリーズ・産み、育てる] 助産所で産むということ



というタイトルの動画です。コメント欄にURLを貼り付けようとするとエラーが出ますので、youtubeのメインページから検索してみてください。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。