--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-05

ちいさなお地蔵さま


『ちいさなお地蔵さま』堀部幸男著

日本助産師会に初めて出向いたときに、当時の事務局長から帰りにお花とお線香と、そしてこの本をプレゼントしてもらった。
帰りの電車の中で、旦那と何気なく本を開いてみたら、そこら中に、本の中いっぱいに琴子の姿があった。
琴子の死後、初めて目にすることが出来たような、そんな気持ちになれた。
嬉しくて、寂しくて辛いときに、何度もこの本を開いて救われた。
著者の堀部氏宛てに、出版社に手紙を出したら、奥様から心温まる返事を頂くことも出来た。
ネットで堀部氏の他のお地蔵さまを見ることは出来ないかと調べたら、ある宗派で出しているポスターにお地蔵さまが使われていることを知り、購入もした。
そのポスターを寝室や仕事場に貼り、また、知人にもプレゼントした。
とにかく夢中になった。
今でも変わらない。
何度もこの本を開いている。
私にとっては琴子だけど、他の方にとっては、他の愛しい我が子に見えるだろうし、我が子を亡くしたことのない方でも、この本の中にいっぱい舞うお地蔵さまの姿には、きっと癒してもらえるとおもう。

この本をプレゼントしてくれた日本助産師会の当時の事務局長さんと、著者の堀部氏、出版社の方には感謝しています。
琴子の姿を見せてくださったこと、ありがとうございます。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。

私は、神奈川で助産師をしています。

大学病院や診療所などで働き、今は病院で働いています。

お産は幸せなことですけど、ちょっとした判断ミスで母と児の命を危険にさらしてしまうと考えています。いつも「怖い」ので、お産を無事に終えていただくために、勤務中はなるべく産婦さんのそばを離れないようにしています。

今居る病院でも、常勤の産科医師が退職が決まり、安全なお産がどうしたら守れるんだろうと、これから残るスタッフが話し合おうとしています。もしかしたら、ここはお産が出来なくなるかも・・・

こちらにお邪魔したのは、先月死産のかたのお産に関わらせていただいて、考えることが多く、あちこちサイトを探しているうちお邪魔するようになりました。

最近、私も少しブログを始めています。

ここをお邪魔することで、いつも母と児の無事なお産をお手伝いできるように、心を引き締めていきます。

Re:はじめまして。(01/05)

mayu225mayuさん

はじめまして。

お越しくださり、また、ご意見くださり、ありがとうございます。

mayu225mayuさんのように、意識の高い助産師さんや医療従事者の方が増えてくださることを祈るばかりです。

mayu225mayuさんが出会う天使ママさん(私たち子供を亡くした母親は、お互いをそう呼び合っています)が、少しでも未来に希望の持てて、心が温かく包まれることも、祈っています。

これからも宜しくお願いします。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。