--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-18

『お産の時間です』

『お産の時間です』
皆さんはとっくに読まれているのかもしれませんね。
実は私、まだ読んでいません。
今度の金曜日に注文します(せこくてごめんなさい、楽天のポイント狙いです)。


素朴な疑問>『自然分娩』っていうのは、医学用語なのでしょうか。
副題が
“帝王切開と経膣分娩 どこまで知っていますか?”
となっていたら、表紙が可愛らしくても、急に難しい専門書のように感じられてしまいますから、『自然分娩』と云う方が、著者が読んで欲しい対象者にとっては、手にし易い副題となりますよね。
使い勝手と耳障りの良い言葉なんだとおもえばおもうほどに、すっかり市民権を得ているこの言葉が、私は好きではないのです。
まぁ、私の個人的な感情は別として、この本の内容に期待しています。
期待して金曜日に注文しますので、読んだらまた感想を述べさせてください。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

耳障り?

「耳障りの良い」という表現、気になります。

間違っています。

Re:耳障り?(07/18)

なつめさん

>「耳障りの良い」という表現、気になります。

>間違っています。



こんにちは。

お恥ずかしい、確かに間違っていますね。

『耳障りな言葉』です。

ご指摘、ありがとうございました。

Re:耳障り?(07/18)

なつめさん

>「耳障りの良い」という表現、気になります。

>間違っています。



こんにちは。

お恥ずかしい、確かに間違っていますね。

『耳障りな言葉』です。

ご指摘、ありがとうございました。

Re:『お産の時間です』(07/18)

病院の外来におくために一冊買いました。中身は医者としてはまあ常識、だけど患者さんは意外に知らないかな、という程度の話です。

Re:『お産の時間です』(07/18)

管理人さん



>耳障りの良い言葉 ×

 耳触りの良い言葉 ○



だと思います。よくある変換ミスですよね。

私もちょくちょくやらかしてしまいます。

というよりも、私自身の少し前の投稿を見返したら、しっかり誤変換していました。

確認したつもりだったんですけど、うっかりしていました。



本題ですが、私もそういった言葉に対し、常々違和感を覚える一人です。

もちろん紹介されたこの本の内容についてではなく、

『自然なお産』という言葉についてのみの話ですけど。

まだ読んでいませんが。

著者の先生はわりと良識的な先生ですよね。

今度お会いしたら伝えておきます。

自然分娩はやめましょうよ~って(笑)。



でもじゃあ、経膣分娩をなんと表現するかというと、難しいところかな、ともおもいます。

Re[1]:『お産の時間です』(07/18)

山口(産婦人科)さん

>病院の外来におくために一冊買いました。中身は医者としてはまあ常識、だけど患者さんは意外に知らないかな、という程度の話です。

病院の外来にあると、読んで欲しい人の目に留まりやすいから良いですね。

私もまだまだ知らないことが多いので、読んでみます!

Re[1]:『お産の時間です』(07/18)

るんさん

>管理人さん



>>耳障りの良い言葉 ×

> 耳触りの良い言葉 ○



>だと思います。よくある変換ミスですよね。

---そうそう、前後からして“耳触りの良い言葉”が正しい。

母国語までもが苦手ですみません!



>本題ですが、私もそういった言葉に対し、常々違和感を覚える一人です。

>もちろん紹介されたこの本の内容についてではなく、

>『自然なお産』という言葉についてのみの話ですけど。

私は琴子を産むまでは、当たり前のようにして使っていましたので、自分も含めて、この言葉に惑わされないようにしなくちゃいかんのではと。

Re:まだ読んでいませんが。(07/18)

僻地の産科医さん

>著者の先生はわりと良識的な先生ですよね。

>今度お会いしたら伝えておきます。

>自然分娩はやめましょうよ~って(笑)。



>でもじゃあ、経膣分娩をなんと表現するかというと、難しいところかな、ともおもいます。

そうですよね、経膣分娩をどう表現するかですよね。

分かり易さも大事なんですよね…

他の、適した表現がみつかるのが先か、“自然分娩”という言葉の裏が伝わりきるのが先か…どちらにしても、私はあまりお役に立てないようです...(上記の通りの語学力ですから><;)
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。