--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-10

知人のお産

前にも話したことがある、産院を借りての個人助産師とのお産を選択した方の話です。
まだ産んでいないかもしれないし、産んだかもしれない。
そろそろ予定日だと記憶しています。
この方、いろいろと頑張っているのだけど、どう頑張っているかというと、産むためでしょう、ヨガに通ったり。
でも真夏にあったときは裸足でした。
冷えは気にならないのだろうか。
私は彼女には何度か助産院でのお産について話したことがあるから、それ以上に言うつもりにはなれず、それ以後に会っても、
「せめて24時間は寝させてもらった方が良いよ」
と言うだけでした。
ま、向こうからしたら、お節介なだけのことだっただろうけど、言わずにはいられませんでした。

ヨガに通うのは構わないとして、それが子供のためなのか。
出産方法の安易な選択にしても、結局は自分のためだけではないだろうか。
理由はいろいろとつけられる。
それが、何かあったときに、自分の支えになるとはおもえない。
実際、私がそうだったから。
無知だったことも、理由にはならない、支えになるどころか、自分を責めるだけである。

知人は旦那さんと二人暮らし。
旦那さんの実家の家族は高齢なのか、出産後の面倒は頼めないと言っていた。
彼女の実家の両親は、父親が病気のため、その看病もあって、母親も来れないと言っていた(他県)。
彼女が選んだ助産師は、私も会ったことがあって、楽しい人で明るくて好きだけど、私にはなんでわざわざ産院(昔はここでお産も扱っていたが、今は検診のみ)を借りてお産を引き受けるのか。
それも、助産師の家からも車で1時間近くかかる場所でだ。
更に、自分では調理師や栄養士の資格がないため、責任がとれないということで、食事は出せないというのだ。
それらもあって、産後、殆どが24時間を待たずに帰されている。
出産後、翌日にはまた産婦の家に来て検診とかをしてくれるというとだが、それと安全性はあまり直結していないとおもう。
知人は旦那さんが出産後、1週間は家にいられるだろうという。
あくまでも仮定。
確実ではない。
旦那さんはお勤め人だから、仕事の流れ次第では休めないということでしょう。

これが安全なお産なのだろうか。
産めれば良いのだろうか。
昔のように、お祖父ちゃんお祖母ちゃんまでが一緒に住んでいて、身の回りのことをしてくれる時代ではないのに、お産だけが昔になろうとしているのは、正しいのだろうか。
私自信への自戒も含め。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

どこで産むかを考えるときに

施設間連携の大切さというものも考えないといけないと思いました。トラックバックさせていただきました。よろしくお願いします。

生活が簡単便利な世の中になってしまっているのに、お産だけ昔のようにというのは無謀だというお考えには大変共感いたしました。
プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。