--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-31

1リットルの涙



今日まで、毎回とはいかなかったけど、ドラマの再放送を見ていました。
見る度に沢山泣いてしまい、そして、とっても考えさせられるドラマでした。
主人公に自分を、主人公の母親に自分を、家族に自分を、恋人に自分を、友達に自分を…どの立場になって考えてみても、ただ涙が流れるばかり。
ドラマの中、『わたし、結婚できる?』という言葉にうちのめされた。
最終回、最後に亡くなってしまった娘へ綴った母親の言葉が流れた。
もう号泣。
ひたすら号泣。
天国での暮らしを想い、近くにいると信じて語りかけて、そして会いたいと、笑顔を見たいと願う気持ち。
私は娘の笑顔を見ることは一度もなかったけど、娘の笑顔を見たい、会いたい。
もっと抱っこしたかった。
ドラマを見ていた私の中で、自分の気持ちがどんどんと膨れて、ドラマの声と自分の内なる声が重なってしまって、辛さが増していくばかりだった。

凄いとおもう。
著者の木藤亜也さんは凄い人間だとおもう。
こんな凄い人がいる天国に、こんな凄い人と琴子も一緒にいるんだっておもうと、ただ悲しいだけでも寂しいだけでもなくなる。

『沢山の花に囲まれて眠りたい』-琴子もそう願っていたかな?
沢山の花を棺に入れてあげたけど、気に入ってくれたかな?
答えは聞こえてこないけど、近くにいるって信じている。


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。