--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-21

「救急搬送人件費」と「新生児搬送車代」

暑いですね。
栃木の夏は、昼間は暑くても夕方には夕立(激しい雷が名物でした)がきて、夜は涼しく、朝もそれほど暑くなく…だったのに、今年は夕立が全くといっていいほどにこなくって、昨日の午後から激しい雨がきて、やっと“涼しい夜=栃木らしい”夜がきました。
この調子だと、朝晩の冷え込みで綺麗になるという紅葉には期待出来ませんね。
更には、お米もあまり美味しくなりそうもないです。

ある助産院で出産し、母子共に総合病院へ搬送された方から聞いたのですが、「救急搬送人件費」と「新生児搬送車代」が請求項目に含まれているそうです。
助産院の費用って、私はいまひとつ納得できないのですが(病院に支払う額に対して、高い!)、自分達に落ち度のある搬送でも、このように請求してくるようなんです。
勿論、そうではない助産院もあるとおもいます。
でも、この場でいっているのは問題のある助産院。
この方のお話は後日、詳細をこの場で伝えることが出来るとおもいますので、今はまだここまででなのですが、助産院でお産をし、途中で搬送となった場合、助産院と病院へとの二重の支払いになると解釈して構わないのでしょうか。(助産院で産む方は、この覚悟も必要ですね。助産院で満額とまでいかなくても、それ相当の額を要求されますし、更に病院での費用…結構な額になるとおもいますが)
ちなみに、H助産師は最初は半額を請求したので支払いまして、その後、別の助産師に
「母子共に無事ではなかったのだから、助産師として受け取ってはいけないのでは」
というようなことを言われ、書留で返金してきました。
このことを日本助産師会に聞いたら、
「お産をしたことには間違いないのだから、支払うことはおかしくない」
というように言われました。
私の中には専門的な知識などがないので、あまり正しい目安がないのかもしれないけど、本当に母子のために必死になってくれて、自分の名誉とかそういうものを捨ててまで助けてくれようとしていた方には支払いたいけど、『自然』とか、そういう曖昧な、正直、同でも良いことに執心で、母子の命よりも大事なお産を強要されてしまったような場合に、その結果、母子が揃う事が無くなってしまった場合には支払う必要はないとおもっています。
だから、H助産師に一度は支払ったけど、返金されたものを、お産をしたのだからとあらためて支払う気持ちにはならなかった。

お産は予期できないことが生じると、そういうことでの搬送に対しての「救急搬送人件費」と「新生児搬送車代」は理解出来ます。
小声でだけど…「どこがアットホームなんだ?」


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

驚きました

病院から他の病院へ搬送するときは、そんなお金はいただきません。

だって運ばなきゃうちでは面倒みれない患者さんだもの。

救急搬送することになってしまったのは、搬送元の責任でもあるわけです。

うちの人手が足りなくて(もしくは設備が不十分で)最後まで面倒みてあげられなくてごめんね。

そんな気持ちで患者さんに付き添って救急車に乗ります。



不思議だ。なんでそんなお金を請求するという発想になるのだろう。

搬送費用を請求するとは不可思議。

救急隊が請求するならともかく、搬送元が請求するのは不思議ですね。これまで他の病院へ救急搬送をしたことがありますが、飛行機を使って搬送したときに飛行機代だけはいただきました。

分娩費用に関しては、分娩を行った以上は支払う必要があると思われます。

一方で、琴母さんのケースでは、通常、病院で起こったこれまでの裁判事例を参考にすると、原告側の完全勝訴で、賠償金額では1億円が相場となっています。最近では助産院が被告となるケースもあり、億単位まではいきませんが、数千万単位の支払い命令がでています。

新生児搬送車代?

搬送の手段は何なのでしょう?気になるところです。



もし、消防署に通報した上で救急車による搬送を行ったのであれば、助産院が請求する筋のものではないはずですが・・・。



さらに、救急搬送人件費も救急隊に対するものであるなら、やはりおかしな話です。



話が明らかになってからでもいいので、厚生労働省と救急車使用の場合は総務省消防庁に問い合わせてみるほうがいいかもしれません。



ちなみに、産科医院でお産し、新生児搬送の経験がある知人に聞いた話では、「分娩料・部屋代」は請求されたけれど「新生児管理料」は請求されなかったとのことです。

言い値?なのか???

「人件費」って、誰かその助産院のスタッフが病院までついていったとか?「車代」って、救急車ではなくタクシーでも呼んだのでしょうか?ありえませんよね、そんな話。

救急車は税金でまかなわれているはずじゃないのでしょうか?

