--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-26

江原さん『天国からの手紙』

新聞をとっていないので、今日が『天国からの手紙』の放映日だとは知らなかった。
実家の母と電話で話していたら、
「あんたは珍しく見ていないんだね」
というので、びっくりしてしまった。
ので、残念にも途中から。

犯罪被害に遭ってしまった姉妹の方からだったので、その前までの方たちのお話は聞けなかった。

言葉にならないな…
娘さん二人の命をあのような形で奪われてしまった母親の言葉を思い返すだけでも、自分の想像力の限界を感じるばかりで、そして、限界の中でも、十分に苦しい。
父親、弟のお二人の記者会見もニュースで見ていたけど、極刑を望む気持ちは当たり前なんだとおもう。
江原さんは言葉や思いで殺してしまっていることもあると、特別にあの記者会見の内容をさして言ったわけではないけど、あのような遺族の思い、言葉も“行為”とされてしまうのだろうか…この辺を聞きたかったな。
妹さんの無念は癒されたのだろうか…
救いは、姉妹が母親の夢に現れてくれたということと、薬を飲まなくても眠れたということ。
グリーフケア、江原さん、是非是非お願いします。
いつかそのうち、私にも是非。

凄く不思議だったのは、番組を見ていたら、リンズが琴子の遺影と位牌に挨拶をしたいと騒ぎ出したこと。
いつもは眠る前にしているのだけど、今日のようにまだ眠くないうちにやりたがることは初めてに近いかもしれない。
「お姉ちゃんがいるの?」
と聞いたら、
「うん」
と言ったから嬉しくなっていたら、遺影を指していたから、あれ? ちょっと違うかなぁと。
でも、きっと何かを感じていたんだろうなぁ。

『どんなに天国が素晴らしいところでも、私はまだ逝きたくない』
殺されてしまった姉妹の、妹さんの無念さをおもうと、私までもが悔しい。
合掌...


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

私は前半は見て、後半まだビデオ見てませんが、

江原さんの言葉にいつも私も何か感じたいと

見ています。



今日、おっしゃっていた、

ただ、悲しい番組じゃなく、亡くなった人たちの

メッセージを感じて欲しい...と言われていましたが、

あの子が命をかけて私達に伝えたかった事、

今日も考えながら見ていました。

供養、あの子に心配させないような生き方、

残された家族で生きて行かなければと

改めて思いました。



次男が「死んだら天国に逝くの?」って。

でも、お母さんはまだ天国には逝きたくないって

そう答えてました。



Re:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

私も見ました。今回は今の世の中のいけない部分を、江原さんが天国に行かれた方を通して、いま生きている人に伝えてくれたように思います。悲しむだけではいけない、自分が楽しく今を生きなくてはいけないということを感じました。いつまでもこの世に伝えたいことがいっぱいあって天国にいけない。私の友達の娘さんもそうだったようです。友達もある方を通して(江原さんのような方)娘さんのメッセージを受け取り、いまは元気に暮らしています。我が家の天使(息子)がみんなをつないでくれています。明日から沖縄に行きます。沖縄では息子がつないでくれた友人にも会います。もちろん琴子母さんも息子がつないでくれました。飛行機の中から、天使ちゃんたちが見れたら嬉しいんだけれどなあ。

お久しぶりです。

私も長男と見ていました。

江原さんが

「想像力をもってほしい」っていってらしたのが

印象的でした。



チャイルドシートに乗せずに事故にあい

子供さんが亡くなられたというところでの発言でした。



けっして他人事と取らずに

もし自分が!!と想像力を働かせてください

というようなことだったと思います。



とても響いてきました。

Re[1]:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

つーじいさん

江原さんが警戒していることもきちんと伝えられて、回を増すごとに、凄く大きな意味を持つ番組へと進化していますよね。

江原さんが言ってくれることで救われている人、きっと大勢いらっしゃいますよね。

私もそのうちの1人です。



私も琴子には会いたいけど、きちんと自分の人生を終えて、堂々と会いに逝きたい。

だから、同じように聞かれたら、同じように答えると思います。

Re[1]:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

ナッツさん

沖縄に行かれるのですね!(もう着いた頃かしら?)

私も沖縄には思い出が多くありまして、住んでいたこともあります。

琴子もきっと好きで沖縄通いをしているので、琴子がナッツさんのところにひょっこりと現れるかもしれません!

私も江原さんからのメッセージを心に刻み、しっかりと生きたいとおもいます!

Re:お久しぶりです。(12/26)

ひまわりぽやさん

私も丁度、「想像力を」というところから見始めました。

その前のお話がわからないのですが、お墓参りに不純な動機で行ったりしてもとか、そういうことだったのかしら、あぁ、最初からしっかりと見たかったです!



この世に他人事なんてないんですよね。

皆、自分のことでもあるんですよね。

Re:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

私はビデオに録画してでも見ています。友人に話をしたら是非見たいと言っていたので、ビデオに撮ってるからと思っていたら撮れていませんでした。

どなたか録画されたビデオでもDVDでも貸していただけませんか。お願い致します。

はじめまして。

はじめて、こちらに書き込みます。3月くらいから定期的にはお邪魔してました。

私も11月に娘を出産、数時間で亡くしたものです。

江原さんのテレビを見ました。

娘を亡くしてから、江原さんの言葉で小さなお子様をなくされたかたは、必ず自分が逝ったときに会えますから安心してくださいという言葉で本に書かれてありました。それだけを胸に日々送っています。



どれだけ助けられた言葉か、、、

もっと、江原さんの番組やってほしいです。

Re[1]:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

ゴンさん

私が録画していたら貸してあげたかったのだけど…

撮っていたつもりだっただけに、ショックですよね。

誰か身近な方でいらっしゃると良いですよね。

私も借りたいくらいです。

Re:はじめまして。(12/26)

るるさん

はじめまして。

11月に娘さんを天国へと見送られたばかりなんですね。

るるさんの娘さん、琴子と仲良くしてくださいね。



江原さんはよくお子さんを亡くされた方からの相談を受けていたようですよね、私も以前に本で目にしました。

だからといって悲しみが消え失せるわけではないけど、希望を抱けますよね。

私も天国へ逝けるように生きたいです。

Re[2]:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

昨日沖縄から帰ってきました。いつものことながら、幸運に恵まれています。今回は特に。そしてこのお返事を見て納得しました。琴子ちゃんに助けられたのでしょうね。2日目は風が少し冷たかったのですが、朝から「青の洞窟」にシュノーケリング。ブラボーで検索し、「海の日記」を見てください。本日のベストショット。家族4人とあと二人で映っています。ところが昼からはとっても風が冷たくなり、寒くて。午後からシュノーケリングは無理でしたね。そして昨日は朝からたくさんのメール。空港が雪のため閉鎖と。帰れるのかなあと心配に。ところが運よく1時間遅れで出発でしたよ。おかげで空港でゆっくりできたし、言うことなしでした。やっぱり天使たちの力ってすごーい。もちろん一緒に空を飛びましたよ。沖縄に住んだことあるなんてうらやましい。また行きたいでーす。

Re[3]:江原さん『天国からの手紙』(12/26)

ナッツさん

素晴らしい天使パワー、炸裂していますね。

天使ちゃんて、そっと手を差し伸べてくれますよね。

沖縄でも、皆がナッツさんたちを見守ってくれていたんですね。



沖縄には随分と昔になるんですけどね、私の青春時代の大半を捧げました。

私のいた頃とは変わったようなんですけど、あの日差しやらなにやら、時々やたらと懐かしくなります。

私も久しぶりに行きたいなぁ。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。