--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-27

書き込みが出来なくなってしまった方へ

以前に荒らし行為を受けて以来、徹底した態度を取らせていただいています。
それに対し、ご意見を頂いていますが、悪質な行為には徹底するのは当然のことです。
こちらでは個人名などは分かりませんが、どの方が書き込んでくださっているかは大体分かります。
100%ではないかもしれませんが、分かります。
もしも「どうしても間違っている」と仰る方は、フリーメールではないメルアドをください。
確認に必要とします。
個人情報を他に漏らすことは一切ありませんので、ご安心ください。

また、意見が違うというだけで削除しているわけではないのは、過去の皆さんからのコメント欄をご覧頂ければ、分かっていただけるはずです。
結果的に、安全性を第一に考えている方は堂々とされているから、多重人格を装ったりされないだけです。
偏って削除したり、書き込みが出来なくなっているわけではないのです。
ですから、『対立した意見だから』というだけで削除はしていません。
事実、削除されていない私への批判、反論も沢山残っていますし、いまだに書き込みが出来る方もいらっしゃるはずです(継続して書き込んでいらっしゃらないだけです)。

あと、今回個メッセージで『新聞の取材も採用されなかったと思います』と2度も寄越された方にとっては、もしかしたら新聞に扱われるのが最大の公平だとおもわれていらっしゃる、そのような価値観の方でしたら、そうおもわれるのかとおもうのですが、私は新聞・マスコミこそが偏っているのではないかとおもっていますので、私はそのときには話題の一つとして話しましたが、忘れていたくらいの話でした。
そんなわけで、気になさらないでくださいね。

「裁判が終わったのに~」と、これは私を批判する方からはよく言われます。
世の中、裁判を終えた後からこそ、活動されている方は多くいらっしゃいます。
医療問題に限らず、あらゆる被害者の会なるものは、裁判を終えた方が多く支えていらっしゃいます。
裁判も大きなことですが、事実以上のものではありません。
そもそも、助産院の安全性を問うことに対し、私が裁判を経験しているか否かは無関係ではないでしょうか。
問題提議に、条件が必要なのでしょうか。

墨東病院で奥様を亡くされた旦那様が『病院を訴えることはない』とされた件を引き合いにだされ、更に私をなじってくださいますが、問題があまりにも違い過ぎて、根本的なところから見直していただければと願うばかりです。
また、助産院の安全性を問い続けることがそんなにも可笑しなことだとするならば、同様に病院の問題、安全性を問う方たちにも同様の問題定義やご批判をされているのでしょうか。
私自身は病院の問題や安全性を問うことも大事だとおもっております。
医療の問題が時には話題に出ることもありますが、それを中心とした展開をすることを、このブログではしません。
お手数をお掛けしますが、再度当ブログのタイトルをご覧ください。

大変失礼な言い方かもしれませんが、本来ならお相手せずに済ませようとおもっておりました。
しかし、私への批判も含め、ご意見くださる方の名誉のためにも、悪質な方の書き込みは削除するという意見をしっかりと提示したいとおもったから表明した次第です。
次からはまたブログの本題に戻りますので、この件へのご意見はくださらない様、皆様にお願い申し上げます。


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。