--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-19

親の病

義父が癌かもしれないという。
定年退職してから、もう何年経つだろう。
それ以降も元気で、暇をもてあそんでいる。
義母と長期の旅行へも行ったりしていたし、相変わらず口は悪いし。
癌かもしれないと聞き、数日後、話を聞きに行った。
義父よりも義母の方が参っているかなっておもっていたのだけど、義父がかなり参っていた。
まだ癌と決ったわけではないけど、ついさっきまでは何の心配もなく生きているだけだったのに、まぁ、年齢から言えば、死を迎える日を意識しつつも、でもまだそれはもうちょっと先のことだろうとおもっていたのに、それが突然、現実的になってしまったようで、義父が落ち込んでいるのは明らかだった。

検査は7月末日。
あの落ち込みようでは、精神的に参って、違う病気になってしまうような気がする。
気位の高い義父は、
「気の小さい奴だったら、地獄のような日々だよなッ!」
って威勢良く言うのだけど、それは強がりとしかおもえず…
「寿命に逆らうつもりはない」
と言いながら、大好きなお酒をぱったりとやめてしまうし、なんだか痛々しい。

実は、私の実父は大腸癌。
実父は癌の疑いがある日々も、癌と告知を受けてからの日々も、検査や手術での制約がない限りは、お酒もタバコもやめない。
実母が少しは控えるように言っても、
「好きなことを我慢してまで長生きしたくない」
と言って、減らす気すら全くない。
治療は受けるけど、生活は見直さない…きっと患者としては悪い例。
でも、やっぱりストレスが溜まらないのも薬なのか、今のところ、新しく癌が発生(?)することがない。
義父に実父の話をしたら、
「そうなんだよな、俺も同じだよ」
と言って、その日より晩酌再開となったらしい。

琴子が死んだとき、葬儀のとき、納骨のとき…正直、義父には良い思い出がない。
『こういうことは闇から闇へ…』
と何度も言っていたり、琴子の納骨の日程を義母の遊び優先にして決めてきたり、今思い出しても凹ましてくれることをさんざん言ってくれた義父。
でも、だからといって、凹んでいる義父を見るのも嬉しくない。

義父のことから、旦那と話し合った。
私たち夫婦は、まだお互いの両親が健在で、これはとても有難いこと。
幼くして両親を亡くす、片親を亡くす方も多くいる中で、恵まれていたとおもう。
両親共に還暦を無事に過ぎ、もう数年も経つ。
長生きして欲しいけど、でも、それぞれがこれで十分だと心の底からおもえるのなら、私たちもそれを納得して、それぞれの生き方・死に方を尊重しましょうと。
そして、
「琴子に会ったら可愛がってあげてくださいね」
って、元気に生きているうちに伝えようかとも。
ちょっと残酷なようだけど、おじいちゃんとおばあちゃんなんだからって。
琴子も孫ですよって。
(…でも、今の義父には言えないから、このお願いはなかなか難しいかな。自分の両親には言えちゃうんだけどなぁ)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。