--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-14

死産から新生児死へと…新しい位牌

先週の土曜、琴子の新しい位牌が出来たことと、節目とは違うけど、戸籍に載ったということで、両家の祖父母も招き、他県に眠る琴子の地へと行き、法要を行ってきた。
死産でも新生児死でも、何か特別に違いがあるとはおもわないのだけど、私はおもわないのだけど、琴子が戸籍に載ってから、
「死産との扱いの違い」
は感じている。
それを自分たちが強調してしまうかのようで、なんだかちょっと後ろめたい気持ちもあったのだけど、子供が天国にいると、地上の親は想う以外にしてあげられることがあまりなく(あるんだけど、他者との接点がないというかなんというか…)、ついつい用事をおもいついてしまう。
で、『位牌を直そう』に至ったわけだな、と、自己分析。

新しく彫られた位牌を見て、びっくりした。
表面は戒名が同じだから、特別大きな変化はない。
驚いたのは裏面。
前までは『死産』とだけしかなかったようなものだったのに、
『○○(旦那の名前)の長女』
とあるのだ!!!
えーッ!?
なんだかやっぱり、宗教の中の差別があるわけ?
ただの因縁は言わないようにしたく、極力そうあるように努力をしているのだけど、だからこそ、和尚さんには言えなかったけど、でもなんだか悲しかった。
前の位牌にも、せめて
『○○(旦那の名前)の娘』
くらい、彫っておいてくれればまだ良かったのかもしれないけど、なんだか死産の頃の琴子は、宗教界においても、私たちの娘とは認められていなかったような気がして、本当の仏様はそんなことはないのだろうけど、やっぱり現世に生きている宗教者たちには、こういう意識はないのだろうなぁと、別に私は悟っているわけではないのだけど、妙に悲しくなった。

法要を迎える数日前に、友人天使ママさんに電話で話しをしていた。
ちょっと別の用事があって電話をしたのだけど、やっぱり話は天使ちゃんのことになる。
それと、周囲の人との付き合いの上での悩み。
その会話の中で、
「死産だと、扱いが軽くなる」
ということがあった。
電話で話していた友人天使ママさんには先に一人、地上のお子さんがいて、このお子さんのお付き合い上でのママ同士の会話の中で、友人天使ママさんが天使ちゃんのお話、お産の話をしようとおもったら、
「気にしなくていい」
というようなことを言われたそうだ。
気にしなくていいって、じゃぁあなた、自分のそのお子さんが死んでしまっても、あなたは気にしないの? と言いたい。
私だったら言ってしまっていたかもしれない。
もし言っていたとしたら、そこでもしかしたら、最悪の場合、相手の口から 
「そりゃ違うよ、あなたの場合は死産でしょ?」
と言われてしまうかもしれない。
いずれにしても、私たちにはそう言っているようにしか聞こえない。
この会話の中で、友人天使ママさんの言葉が今でも私の心に響く-『じゃぁあなたは赤ちゃんの遺体を見たことはあるの? って聞きたい』
そう、本当にそうなんだよね、死産を軽く扱う人に言いたい、あの遺体を見たら、どうおもうのかと聞きたい。
生きた人の死と死産と、一体何が違うというのか。
記憶? 記録?
じゃぁ、私たちのお腹の中で生きていた日々は、生きて生まれない限りはなんの意味も持たないのか?
記憶に残してもいけず、記録にすら残されないことなの?
戸籍には残せなくても、位牌には残してくれてもいいじゃない。
和尚さんは法要の後、ご自身の親も、幼い頃に二人のお子さんを亡くしていて、要するに自分にも亡くなった兄が二人いるのだと話してくれた。
「人は必ず、意味をもって生まれてくる」
と話された。
それはありがたいことなのだけど、私は意味がなくてもいいから、琴子には生きていて欲しかったとおもうこともある。
意味のない命はないというから、生きていても死んでしまっても、琴子の命には意味があったわけだけど…でも、これは死産だって同じことなわけで、お話と位牌が矛盾しているぞ!!!! と、ちょっとおもっていたまま、新しい位牌を胸に、無事に家に着いた。

もしかしたら私の不満は、
「戸籍に載ったので、お位牌に直すべきことがあれば…」
と相談した段階で、
「いえいえ、死産も新生児死も同じですから、そのままそのお位牌を大事にしてください」
と言われなかったことから始まっていたのかもしれない。
私の中にある矛盾も認めつつ…




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の想い

おひさしぶりです。

死産と新生児死。子供を見た時にはなんにも違わなかった。私が息子にあったときの第1声は「なんてかわいいの。天使みたい。」だった。涙が出る前に、本当にかわいい、いとしいと思った。眠っているようだったし、ただこんなに冷たいなんて思ってもみなかった。どこかで線を引かなければいけないから、生まれてから息をしたかどうかだけの判断なんて。もし息をしたのを医師が確認できなかっただけとしても?親として子供を子供の一人として戸籍に載せたい。「そんなことどうでもいいじゃないの。自分の子供なんだからって」自分に言い聞かせるんだけれど、いつまでもいつまでもずっとずっと私も思ってしまいます。

