--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-29

ホメオパシー、レメディの問題>K2シロップの件

K2シロップすら“薬は毒だ”ということで飲ませない助産院・助産師が増えているようです。
※K2シロップの説明
※註;K2シロップを投与していても、100%出血を防げるとはいえない


K2シロップを飲ませなかったことが原因で、お子さんが脳死状態になったというお母さんからご連絡がありました。
ご本人のご希望で、詳細は伏せさせて貰いますが、簡単にお話だけさせていただくという事をご快諾くださりました、有難うございます。

助産師からK2シロップの説明、未投与のリスクなどの説明もなく、
「これ(レメディを見せて)は、K2シロップの代わり。飲ませるね。大丈夫よ~」
と、出産後すぐのお母さんに考えたり、選択させる機会もないまま、当たり前のようにレメディを助産師に投与されたそうです。
あえてK2シロップを飲ませずに、“K2シロップというレメディ”を飲ませた結果、新生児脳内出血を起こし、ほぼ脳死状態となってしまったそうです。
母子手帳にはK2シロップのレメディを投与した日を、K2シロップ投与日としている為(K2シロップのレメディもシロップ同様に3回投与するらしく、また、投与のタイミングも同じだそうです)、健診等でも医師の方達は問題視されなかったそうです。

助産師が母子手帳に嘘の記述等、かなり問題を感じていますが、お母さんのお気持ちを最優先し、歩幅を合わせて話をしていけたらとおもっております。
本来でしたら、まだお気持ちがまとまらない中で、私が記事にするのは無理させるかなと控える気持ちもありましたが、今、今日、明日でも、助産院や自宅出産での出産はあるわけで、その中ではきっと、看板には書いていなくても、ホメオパシーが浸透し、K2シロップというレメディが生まれたばかりの赤ちゃんに与えられているかもしれないとおもうと、一刻を争うことではないかとおもい、お母さんにお願いし、記事にしました。
これから出産する方には、特に助産院や自宅出産を選択された方には必ず目にして欲しいとおもっています(かなり無理な願いですが…)。

助産院や自宅出産を請け負っている助産師の方、日本助産師会の方、助産院でのお産を推奨している方に伺いたいです。
この事実を聞いても、K2シロップは毒で、嘘の記述をしてでも、K2シロップというレメディを飲ませるべきなのでしょうか。

尚、この記事に関して、件のお母さんへの自己批判論はお控えください。
十分、苦しんでいらっしゃいます。
スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。