この場合、搬送以前の出産費用のみを支払うのなら納得いきますけど。

分娩費用請求はしょうがない

だいたい他の方が言っている通りかな。

分娩費用は、分娩自体が助産所で行われたのなら請求されて当然とも思います。

(“分娩中”に搬送されたなら、ケースバイケースかも)

病院から病院への搬送の場合、私の知っている範囲では、通常、分娩前に搬送となれば、前金が一部~全額返還されます。

搬送のための人件費などは請求されないと思います。(救急車にはスタッフが必ず1名付きます)



分娩自体を行った場合、結果の有無ではなく、分娩をしたという事実だけで、請求はあると思います。

でないと、病院へ行って診断され薬をもらっても病気が全快しなければお金は払いません、という論理になってしまいますよね。

その意味で、琴子の母さんが琴子さんのとき助産所から受けた対応は、単なるお詫びかもしくは「お金は取らないから文句言わないでね」という反応にも見えてしまいます。

Re:驚きました(08/21)

suzanさん

こんにちは。



>不思議だ。なんでそんなお金を請求するという発想になるのだろう。

私は『守銭奴』と頭に浮かぶばかりなのですが、でもこれが当たり前の請求なのか異常な請求なのか、私がその場で請求書を見て冷静に考えられるか、色々と疑問と不満を感じます。

Re:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

不思議ちゃんさん

こんにちは。

>救急隊が請求するならともかく、搬送元が請求するのは不思議ですね。これまで他の病院へ救急搬送をしたことがありますが、飛行機を使って搬送したときに飛行機代だけはいただきました。

---病院からの緊急搬送でも請求されないものを、ある助産院では請求しているということなんですね。

ちなみに、飛行機代っておいくらなんでしょうか…あまり頼らずに生きたいとはおもいますが、一応知っておきたいかなぁと。



>分娩費用に関しては、分娩を行った以上は支払う必要があると思われます。

支払う義務、頭では分かっているのですが、助産院という空間の中で、正常な判断の上での結果なのかどうか、これが私の何よりの疑問なんだとおもいます。

Re:新生児搬送車代?(08/21)

ひぃたんさん

>搬送の手段は何なのでしょう?気になるところです。

---異常が起こったのが母体、母体は救急車で、生まれた子は後から助産院の人がどうやら自分の車で連れてきたようで、そのときのを請求してきたそうです。

(後で修正あるかもしれません)



>もし、消防署に通報した上で救急車による搬送を行ったのであれば、助産院が請求する筋のものではないはずですが・・・。



>さらに、救急搬送人件費も救急隊に対するものであるなら、やはりおかしな話です。

---救急隊にではなく、助産師に支払うためのものだったそうです。



>話が明らかになってからでもいいので、厚生労働省と救急車使用の場合は総務省消防庁に問い合わせてみるほうがいいかもしれません。

---私も聞いてみたいとおもいます。

変な話ですね

以前助産院で働いていたことがあります。

分娩中母体搬送になった方からはそれまでどれだけの時間助産院にいらっしゃっても一銭も頂いていなかったようです。

分娩後の搬送は私のいた期間にそういう方がいらっしゃらなかったので分かりませんが。



病院で働いていたとき、赤ちゃんが自宅で産まれてしまって胎盤だけを病院で出した、という場合でも普通に分娩料の請求をしていて、1年目の私は何だかかわいそ~、と思いました。



今までのブログを読ませて頂いて琴子の母さんは一円も払う必要がなかったと思っています。



助産院での分娩費は、要はスタッフの拘束代だと思っています。正期産の方がいらっしゃると、ほんとに出かけられませんし、少ないスタッフではお産があれば出動で決まった休日がないので。

スタッフと医療体制を整えている病院での分娩費が安すぎると思います。

もちろん、出産した母としては現実の財布はありがたいですが、そのぶん子どもの代につけをまわしているだけだと申し訳ない気持ちになります。

Re:言い値?なのか???(08/21)

エドガーさん

こんにちは。



>「人件費」って、誰かその助産院のスタッフが病院までついていったとか?「車代」って、救急車ではなくタクシーでも呼んだのでしょうか?ありえませんよね、そんな話。

---ある意味、『非現実的な空間』である助産院を選ぶと、急に突きつけられる現実に対し、自分の選択を含めて反省とか、そういう気持ちばかりになって、正しいこともなにも分からなくなってしまうと思うんですよね。

Re:分娩費用請求はしょうがない(08/21)

桜井純一郎さん

こんにちは。



>分娩費用は、分娩自体が助産所で行われたのなら請求されて当然とも思います。

>(“分娩中”に搬送されたなら、ケースバイケースかも)

