--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-28

いつもお世話になっています産科医のharuさんのブログ
産婦人科医はがんばっている。
の7月16日の記事『甘くみすぎたお産』を読んで考えます。



助産院で出産予定の方が予定日を過ぎ、子宮口もなかなか開かないということで、それまで出産をする予定だった助産院が健診でもお世話になっていたharuさんのところへ産婦を再紹介、その一番の理由が「お産を甘く見ている」というようなことで…詳細はharuさんの記事を是非。

私が問題に感じたのは、予定日を過ぎてからの産婦をいきなり受けた助産院です。
奈良の助産院です。
41週の産婦をいきなり受ける助産院。
これを良しとするならば、昨今の社会問題、駆け込み出産にも貢献するべきです。
それまで健診にきちんと行っていたからというだけでも良しということでしょうか。

私が琴子を出産する前に、逆子だけど引き受けてくれる助産師がいると聞き、連絡したのは後期入ってからでした。
最初からみていてもらったら琴子は生きていた…とはちっともおもいません。
41週の方を、その前に世話になっていた助産院から病院へ行くように言われた産婦の方を受け入れる助産院に問題を感じています。

結果的にはお子さんは無事に後遺症もなくと、「良かったね」と言えることで終わっていますが、このままで良いとはおもえませんでした。

41週でお産を引き受けられる助産院て、まともなんでしょうか。
42週までは安心していて構わないのでしょうか…
以前に臨月過ぎて待っていたら、胎便を胎児ちゃんが食べてしまい、亡くなってしまったという天使ママと出会いました。
滅多にないことだとしても、奈良の助産院の受け入れがまともにはおもえないんです。
スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。