--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-29

“医療法の改悪”って…

お産について考えるという名目で集うあるML。
今日は久々にちょっとした時間を得られたので、メールをチェックすることも出来たのだけど、ガックシな投稿を目にした。
こんなことなら、いちいちMLの投稿をチェックしなければ良かったとまでおもう。

関西のNHKで近日、『医療法の改悪で助産所が消えていく危機感を伝えてくれる内容』を放送するそうです。
この一文を目にして、もうびっくりです。
どこまでも助産院万歳。
嘱託医の問題などは、助産所が存続するためだけの問題ではないはずです。
そこで産む私達の命の問題でもあるのだから、やたらと“助産所だって頑張っていますよ!”なんて報道はやめて欲しい。
病院でのお産を『暴力的なお産』と安易にも表現する助産師(開業助産師ではないけど、開業助産師の手伝いをしたりしている方)がいたり、VBACを受けていたり、いまだにどうやら逆子も受けちゃったりしているところもあるようだし、いざとなったら会陰切開もするよ、吸引もするよって、私には医師免許もなければ看護師でもない、助産師でもないし、ただ同じ人間だとしか云えないのだけど、その同じ人間だからこそおもうのだけど、これだけの事態を書き連ねても、積極的に嘱託医になろうなんておもえないのは当然ではないだろうか。
勿論、私が感じるような稚拙なことだけではない、大きな意味や問題を含んでいることも知りつつも、単純に私だったら拒否します。
否定されているのに、なんで求められるのか。

過度な医療介入を望んでいるのではなく、また、医療事故により失われた命も知っている。
医療事故の報道は大声でするのに、助産院での事故は何故しない?
小声ですらしない。
助産所での危険なお産は“過度”ではないの?

そんなに助産所って素晴らしいの?




スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。