--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

違法助産行為

昨日からの報道でご存知の方も多いでしょう、横浜市の産婦人科病院への家宅捜査と、医師と助産師以外による助産行為。

私は琴子のことがあって、色々な出会いがあって、それらの中で、『違法助産行為』を知ることが出来た。
お産の方法がどうであれ、琴子が無事に生きていたら、なんの問題も生じずに過ぎていたら、何も知らないままだったのかもしれない。
そして、こういう報道があって、初めて知ったのかもしれない。

裁判が終った今でも、どうしてもよく分からない、いまだに納得できないのだけど、どうして助産院だと、カルテが書かれていないことがそんなに問題視されないのだろうか。
H助産師は大学ノートに、私達妊産婦の名前と電話番号を書いているだけだった。
日本助産師会に出向いた際にも、カルテがないということを言ったら、
「大学ノートに書いていれば、それで構わない」
とはっきりと言われた。
もしかしたら何かもう少し、メモを残していたのかもしれないけど、医学的な、専門的なことなんて、書いていなかった。
事実、助産師会の人が来るからということで、その前日に私に直接電話して聞いてきたくらいだったからね。
で、今回の家宅捜査では、当然、カルテも押収されているわけで、じゃぁH助産師がもし家宅捜査を受けるとした場合、カルテがないってことはどうなるんでしょう…と、常に疑問が残っている。
助産院だから?
でも、産婦人科病院で起こり得る危険な状況は、助産院でも起こり得ることで、正常分娩しか扱えないとしても、“産む場所”には変わりないのだから、病院とは違うけど、病院と同じくらいの位置にあるとおもっていた。
カルテがないということの異常性にもっと早く気が付くべきだったのだけど、母子手帳に行く度に記入していたことと、逆子であること以外は異常なしと言われていたので、更には『ここはきちんとしたところ』という、稚拙なまでの、安易な信頼を持ってしまっていたので、異常に対して、盲目になってしまっていた。
でも、結局助産師会は『カルテは形式にとらわれることはなく、大学ノートでも何でも構わない』と言ったのだから、異常ではないとなる。

産婦人科病院でも助産院でも、正しくあって欲しい。


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。