>病院から病院への搬送の場合、私の知っている範囲では、通常、分娩前に搬送となれば、前金が一部~全額返還されます。

>搬送のための人件費などは請求されないと思います。(救急車にはスタッフが必ず1名付きます)



>分娩自体を行った場合、結果の有無ではなく、分娩をしたという事実だけで、請求はあると思います。

>でないと、病院へ行って診断され薬をもらっても病気が全快しなければお金は払いません、という論理になってしまいますよね。

それが助産院であれ、お産をしたのだからお金を支払うべきというのは、頭の半分で納得しているんです。

だから、琴子のときにも支払いました。

ただ、後からH助産師の嘘とか、滅茶苦茶な対応を知れば知るほど、支払うべきことなのかと疑問に感じました。

気持ちが整理できない、言葉がきちんと流れてこないのですが、支払うべきだとおもう反面、助産院のような密室での行為、酷いところだと何でも“自己責任”

になるように洗脳していたり、それこそ、緊急搬送が助産師の判断ミスによる結果だということも有り得るとなると、なんだか納得できない気持ちもあるんです。

支払うべきだとおもうけど、助産師の過失っていうのも当然、問われるべきだと…

Re:変な話ですね(08/21)

潜在助産師さん

こんにちは。



>病院で働いていたとき、赤ちゃんが自宅で産まれてしまって胎盤だけを病院で出した、という場合でも普通に分娩料の請求をしていて、1年目の私は何だかかわいそ~、と思いました。

>---これ、知りたかったんです、そう、もし病院に行く途中で生まれた場合は、分娩費はどうなるのだろうかと。

タクシーとかで産んだ場合って、その後の掃除というか、やっぱり結局相当かかるのだろうと。

(これは興味本位のこととなるので控えてもいましたが)



>助産院での分娩費は、要はスタッフの拘束代だと思っています。正期産の方がいらっしゃると、ほんとに出かけられませんし、少ないスタッフではお産があれば出動で決まった休日がないので。

>スタッフと医療体制を整えている病院での分娩費が安すぎると思います。

>もちろん、出産した母としては現実の財布はありがたいですが、そのぶん子どもの代につけをまわしているだけだと申し訳ない気持ちになります。

そうですね、次世代へのつけになってしまうんですよね。

お財布にはかなり厳しいけど、今の医療・出産費用が対価として成り立っていないとなると、次世代を産むことすら出来なくなってしまうのですから、仕方の無いことなのですね。

マイケルムーア監督の『シッコ』という映画が気になっています。

しかし…スタッフを雇っている助産院と、完全に個人でやっている助産院とありますよね、更に、自宅分娩だと、自分の家のものも結構使いますよね、水だって布団だって。

布団の上に専用のシーツを敷くとか、色々とあることもわかるんだけど、素朴に疑問です、どうして自宅で産むのと病院で産むのと、さほど費用が変わらないのでしょうか。

出張費用がそれだけ大きいということなんでしょうか。

Re[1]:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

琴子の母さん

>不思議ちゃんさん

>こんにちは。

>>救急隊が請求するならともかく、搬送元が請求するのは不思議ですね。これまで他の病院へ救急搬送をしたことがありますが、飛行機を使って搬送したときに飛行機代だけはいただきました。

>---病院からの緊急搬送でも請求されないものを、ある助産院では請求しているということなんですね。

>ちなみに、飛行機代っておいくらなんでしょうか…あまり頼らずに生きたいとはおもいますが、一応知っておきたいかなぁと。





離島からNICUのある総合病院への搬送でした。おそらく往復2万円位だったと思います。救急車→飛行機→救急車と乗り継いでの母体搬送でした。30週そこそこで母体の血圧が高くなり危険な状態となったため、場合によっては未熟な赤ちゃんを出す必要があると考えての搬送でした。このときは、病院が搬送人件費をだしてくれました。患者さんへ請求するようなことはしていませんでした。病院としては純粋に搬送に付き添ってくれた医師へのお礼という形でした。このような病院は珍しいと思います。私が働いている職場では、搬送に医師が付き添うのはごく当たり前です。それまで患者さんをみてきた医師の責任感と、搬送中に患者さんの身に何かが起こったらと心配するからであり、搬送人件費が出せないなら付き添わないという医師はいません(たとえ自分に落ち度がない場合で搬送するとしても)。もちろん同じ時間帯にもっと重症の患者さんを抱えていてどうしても離れられない場合、搬送に付き添えないこともあります。その場合他の医師が付き添いますが、患者さんから搬送人件費をもらうようなことはしていません。

