--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-31

妊娠を選挙の道具にしないでください

琴子は今日で6歳。
台風と共に6歳になりました。

さて、昨日の選挙の結果が扱われるばかりの一日ですが、小渕氏の『臨月ですけど』というような映像には腹がたつばかりです。
少子化対策の大臣だった方が、お腹の子の危険度を上げることばかりしているような気がして、
「ここまできたら無事に生まれるだけだから」
という意識しかないのかと、本当にいやになります。

大半の方が無事に終わっていますし、きっとこの方も無事に終わるのでしょう、でも、この程度の意識や知識で…野田聖子議員の応援のときなんて、耳を塞ぎたくなることばかり言っている。
臨月を勝負服にしたかのような姿には、琴子のことを抜きにしても嫌悪感ばかり。

女性の労働に妊娠と出産が足枷のようになるのは嫌だと言う方もいるのかもしれませんが、無事に産んでこそのこと。
妊娠や出産は道具ではない。
選挙の道具にしたとしかおもえない。
それこそ、途中に何かあったらどうだったのだろうか、搬送先がないという問題を初めて骨身に沁みて問題におもってくれるとでもいうのでしょうか。
それとも、どこでどんな無茶しても、政治家ならば受け入れはしてもらえるのかな?

いずれにしても、非常に不愉快な行為です。
妊娠や出産は、道具なんかじゃない。
スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。