Re:死産から新生児死へと…新しい位牌(11/14)

そんな区別をお寺さんの方がするっていうのが悲しいね。

誕生死でも死産でも、

お腹の中で元気に動いていたことに、

慈しみ見守られてきたことは変わりないのだから・・・・



たぶんお釈迦さんや阿弥陀さんなどの仏さんは、

そんな区別していないと思う。

みんな分け隔てなく慈しんでくれていると思うよ。

下界の人の、しかも一部の人だけがそんな区別しているんじゃないかな。







Re:私の想い(11/14)

ナッツさん

お久しぶりです。

いつもありがとうございます。



>死産と新生児死。子供を見た時にはなんにも違わなかった。私が息子にあったときの第1声は「なんてかわいいの。天使みたい。」だった。涙が出る前に、本当にかわいい、いとしいと思った。

----本当ですよね、本当に可愛いですよね、死んでいるなんて、言われてもわからないですよね。

皆は見たくないかもしれないけど、私は琴子の可愛い寝顔(他人には死顔にしか見えないのだろうなぁ)を見せたくてたまらなかったです。

そして、寝顔のままなのが、悲しくもありました。



またお話をお聞かせくださいね!

Re[1]:死産から新生児死へと…新しい位牌(11/14)

くまぴょんの妻さん

>たぶんお釈迦さんや阿弥陀さんなどの仏さんは、

>そんな区別していないと思う。

---そうは頭でわかっていても、

>みんな分け隔てなく慈しんでくれていると思うよ。

>下界の人の、しかも一部の人だけがそんな区別しているんじゃないかな。

で、結局この一部の人により、更にこの一部の人の声が大きければ大きいほど、私たちは端っこへと追いやられちゃうんだよね。

被害妄想だとか、いじけているっておもう人もいるかもしれないから、言えなくなっていくというのもあって…

そっか・・・

その一部の人の声が大きすぎるから、

ホントに苦しんでいる人の声が届きにくくなってるんやね。



でもそう言う人がなんて言おうが、

お腹の中で元気に生きていたいのち、

一つのいのちなんだから、

結果として誕生死や死産だったとしても、

生後数日してなくなった子とか、

数年生きたけどなくなった子と同じように

扱ってあげないと・・って思うよ。



Re:そっか・・・(11/14)

くまぴょんの妻さん

くま妻さん、ありがとう。

こうやって気持ちを理解してもらえると、会えないけど、とても大事なご縁を得られたと、嬉しく思います。

これからも色々な意見を聞かせてくださいね。

Re:死産から新生児死へと…新しい位牌(11/14)

こんにちは



親が子供を愛しいと思うのに、制限はないんですよね。生きて産まれてきても、お腹の中で天使になっていても、その感情に変わりはない。それを分かって欲しいですね。

生きている子に対する親バカが大目に見てもらえるなら、天使ちゃんに対する親バカぶりも大目に見てもらえれば、と思います。

それにしても、お位牌のことでもそういったことがあるんですね。。。

はじめまして

はじめまして、ある単語を検索してこちらにたどり着いたものです。
そして全てを拝見する前に三年近く前の記事に
コメントを残す事をまずお詫びいたします。
行き違いなどありましたら申し訳ありません。

親戚にお寺があり、一宗派ですが微かながら
”体感”しているものとして推測なのですが、
お任せする仏様が違うとか、通る道が違うとか、
あるいはお役所的な非常に事務的な違いか
そうしたものが現れたのではないか、と思いました。
いずれにしても、そこに命の重さの区別はないと思います。
皆様もおっしゃるように、仏様もその教えを受けたお坊さんも、
どの命も平等にごらんになっていると思いますよ。
もし機会があったらいつでもお坊さんにお尋ねしてみてください。
法要だけではなく、そうしたやり取りもお寺の存在意義の
ひとつでもあるのだと親戚を見て感じています。

------
他にも色々拝見してお産や助産院についてはっとさせられました。
結婚も出産もまだ経験していない私ですが、
いい言葉を頂いたなあと感じました。感謝申し上げます。

お寺の孫さんへ

こんにちは、はじめまして。
当ブログに辿り着いてくださり、嬉しくおもいます、有難うございます。

> ------
> 他にも色々拝見してお産や助産院についてはっとさせられました。
> 結婚も出産もまだ経験していない私ですが、
> いい言葉を頂いたなあと感じました。感謝申し上げます。
---
こちらこそ、貴重なご意見をくださり、感謝しております。
ご結婚もこれからということですから、これからじっくりと考える時間があることを羨ましくおもいますのと同時に、このままいくと、お寺の孫さんが妊娠、出産をする頃には日本の医療、特に産科と小児科がどうなっているのか、搬送問題ももっと深刻化しているでしょうし、そういう面では楽観視出来ないことばかりなのですが、今よりも少しでも母子に安全があるように祈っております。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。