分娩費用に関して

桜井 純一郎さんのいうとおり、結果の如何に関わらず分娩を行ったという事実があるので請求はされると思います。ただし、行われた行為に対して納得がいかない場合、その行為が正当なものであったかどうかについて、裁判という公の場で追及することができます。

もちろん医療関係の裁判は裁判官、検察、弁護士に専門的な知識が要求されるので難しいといわれています。しかしながら、同業者の目からみてこれは明らかにおかしいだろうとというケースがあります。ひとつは大野病院事件、大淀病院事件で医師が訴えられている例です。逆の意味で同業者の目からみて明らかにおかしい医療行為の例として、以前、このブログで紹介された愛知県のY村医院があります。現代の医療レベル、医療の常識に反したことをした医師に対しては、同業者であっても厳しく非難されます。そこには医師と助産婦の区別はありません。琴母さんの場合の助産院は後者のケースであると思います。助産院から返金された金額はいくらだったのでしょうか?おそらく助産院にとっては、それが示談金ということだったのでしょう?それは納得できるものでしたか?

最善をつくしたにもかかわらず不幸な結果になることは、人間が生き物であり自然の一員である以上は避けられないことです。それは、いくら医学が発達しようとも起こることでしょう。それでも我々人間は愛する人間を失う悲しみを無くそうと努力してきました。そして、その時代に合った医療レベルというものを積み上げてきました。それは自然の流れに反することですが、その結果、少しは人間の悲しみを減らすことができているのだと思います。

琴子さんのケースは、助産院が最善を尽くしたにも関わらず避けられなかった結果だったのでしょうか?



Re[2]:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

不思議ちゃんさん

こんにちは。



>離島からNICUのある総合病院への搬送でした。おそらく往復2万円位だったと思います。救急車→飛行機→救急車と乗り継いでの母体搬送でした。

---正直な感想、「安ッ!」とおもいました。

離島からの距離などがわからないけど、普通に旅行として移動するとしても、この値段は離島からかけ離れているような気がします。



>その場合他の医師が付き添いますが、患者さんから搬送人件費をもらうようなことはしていません。

綺麗事を述べるつもりはなく、これは本心からなんですが、もし家族に救急搬送の必要が生じた場合、それが最善を尽くしている過程の中でしたら支払います、支払いたいです。

でも、この方の助産院のような場合、また、もしH助産師が琴子のときに救急搬送をしたとして、それが最善を尽くした結果とはおもえず…

Re:分娩費用に関して(08/21)

不思議ちゃんさん

>ただし、行われた行為に対して納得がいかない場合、その行為が正当なものであったかどうかについて、裁判という公の場で追及することができます。

---これは何度も言っていることなのですが、病院なら『それはミスだ!訴えろ』と言ってくれる人たちは多くいます。

でも、助産院だと“自己責任”で『自分でわざわざ助産院を選んだのに、訴えるの?』という顔色の人たちが多いです。

私は助産院で出産し、費用の面にしてもそれ以外にしても、納得いかないことはどんどん前に出していっていいっておもっています。

「自己責任なんかじゃないよ!」って。

その手段が裁判ならば、その道を選択するべきだし。

ただ、最近は不当な裁判も多くなっていると、先日の報道にもあった、患者から医師への暴力…こんなのは言語道断ですよね、こういう輩がいるから、物事が捻じ曲がってしまっていますよね。



Re:分娩費用に関して(08/21)

不思議ちゃんさん

続きです。



>助産院から返金された金額はいくらだったのでしょうか?おそらく助産院にとっては、それが示談金ということだったのでしょう?それは納得できるものでしたか?

最善は尽くされていないどころか、善意か悪意かを疑ってしまうくらいです。

当初は善意だったのでしょうけど、反省の色すら見せなかったのですから、途中からは悪意だったとしかおもえません。

返金された額は、私が支払った分娩費用の満額です。

健診のときに聞いていたのは「大体26万円あれば」だったんですね。

で、琴子の亡骸を抱きながら「いくら支払えば良いんですか?」と聞いたら、「じゃぁ半分で15万円」(26万円÷2=?!)と言われ、そのまま支払いました。

示談金というつもりだったのかどうだったのか、その真意の程は定かではないのですが、当時の栃木県の助産師会支部長から

「貰っちゃ駄目よ」

と電話で言われ、急いで返してきたっていうわけです。

支部長も、支部長として電話したというより、昔からの知り合いとして電話したという感じではないでしょうか。

あの電話がなければ、自ら返金してくることはなかっただろうとおもっています。

返金するべきか否か、意見は分かれるとおもいます。

確かに私はあそこで分娩したのだから、支払ってもおかしくはないのかもしれない。

ただ、真実を知った結果、返金どころか、よくも請求したもんだとおもいました。

しかしですね、これらを病院でのお産に置き換えた場合はどうだろうかと…

私の中でも難しく意見が分かれるのですが、ただ、H助産所への気持ちとしては、今のままで当時へ戻れば、私は支払いたくない。



文章力が低くて申し訳ないです;;

