--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-16

福祉ネットワーク『誕生死』

番組内で紹介されていた『誕生死』。
琴子を失ってからすぐにこの本に出会い、すぐに購入した。
ネットで購入したので、宅配業者が届けてくれて、その直後に読み始め、一気に読み終えた。
一人じゃないっておもえたのも、この本が自分の感じている悲しい、苦しい気持ちを代弁してくれていたから。
それも、実際に子供を亡くした親のそのままの言葉だったから、凄く泣けたけど、凄く凄く励まされた。
ただ、この本を読んだからって、すぐに立ち直れるわけではない。
それでも、この本が出版されていたことに感謝したし、私も愛読者カードに気持ちを綴って、投函した記憶がある。

番組を見るまでは、なんとなーく不安だった。
最近、誕生死を経験したこともないのに、『誕生死を乗り越えて前向きに生きよう!』なんていうような講演会を開いちゃっている人とかを知ったりしていたので、この番組が放映されると知ってからは、
「営利目的のものだったら嫌だなぁ」
と、警戒する気持ちもあった。
でもそうでもなかったので、ホッとした。

私は誕生死を迎えた人に対し、『前向きに生きろ』なんて言えない。
今の私が前向きかさえもわからないし、かなり後ろ向きな私だっている。
一生、家から一歩も外に出られなくなったとしても、それは仕方の無いことだとおもう。
今日の番組で紹介されていた二組の家庭は、誕生死のお子さんの後、新しい命を迎えている。
でも、胎盤剥離でお子さんと子宮を失った方もいる。
胎盤剥離だけでなく、向井亜紀さんのように、子宮とお子さんを失くしてしまう方もいる。
不妊治療で授かった命が、お腹の中で亡くなってしまい、その後も治療に励まれている方もいる。
妊娠するのが怖くなったと、子供を授からないようにしているご夫婦もいる。
子供を亡くした苦しみを一番身近に理解し、感じあえるからこそ、離婚してしまったご夫婦もいる。
そして、離婚してしまったけど、死んでしまったあの子の妹弟は元夫との間にしか生まれないのだと苦しんでいる方もいる。
誕生死で子供を失った後の妊娠、出産で、再びお子さんを亡くされる方もいる。
生まれたときから体の都合でお子さんを授かれない方もいる。
誕生死とはいえ、私の場合はお産の最中には子供が生きていたので、出産するときには不安や悲しみはないままに挑んでいた。
でも、今日紹介されていた方たちのように、お腹の中で亡くなってしまった子供を産むというお産は、ごめんなさい、こんな表現をしてしまうことを正しいのかはわからないけど、本当に地獄のようなお産なのではないでしょうか…だから、私は自分のお産を語るとき、自分とは違う誕生死を迎えられた方への気持ちを忘れないようにしている。
それがときには浅はかな気遣いとなってしまうこともあるのかもしれないけど、私の経験上、下手糞でも表現には気をつけている。
だからこそ、『誕生死を無駄にせず、前向きに生きていきましょう!』なんて言えない。
そう想える日がくることを祈る心もあるけど、それは本来、宗教家がなすべきことではないかとさえおもっている。
私が自分の話の中で前向きになれているようなことを話すことがあるとしても、その裏では後ろ向きでいまだに凹んだりしていることもある。

誕生死の存在が認められればそれはそれで嬉しい気持ちもあるけど、営利目的だけで扱う人の出現もおまけのようについてきてしまうようで、悔しい気持ちもある。
これはどこでもあることなのかもしれないけど、今日のように、実際に体験した方のお話をこれからも続けて欲しい。

多くの天使ちゃんたちは戸籍に載せられないけど、立派な命です。
私たちと同じ、人間です。



スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。