--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-20

風見しんご氏の記者会見を見て

最愛の娘さんを車の事故で亡くした方への記者の姿勢が不快でならなかった。
辛いの、あたりまえでしょうが。
いちいち
「大丈夫ですか?」
って、とにかく風見しんご氏が泣き崩れてしまう姿をテレビで流したかったのだろうな。
記者は泣いていないもんね。
大変だねって言っても、そこで仕事も忘れて一緒に泣いてくれる人ではない。
それが仕事だからってことなんだろうから、だからこそ不快。

車の事故で最愛の娘さんや息子さんを亡くしている方は、彼に限ったことではない。
どれだけ多くの方が、最愛の家族を亡くし、苦労しているのかを、私たちは忘れてはいけないのに、こうやって大きく扱われることがあると、ようやく思い出したように、口を揃えて「ひどい、ひどい」と言う。
私たちは多くの尊い命や物事を、日々、易々と受け流してしまっている。
感謝の気持ちも忘れ、自分さえ良ければいいんだって、そうはおもっていなくても、結局は同類項の意識になってしまっている。
飲酒運転だって、未だに皆無にはならない。

本当はもっと時間があるときにゆっくりと書きたいことがあり、そういうゆとりが今はなくて書けずにいるのだけど…
前にもここで何度か話している、ある助産師の話。
お産をやめた病院の施設を借りてお産を受けている助産師。
その人のところで、昨年末にお嫁さんが初産を終えた。
37週前だったかな、2300gの児で、特別な検査もなく、24時間監視されずに母子共に退院。
そこは“院内助産院”ということになるのだろう、医師が立ち会っているとのことで、助産師会に聞いたけど、
「医師が許可を出しているのだから問題ない」
とのこと。
児がその後に死んでしまっていたらどうなのだろう。
児に障害が残っていたら、どうなのだろう。
色々な疑問がある。
(この件は、また後でゆとりをもって書きます)

私たちは前進をしているのだろうか。
本当に、一つ一つの尊い命の果てを、しっかりと活かしているのだろうか。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

37週前

っていうと、「早産」ですよね

体重から言っても、未熟児。



もちろん、「数日の違いや数百グラムの違い程度で何が違うの?」といわれたら何とも答えられないけど





わたしもわたしの母も、未熟児で産まれています。

まさに2300グラム^^

これまで大病もせず暮らしてきましたが、体力には自信がありません。つかれやすい、体調を崩しやすい、病気とは言えないけれど具合の悪い部分がいくつもあります。

これがすべてではないことは承知していますがでも、母の口癖は「未熟児で産まれてる以上しょうがないんだなぁ」



どうしても、弱い部分が多いのかもしれないと、(それを未熟児だったことのせいにしてはいけないかもしれないけど)何かにつけて感じます。



だからこそ、数日の違い、数百グラムの違いでも、ちゃんとしたケアをして欲しい。

あとあと「未熟児だったせいで・・・」と思わなくてもいいように。



Re:風見しんご氏の記者会見を見て(01/20)

私も今日見ました。祭壇の前でのインタビューを見てびっくり。でも本当に暖かい家庭だったのだろう。愛されて育ったのだろうって感じる内容でした。「いまここに娘がいますから」って娘さんがきっと一生懸命にお父さんにがんばってって伝えているのがわかりました。江原さんの番組でチャイルドシートの大切さを教えてもらっても、まだまだたくさんの人がしていません。お父さんが運転して、お母さんが子供を抱っこして助手席。というケースを幾度か見ます。朝の通勤時には、保育園に送る子供が後ろの座席から立ってお母さんの運転席をのぞいている光景も多々。飲酒運転だってまだまだたくさん。命ってもっともっと重いものです。みんなその命をもっと大切にしてもらいたい。「運転していてアクセルを踏むときでもいいです、娘を思い出してください。」って風見さん言っていました。今日も安全運転、アクセル踏むときに思い出しましたよ。娘さんの写真を見て、顔も覚えましたよ。きっと天国で我が家の息子や琴子ちゃんを遊んでくれると思います。ご冥福をお祈りします。

Re:37週前(01/20)

まいっちんぐ1025さん

>だからこそ、数日の違い、数百グラムの違いでも、ちゃんとしたケアをして欲しい。

>あとあと「未熟児だったせいで・・・」と思わなくてもいいように。

そうなんですよ!

本当にそうなんです。

「このくらいなら平気」って、そう判断したのは医師なのかもしれないけど、その後、助産師もケアに行っているのか、疑問です。

24時間で帰すのも、出血を心配したら、本当なら出来ないことだと、他の助産師の方でも言っています。

その上、初産で未熟児…

今度、もっとゆっくりと書きますが、私は納得できないんです。

Re[1]:風見しんご氏の記者会見を見て(01/20)

ナッツさん

私が昔、ある宅配業者で配達ドライバーのアルバイトをしていたとき、よく課長が

「アクセルではなく、ブレーキを踏んで運転するように」

と、言っていました。

「ちょっとでも眠くなったら、5分でも良いから、どこかで仮眠をとるように」

とも言っていました。

事故は本当に一瞬です。

車でもお産でも、事故は一瞬の判断の誤りから生じますよね。

チャイルドシートのことも、日々の馴れ合いに流されて、一度平気だと、どんどんと危機感が薄れていき、当たり前のように親が抱いたり好きにさせたり。

飲酒運転だってそうですよね、結局皆、捕まらなければ、ばれなければ良いとおもっているんですよね。

でも、私は神様は見ていると信じています。

誰も見ていなくても、神様は見ていると信じています。



ナッツさんの息子さんや琴子が、今頃はえみるちゃんと一緒にいるんですね。

天国が素晴らしいところだということだけが、親にとっては唯一の救いですね。

プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。