Re[3]:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

琴子の母さん

>不思議ちゃんさん

>こんにちは。



>>離島からNICUのある総合病院への搬送でした。おそらく往復2万円位だったと思います。救急車→飛行機→救急車と乗り継いでの母体搬送でした。

>---正直な感想、「安ッ!」とおもいました。

>離島からの距離などがわからないけど、普通に旅行として移動するとしても、この値段は離島からかけ離れているような気がします。



本土に住んでいる方には想像がつかないかも知れません。離島間の航空運賃なんて日常生活とは関係がないことですから当然です。興味があったら離島間の航空運賃を調べてみるといいですよ。

Re[4]:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

不思議ちゃんさん

実は過去に沖縄に住んでいましたので、それで「安ッ!」とおもえてしまいました。

ので早速、那覇から石垣島への設定で調べました。

設定の詳細は省き、2万3000円位から4万3000円位でした。

救急搬送といったら、これ以上を覚悟しちゃうけど、まさか往復2万円だなんて…

かなりお恥ずかしいことを聞いてしまうかもしれませんが、搬送元と受け入れ先が私営の病院でも、搬送は国営だからこの額ってことなのでしょうか。

Re[5]:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

 手許に診療報酬点数表がないのではっきりしないのですが…。



 保険診療では、患者さんの搬送にお付き合いして病院外で診療に従事した場合、救急搬送診療料というのを頂きます。今何点なのかわかりませんが、以前は650点で、3割自己負担ならお支払い1950円ということになりました。



 交通事故などでの1.5倍請求でも、1万円に届きません。



 請求しない病院もあるようですが、保険診療では請求することが義務づけられています。

Re[6]:搬送費用を請求するとは不可思議。(08/21)

rijinさん

こんにちは。



> 手許に診療報酬点数表がないのではっきりしないのですが…。

---情報、ありがとうございます。



> 保険診療では、患者さんの搬送にお付き合いして病院外で診療に従事した場合、救急搬送診療料というのを頂きます。今何点なのかわかりませんが、以前は650点で、3割自己負担ならお支払い1950円ということになりました。



> 交通事故などでの1.5倍請求でも、1万円に届きません。

診療・治療があれば、支払うべきだってことはつくづくおもいます(やっぱり医療費って安いんですね…救急と付く場合の支払額を知ると、余計にそうおもいました)。

でも、助産院からの搬送の場合は、もうそこでは助産師は何も出来ないんですよね、見守る、励ますしか。

その行為を軽くみるつもりはないけど、正直、疑問が生じます。

搬送料

搬送料について読ませてもらいました。琴母さんお久しぶりです。ご出産おめでとうございました。



診療所でお産中に患者様を搬送し、看護師・医師が救急車に同乗する場合は帰りはタクシーになりますよね。良心的な救急車(その後消防に戻るだけ)はたまに帰り道が同じだとのせて帰ってくれる時もあるけど。そのタクシー代とその搬送にかかった時給という感じでしょうか?

診療所で実際に請求されてるかどうかは知りませんが。

それから死産であっても、分娩費を請求するのは、自分の所に非がないということでしょう。

そこで請求しなければ自分の非を認める事になります。非を認めるとお金は請求しなかったのに裁判になる例もあるでしょうから。

Re:搬送料(08/21)

いち助産師さん

こんにちは。

>搬送料について読ませてもらいました。琴母さんお久しぶりです。ご出産おめでとうございました。

---ありがとうございます。



>診療所でお産中に患者様を搬送し、看護師・医師が救急車に同乗する場合は帰りはタクシーになりますよね。良心的な救急車(その後消防に戻るだけ)はたまに帰り道が同じだとのせて帰ってくれる時もあるけど。そのタクシー代とその搬送にかかった時給という感じでしょうか?

---病院から病院への搬送の場合は請求することはないようです(上記suzanさん、不思議チャンさん、桜井純一郎さんのコメントを読んで)。

助産院からだと、請求があるんですね。

タクシー代とその間の時給…なかなか腑に落ちません。
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。