--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-28

国民行事からの離脱

前にも書いたけど、琴子を失って以来、“お正月”は楽しみではなくなったし、それに付随する事柄も億劫に感じるようになった。
唯一と言える楽しみは、伊達巻を食べること。
蒲鉾とかは年がら年中食べるのに、伊達巻だけは何故か忠実にお正月にしか食べない。

我が家では2003年のお正月までは、12月の“元旦に届くための受付期間”中に必ず年賀状を投函していた。
それも旦那の凝った版画で、1枚1枚丁寧に刷った年賀状。
2004年の分、2003年の暮れは喪中の挨拶を出した。
2005年、2006年と、版画を作成する旦那も気が失せているのか、力作とはいえない程度になっているし、それまでは全員分が版画だったのに、刷る枚数もすっかり減ったし、元旦に届くことを全く目指さなくなった。
今年(2007年用)は、版画を刷る案すら消え失せていた。
忙しいことも理由のうちにあるのだけど、なんか年賀状を作る、挨拶を一言書くと言うのが楽しみではなくなっていて、年賀状は買ってあるのだけど、昨晩のうちにパソコンでプリントまではしたのだけど、挨拶や宛名を書くことをしていないから、投函できない。
あと何日でお正月なんだ?
一応、両方の実家に挨拶には行くけど、2004年のお正月の寂しさを、きっとどこかで誰かが感じているとおもうと、勝手な想像であれど、お正月はなんとなく気がひける。
去年の出来事として、琴子が戸籍に載ったよ! と、年賀状に書いて皆に知らせたい気持ちはあるのだけど、うちでは年賀状には子供のことは書かないから、結局、琴子のことも書けない。
お世話になっている皆様には大変申し訳ないのだけど…

天国ではどんなお正月を迎えるのだろうか。
琴子がどんな年賀状を出すような子供になる予定だったのか、琴子が持っていたかもしれない未来を少しだけでも見たいな。


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。